メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

武蔵野市

関連キーワード

  • ハモニカ横丁(2008年08月21日 朝刊)

    武蔵野市の吉祥寺駅北口で終戦直後の闇市から続く商店街。約3300平方メートルに居酒屋や輸入雑貨店、占い店など約100軒が並ぶ。店の間口が狭く、ハモニカの吹き口に似ていることから名付けられたという。再開発を求める声はあるが具体化していない。

  • 逓信省電気試験所神代分室(2009年04月12日 朝刊)

    1941年4月、電子管の研究を目的に旧逓信省電気試験所第四部の一部を五反田から旧神代村入間(現調布市入間町1丁目)に移転して開設。敗戦直前の45年7月、研究機材の確保と戦時研究続行のため山形県北村郡東根町(現東根市)に疎開した後、戦後の46年1月に復帰した。50年、本体の電気通信研究所が武蔵野市に移転したのに伴って、分散していた分室が武蔵野の電気通信研究所(現NTT武蔵野研究開発センタ)に集約されることになり、神代分室もその使命を終えた。翌年、同研究所に移転。

  • 東京・千代田区のクレーン事故(2010年10月19日 夕刊)

    2009年4月14日午前11時すぎ、東京都千代田区麹町4丁目のマンション新築工事現場で、ケーシングと呼ばれる筒状の鉄製資材(重さ10・5トン)をつり上げ作業中のクレーンが横転し、アームが工事現場を囲う塀をなぎ倒した。歩道を歩いていた東京都武蔵野市の会社員山本槇子(まきこ)さん(当時62)が塀の直撃を受けて死亡、前の道路をトラックで走行中の男性ら4人が足を骨折するなどしたほか、クレーンの運転作業員もけがをした。

最新ニュース

写真・図版

東京)動物の赤ちゃん続々 井の頭自然文化園(2018/6/21)

 井の頭自然文化園(東京都武蔵野市)で、オオハクチョウとヤクシカの赤ちゃんが相次ぎ誕生した。母親といっしょに愛らしい姿で泳いだり、歩いたり。文化園は「赤ちゃんの成長は早いので、ぜひ早めの来園を」と呼び…[続きを読む]

武蔵野市をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ