メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

横浜市中区

関連キーワード

  • トライアスロン世界選手権シリーズ横浜大会(2009年08月03日 朝刊)

    22、23日に横浜市中区の山下公園前海域、新港埠頭(ふとう)などで開催。世界各国から男女約230人が出場予定。エリートの部(18歳以上)はスイム1500メートル、バイク40キロ、ラン10キロ。ユースの部(16〜19歳)はその半分の距離。同時開催の世界キッズトライアスロン大会は、キッズ1の部(6〜9歳)とキッズ2の部(10〜15歳)がある。キッズ2はスイム150メートル、バイク10キロ、ラン2キロ。

  • みなとみらい21地区(2014年01月29日 夕刊)

    横浜市中区と西区の横浜港に面した186ヘクタールの区域。三菱重工業の旧横浜造船所跡地、旧国鉄高島ヤードなどの112ヘクタールに、埋め立てた74ヘクタールを加えた。街区ごとにビジネスなどの利用目的が定められ、街づくりが進んでいる。横浜赤レンガ倉庫やカップヌードルミュージアムなどの観光施設も多い。横浜市の集計では、2012年には約6700万人が訪れ、前年より800万人増えた。

  • 横浜市の新庁舎建設計画(2015年06月24日 朝刊)

    中田宏・前市長時代に、横浜市中区本町6丁目の1万3500平方メートルの土地をUR都市機構から約168億円で購入。地上32階(高さ約160メートル)、地下2階のビルを建てる。低層階には市民が利用するスペースや広場に加えて、商業施設を入れて年間約2億円の賃料収入を確保。主に5〜8階に市議会、8階以上に市職員の執務スペースをつくる。延べ床面積は14万500平方メートル。行政機能のスペースは5万9500平方メートルで、現在、市が市庁舎と民間ビルを間借りしている広さとほぼ同じ。市議会が使うスペースは現在の2.4倍となる9千平方メートル。設計建設費約749億円の8割弱(約573億円)を借金でまかなう。

最新ニュース

帰ってきた!オスカル&アンドレ!横浜大世界「ベルばらの部屋リターンズ」12月16日より限定開催(2017/12/14)

テーマパーク型商業施設「横浜大世界」を運営する株式会社横浜大世界(本社:神奈川県横浜市中区)は、「横浜大世界」のアートリックミュージアム5Fフロアにて、人気コミック『ベルサイユのばら』とのコラボ企画展…[続きを読む]

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

注目コンテンツ

  • 写真

    やっぱりCDも聞きたい!

    BT対応の真空管ミニコンポ

  • 写真

    【&TRAVEL】“破格”の世界一周クルーズ

    JTBが実現〈PR〉

  • 写真

    【&M】恋に落ちる!炒飯

    麻布長江 香福筵

  • 写真

    【&w】家族それぞれの空間をつくる

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム最後の長編小説と思っている

    「今度生まれたら小説家に…」

  • 写真

    WEBRONZA沖縄深掘りサイト「OKIRON」

    TBS松原キャスターら立ち上げ

  • 写真

    アエラスタイルマガジンタイのおしゃれ過ぎるホテル

    セレブ一家の感性を形に

  • 写真

    T JAPANパレスホテル東京で楽しむ

    カクテルの新感覚マリアージュ

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ