メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

横浜市鶴見区

関連キーワード

  • 生麦事件(2014年05月03日 朝刊)

    1862年9月14日、薩摩藩の島津久光の一行が江戸からの帰路、東海道の生麦村(現・横浜市鶴見区)で馬に乗った英国人4人と遭遇。英国人が馬を下りずに行列を乱したのを無礼とし、藩士が刀で切りつけて1人が死亡、2人がけがをした。薩摩藩は賠償請求と藩士の引き渡しを拒み、薩英戦争に発展。敗北して近代化の必要性を痛感した同藩は攘夷(じょうい)論から開国論に転じ、これを機に開国、明治維新の流れができたと言われる。

  • 鶴見空襲(2011年08月08日 朝刊)

    1945年4月15日午後10時過ぎから16日午前1時過ぎにかけ、B29約200機が来襲。いまの横浜市鶴見区や神奈川区、川崎市などが被害を受けた。県や横浜市が当時の警察の記録からまとめた資料によると、約7万5千発の焼夷(しょうい)弾が投下され、972人が死亡。焼失家屋は5万2千戸に及んだ。川崎市では川崎空襲とも呼ばれる。

  • 広がる石綿被害(2015年06月30日 朝刊)

    耐火、断熱性に優れる石綿は高度経済成長期に幅広い産業で使われ、思いもよらない業種で被害が広がっている可能性がある。05年6月、兵庫県尼崎市のクボタ旧神崎工場周辺の住民被害が発覚した「クボタ・ショック」以降、環境省は石綿関連工場周辺で居住歴や職業歴がある人を対象にした無料検診を始めた。現在、尼崎市をはじめ、横浜市鶴見区、大阪市や大阪府泉南地域など全国9地域で実施。石綿との関連が不明でも石綿健康被害救済法で病状が認定されれば、患者に医療費のほか療養手当(月約10万円)が、遺族には弔慰金など約300万円が支払われる。

最新ニュース

写真・図版

神奈川)外国人の口座、犯罪のツールに 県警が啓発活動(2018/5/24)

 外国人名義とみられる銀行口座が、特殊詐欺のツールとして使われる例が増えている。技能実習生や留学生が犯罪とは知らぬまま、小遣い稼ぎ感覚で転売したものが使われることも多いという。県警は、日本語学校などに…[続きを読む]

写真

  • 口座や携帯電話の不正売買について説明する県警の担当者=横浜市鶴見区
  • イチゴ狩りを東電の火力発電所で楽しめる=横浜市鶴見区
  • 横浜ノースドックの正面ゲート前で抗議活動をする市民ら=横浜市神奈川区
  • 横浜港から横田基地に向かうオスプレイ。後方はみなとみらい地区=2018年4月5日午前11時6分、横浜市、朝日新聞社ヘリから、仙波理撮影
  • 鈴木浩章容疑者宅の捜索に向かう警視庁の捜査員ら=17日午後3時46分、横浜市鶴見区上の宮1丁目、金山隆之介撮影
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ