メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 横浜市ガイドボランティア事業(2008年11月24日 朝刊)

    外出意欲のある障害者が外出をあきらめることがないよう、第三者が障害者の外出に付き添った場合、1回4時間以内につき1450円(全身性障害は1900円)を「奨励金」として市が付き添い者に支払う制度。91年に市が独自に創設した。

  • 横浜市の新庁舎建設計画(2015年06月24日 朝刊)

    中田宏・前市長時代に、横浜市中区本町6丁目の1万3500平方メートルの土地をUR都市機構から約168億円で購入。地上32階(高さ約160メートル)、地下2階のビルを建てる。低層階には市民が利用するスペースや広場に加えて、商業施設を入れて年間約2億円の賃料収入を確保。主に5〜8階に市議会、8階以上に市職員の執務スペースをつくる。延べ床面積は14万500平方メートル。行政機能のスペースは5万9500平方メートルで、現在、市が市庁舎と民間ビルを間借りしている広さとほぼ同じ。市議会が使うスペースは現在の2.4倍となる9千平方メートル。設計建設費約749億円の8割弱(約573億円)を借金でまかなう。

  • 横浜市立奈良中学校柔道部の事故(2009年11月13日 朝刊)

    04年12月24日、当時3年生の男性が顧問の男性教諭との乱取り中に倒れ、急性硬膜下血腫や脳挫傷と診断された。同市教育委員会は「けがの原因は不明」としたが、県警は07年7月、教諭を傷害容疑で書類送検した。横浜地検は今年10月、「原因は教諭の投げ技だが、予測できないけがだった」として不起訴処分としたため、男性らは横浜第一検察審査会に審査を申し立てた。また、同市や教諭に対し、計約1億8600万円を求める訴訟を横浜地裁に起こしている。

最新ニュース

東芝が水力発電機器のデータ捏造 週刊新潮の報道で発覚(2017/1/23)

 東芝は23日、水力発電所の水流を調整する機器を工場から大手電力会社に出荷する際の検査で、データの捏造(ねつぞう)があったことを明らかにした。東芝は「検査担当者の意識の問題だった」と説明し、組織的な関[続きを読む]

横浜市をコトバンクで調べる

写真

  • 横浜FCの練習に合流した三浦
  • 公共施設のこれからについて議論された=青梅市役所
  • 生徒たちに美しいおじぎの仕方を見せる出場者たち=日野中央高等特別支援学校
  • 旧街道、歩いて学んで<グラフィック・戸田靖人>
  • 会場を埋めた約1800人のサポーターらを前に、J1昇格を誓った松本山雅の選手やスタッフたち=松本市深志3丁目
  • 見ごろになったロウバイの花=松田町寄
  • ノーマルシール=新横浜ラーメン博物館提供

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】3種類の表現を手軽に

    アート効果が選べる交換レンズ

  • 【&TRAVEL】サンゴの海が育んだ美人の泥

    世界美食紀行

  • 【&M】世界の名車、モントリオール

    小川フミオのモーターカー

  • 【&w】都会暮らし、猫の餌の工夫

    猫と暮らすインテリア

  • ブック・アサヒ・コム首相の真珠湾訪問を読み解く

    戦争を問い続ける出発点に

  • WEBRONZA地元就職率10%アップの重圧

    文科省の数値目標に悩む地方大

  • 写真

    ハフポスト日本版 異世界へと吸い込まれそう

    世界の巨大な穴10選

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ