メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

歴史学者

関連キーワード

  • 沖縄ノート訴訟(2008年10月29日 朝刊)

    著書「沖縄ノート」のなかで、大江さんは、座間味、渡嘉敷両島の集団自決で「日本軍の命令」があったと記し、当時の戦隊長2人について匿名で「生き延びて本土にかえりわれわれのあいだに埋没している、この事件の責任者はいまなお、沖縄にむけてなにひとつあがなっていない」などと記述した。元戦隊長側はこれらが名誉棄損にあたるとして05年8月、大江さんと出版元の岩波書店(東京)に出版差し止めや慰謝料支払いなどを求めて提訴。また、梅沢さんが「自決せよ」と命じたと実名で書いた歴史学者の故・家永三郎さんの同社出版物「太平洋戦争」(68年)も対象とした。提訴の経緯について、赤松さんは訴訟の中で「兄の同期の元軍人から勧められた」と説明した。昨年11月の一審の本人尋問では大江さんも法廷に立ち、約2時間にわたって質問に答えた。集団自決は「皇民化教育」を受けた当時の沖縄の人々が捕虜になる「辱め」を許されない中で、軍と住民の「タテの構造」において強いられた——と訴え、「沖縄ノート」を「訂正する必要を認めない」と述べた。

  • 英国のイラク戦争調査(2010年01月30日 朝刊)

    イラク戦争の正当性や占領政策に疑問をもつ世論や野党のつきあげで、ブラウン首相が昨年7月、歴史学者や元外交官ら5人から成る独立調査委員会を設けた。チルコット委員長は元官僚。政府の機密書類を精査し、11月から政治家、外交官、軍幹部、情報機関トップら69人を公開で喚問してきた。

  • マチュピチュ遺跡(2012年08月16日 夕刊)

    15世紀中ごろ、インカ帝国時代につくられた離宮跡とされる。1911年にアメリカの歴史学者ハイラム・ビンガムが発見。奥深い密林の中にあるため植物も多様性に富み、83年に世界遺産(自然、文化の複合遺産)に登録された。

最新ニュース

写真・図版

「異質の存在」評価は二分(追跡 大塩平八郎:3)(2017/11/22)

 大坂東町奉行所の元与力の陽明学者が、幕政を批判して蜂起した幕末の「大塩平八郎の乱」。大塩が「義人」だったかどうかは、研究者だけでなく文学者の間でも見方が割れている。 1910(明治43)年に出た幸田…[続きを読む]

写真

  • 大塩平八郎は「檄文」で幕府の役人や豪商を批判した=大阪市北区、大塩家の菩提寺・成正寺所蔵
  • 明治150年記念シンポジウムで基調講演をする渡辺利夫・拓殖大学学事顧問(中央)=10月29日、東京都千代田区、角野貴之撮影
  • 仲田正之さん。著書の「実伝 江川太郎左衛門」には大塩平八郎が登場する=静岡県伊豆の国市
  • 明治150年のあゆみ
  • 「忍び足」 絵・皆川明
  • 荒井信一さん
  • 「私のおすすめ」を語る千玄室さんら=京都市左京区
  • 大貫俊夫・岡山大准教授
  • 銭湯をこよなく愛する毒蝮三太夫さんのサイン=東京都品川区
  • 銭湯をこよなく愛する毒蝮三太夫さんのサイン=東京都品川区
  • 小熊英二さん=迫和義撮影
  • 今回の論文で取り上げられたバイキングの墓の内部イラスト=Evald Hansen/The Swedish History Museum via The New York Times/(C)2017 The New York Times。左側に2頭の馬が殉葬されており、遺骨の周りには剣やおのなどが置かれている。この遺骨が女性であり、位の高い戦士と見られることが2017年9月に専門誌で発表されると、バイキングの社会で女性が果たした役割をめぐる論争が再燃した
  • 拘留を終えたエイモス・イーさん(右)。当面は米国シカゴ郊外に暮らす予定だ=AP
  • 「コダマ」 絵・皆川明
  • 『観応の擾乱』
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】スマホと一眼のいいとこ取り

    人気の1インチデジカメ

  • 写真

    【&TRAVEL】快適な機内、驚きの静けさ

    ゆとりある空旅へ〈PR〉

  • 写真

    【&M】ライフスタイルカーとして

    新しい考えのプジョー<PR>

  • 写真

    【&w】忌野家の、UNO特別ルール

    よなよなハンコ

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「核戦争に勝者はない」

    核抑止論という神話にお別れ

  • 写真

    WEBRONZAイノベーションの勧め

    とにかく動く人になろう

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界で2番目に高いホテル

    地上555mの超高層に泊まる

  • 写真

    T JAPANマッキー牧元が注目する

    東東京の美味な店<後編>

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    一体どうして?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ