メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

森内俊之

  • 森内俊之(もりうち・としゆき)  1970年10月10日生まれ。横浜市出身。勝浦修九段門下。
     87年、プロ四段。小学生の頃からのライバル・羽生善治名人とは奨励会入会の同期。早くから頭角を現し、18歳の時に全日本プロトーナメントで初優勝。20代でも数々の棋戦優勝を果たしたが、タイトルにはなかなか手が届かなかった。96年にA級初参加で第54期名人戦の挑戦者になったが、当時七冠王の羽生名人に敗れた。
     2002年、第60期名人戦で丸山忠久名人を破って初の名人獲得。翌年、羽生に奪われたが、04年の第62期名人戦ですぐに奪還して三冠王になった。第65期まで名人4連覇を達成し、羽生より一足早く、十八世名人の永世称号資格を得た。森内―羽生の名人戦は、大山康晴―升田幸三戦と並ぶ最多タイの計9回を数え、「平成の名勝負」と呼ばれる。
     相手の攻めを跳ね返す受けは無類の強さを誇り、持ち時間の長い対局、特に2日制のタイトル戦を得意とする。名人・A級在籍は連続20期。これまでのタイトル獲得数は計12期(名人8期、竜王2期、棋王1期、王将1期)。

  • 公式プロフィール別ウインドウで開きます

関連キーワード

  • 順位戦と永世名人(2009年03月07日 朝刊)

    順位戦はA級、B級1組、B級2組、C級1組、C級2組の5クラスに分かれ、1年かけてリーグ戦で昇降級を競い、A級の優勝者が名人に挑戦する。約70年前に名人戦が始まってから、名人になったのは12人。通算5期獲得すると「永世名人」を名乗る資格を得る。これまで故木村義雄十四世名人は2度目に名人位を失った時に引退し、故大山康晴十五世名人はA級在位のまま死去した。00年に中原誠十六世名人(61)が初めて陥落して話題になったが、B級1組で2年指した後、順位戦に参加しないフリークラスに転出した。A級には現在、谷川九段のほかに、十八世名人の森内俊之九段(38)、十九世名人の羽生名人(38)がいる。

最新ニュース

写真・図版

(文化の扉)将棋、多様化する戦法 移ろう主流・ソフト進歩で定跡見直し(2017/9/17)

 スポーツと同じように、将棋にも様々な戦い方がある。現在の将棋は江戸時代には成立したと言われ、棋士たちの研究の積み重ねで戦法も多様化。最近は、プロをしのぐまでに強くなった将棋ソフトが、そのトレンドに影…[続きを読む]

森内俊之をコトバンクで調べる

写真

  • 主な戦法/棋士のタイプ<グラフィック・宮嶋章文>
  • 29連勝を祝う将棋盤のパネルを持つ藤井聡太四段=6月26日、東京都渋谷区の将棋会館、遠藤啓生撮影
  • 森内俊之九段に勝った藤井聡太四段
  • 森内俊之九段に勝った藤井聡太四段(日本将棋連盟提供)
  • 藤井聡太四段
  • 藤井聡太四段
  • 敗れた藤井聡太四段=東京都渋谷区
  • 藤井聡太四段
  • 本図
  • 本図
  • 佐藤天彦名人=6日、堀英治撮影
  • 佐藤康光会長(中央)、森内俊之九段(左から3人目)、清水市代女流六段(右から3人目)ら、新たに選任された日本将棋連盟の7人の常勤理事=東京都渋谷区
  • 本図
  • 本図
  • 敗れた佐藤天彦名人
  • 集まった将棋ファンに大盤解説会をする横山泰明六段(右)。左は聞き手の安食総子初段=1日午後2時21分、長崎県西海市、長沢幹城撮影
  • 森内俊之九段
  • 森内俊之九段
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ