メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

桶川市

関連キーワード

  • ストーカー規制法(2014年08月05日 夕刊)

    1999年に埼玉県桶川市で女子大学生が殺された事件をきっかけに2000年、施行された。恋愛や好意の感情に絡んだ待ち伏せや面会要求、著しく乱暴な言動などを「つきまとい等」と規定し、繰り返したり、禁止命令に違反したりした場合に罰則がある。長崎県西海市で11年、ストーカー被害を訴えた女性の実家の母と祖母が男に刺殺された事件などを教訓に、13年に初の改正法が施行され、メールを繰り返し送る行為が新たに「つきまとい等」として禁止された。

  • 綾瀬川(2016年12月22日 夕刊)

    埼玉県桶川市を源流に上尾、さいたま、川口、草加、八潮市などを通り、東京都葛飾区で中川と合流する長さ47・6キロ。生活排水などで水質汚染が進み、水の汚れ具合を示す生物化学的酸素要求量(BOD)の数値が、国が管理している1級河川で1980年から15年連続で最下位となるなど「日本一汚れた川」とされた。下水道整備や清掃活動など官民挙げての取り組みで水質は大幅に改善。BODは2015年には観測開始以来最も低い1リットル当たり2・7ミリグラム(最悪だった71年は97ミリグラム)まで下がり、全国で下から12番目となった。

  • 桶川ストーカー事件(2017年09月16日 朝刊)

    1999年10月、埼玉県桶川市のJR桶川駅前で、女子大学生の猪野詩織さん(当時21)が男に刺殺された。元交際相手が交際を断られたことを逆恨みし、指示を受けたその兄らが犯行に及んだとされる。詩織さんは事件前、名誉毀損(きそん)容疑で上尾署に告訴していたが、後に同署が調書を改ざんするなどして事件を放置していたことが明らかになった。

最新ニュース

写真・図版

桶川で1歳男児衰弱死 市、異変に気づけず(2018/5/17)

◇保健師ら計4回訪問  桶川市で生後1歳1カ月の三男に満足な食事を与えずに衰弱死させたとして、ともに25歳の両親が逮捕された事件。三男が生まれて以降、家には計4回、市の保健師らが訪れていた。しかし三男…[続きを読む]

桶川市をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ