メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

格納容器

関連キーワード

  • 炉心溶融(2011年03月13日 朝刊)

    原子炉内の水位が下がり、炉心が水中から露出すると、燃料の温度が上昇し、燃料を入れた金属製の器(被覆管)が溶ける。冷却が不十分だと燃料の溶融から、さらに炉心の構造物の破壊と落下が起こる。ここに水があると、水と溶融物が接触し急激な爆発が起こる恐れがある。爆発で格納容器が破壊されれば、大量の放射性物質が環境に放出されることになる。

  • 原発収束に向けた工程表(2011年04月19日 朝刊)

    東京電力が17日に発表した。原子炉を安全な状態で停止するまでに、6〜9カ月かかるとの見方を示した。シナリオは2段階のステップを設定。原子炉と燃料プールの安定的な冷却状態を確立し、さらに放射性物質の放出を抑制することを基本に据えている。盛り込まれた対策は63項目。考えられるリスクも9項目を挙げた。2号機の格納容器の破損や4号機の燃料プールを支える建屋の強度不足といった現状認識も明記した。

  • 循環注水冷却(2011年06月28日 朝刊)

    タービン建屋などにたまった高濃度の放射能汚染水を浄化し、再び原子炉内に戻して炉心を冷やす仕組み。東電は当初、原子炉に備わる本来の冷却装置の復旧や、格納容器の冠水を試みたが、機器の損傷などで事実上断念。代わりに、5月に改訂した事故収束の工程表に盛り込み、「安定的な冷却」を目指す7月中旬までに開始するとした。来年1月までに達成するとした「冷温停止状態」にとっても欠かせない位置づけだ。

最新ニュース

福島2号機の堆積物分析へ(2017/2/21)

 東京電力は20日、メルトダウン(炉心溶融)事故を起こした福島第一原発2号機の原子炉格納容器に入ったロボットに付着した堆積(たいせき)物を回収し、専門機関で分析する方針を原子力規制委員会の検討会で示し[続きを読む]

格納容器をコトバンクで調べる

写真

  • 福島第一原発2号機の内部調査
  • 福島第一原発2号機の原子炉格納容器の内部調査で、カメラなどを遠隔操作する「仮設本部」=福島県大熊町、小玉重隆撮影
  • VR技術を使って福島第一原発の原子炉建屋内を立体的に映し出す=福島県楢葉町の楢葉遠隔技術開発センター
  • レール上で動けなくなった調査ロボット「サソリ」=国際廃炉研究開発機構提供
  • レール上で動けなくなった調査ロボット「サソリ」=国際廃炉研究開発機構提供
  • がれきが手つかずのまま残る1号機(左)と、核燃料の一部とみられる塊が映像で確認された2号機=6日、東京電力福島第一原発、日本記者クラブ取材団代表撮影
  • 福島第一原発2号機の格納容器内のレールにこびりついた堆積(たいせき)物を、高い水圧で吹き飛ばす掃除ロボット=東京電力提供
  • 福島第一原発2号機の格納容器内のレールにこびりついた堆積(たいせき)物を、高い水圧で吹き飛ばす掃除ロボット=東京電力提供
  • 調査ロボット。カメラと線量計、照明が一体になった計測ユニットを垂らして計測する=茨城県日立市
  • 福島第一原発1号機の格納容器内に投入される調査ロボット。カメラと線量計、照明が一体になった計測ユニットを垂らして計測する=茨城県日立市
  • 福島第一原発2号機の原子炉圧力容器直下の様子。作業用足場には溶けた核燃料とみられる黒い塊がこびりつく。足場の一部は落ち、約1メートル四方の穴が開いていた=東京電力が動画から切り出した画像をつなぎ合わせて提供
  • 福島第一原発2号機の原子炉圧力容器底部から直下の作業用の足場までの様子。東京電力が動画から切り出した画像をつなぎ合わせて提供した(画像にあった数字を消しています)
  • 福島第一原発2号機の内部調査
  • 福島第一原発2号機の原子炉圧力容器直下の様子。作業用足場には溶けた核燃料とみられる黒い塊がこびりつく。足場の一部は落ち、約1メートル四方の穴が開いていた=東京電力が動画から切り出した画像をつなぎ合わせて提供
  • 2月にも2号機に投入される調査ロボット「サソリ」。2台のカメラや線量計が搭載されている=2015年6月

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ジムも旅もスタイルが大事!

    「エアー」のバッグでモダンに

  • 【&TRAVEL】どっぷり本に浸る古書の旅

    インテリアに浮世絵はいかが?

  • 【&M】千野麻里子さん

    杜氏17年、毎年が1年生

  • 【&w】アカデミー賞、もうすぐ本番

    栄冠の行方は…候補を紹介

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZA児相が虐待を防せげない理由

    通告が急増、年10万件に

  • 写真

    ハフポスト日本版 あさま山荘から45年

    視聴率90%、日本中が息をのむ

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ