メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

残業代ゼロ

関連キーワード

  • 残業代ゼロ(2014年06月19日 朝刊)

    働いた時間と関係なく、成果に賃金を支払う新制度は、4月の産業競争力会議で、民間議員の長谷川閑史・経済同友会代表幹事が提案した。残業が減り、効率的な働き方ができるとの主張だ。「残業代ゼロ」で長時間労働を強いられるとの懸念から、労働組合などが反発。厚生労働省も当初は慎重な姿勢だったが、政府内で調整した結果、対象者を「少なくとも年収1千万円以上」の高年収者に限ることが決まった。管理職も含め給与所得者の3・8%が対象となるが、いったん制度が始まれば対象が広がる恐れがあると、労組や野党などは引き続き反対している。

最新ニュース

「ガラス細工」の働き方法案、国会提出 野党は徹底抗戦(2018/4/6)

 安倍政権が今国会の最重要法案としている働き方改革関連法案が6日、国会に提出された。柱の一つが、政権や経済界が求め続けてきた労働時間規制の緩和だ。かつての「ホワイトカラー・エグゼンプション」を衣替えし…[続きを読む]

写真

  • 参院本会議で新年度予算が可決、成立し、議場に向かって頭を下げる安倍晋三首相(右端)ら=28日午後7時11分、岩下毅撮影
  • 参院本会議で新年度予算が可決、成立し、議場に向かって頭を下げる安倍晋三首相(右端)ら=28日午後7時11分、岩下毅撮影
  • 辞意を伝えた後、報道陣の取材に答える佐川宣寿氏=9日、東京・霞が関
  • 緒方桂子・南山大教授
  • 緒方桂子・南山大法学部教授
  • 参院予算委で答弁する安倍晋三首相=1日午後
  • 厚労省が調べたデータに相次いで問題点が発覚している
  • 労働時間の規制緩和が焦点に
  • 「四つの論点」主なやりとり
  • 第2次安倍政権発足後の通常国会は…
  • 過労自殺で夫を亡くした前川珠子さん=仙台市青葉区
  • 政権を待ち受ける今後の政治課題
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ