メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

福島第一汚染水漏れ

関連キーワード

  • 汚染水流出問題(2013年08月01日 朝刊)

    原子炉冷却のため注入された水が汚染されて建屋へ漏れ出し、事故直後には海へ流出した。地下坑道にもたまっている。今年5月以降、海側の井戸の地下水から高濃度の放射能を検出。東電は7月19日に汚染水が海へ流出していると判断したのに22日まで公表せず、批判されている。

  • 放射能汚染水(2011年04月06日 夕刊)

    福島第一原発では2号機のタービン建屋地下や外の坑道に高濃度の放射能汚染水がたまっている。移す場所を確保するため、もともとあった汚染度の低い水を海へ放流している。東電は「低レベル」と呼んでいるが、あくまで相対的な汚染度の違いで、基準が法で定められているわけではない。原子炉等規制法が定める海水での濃度の基準に比べると100倍程度の濃度で、この水1万トンに含まれる放射能の量は、高濃度汚染水10リットル程度に含まれる量と同じ水準になる計算だ。

  • 高濃度汚染水の流出(2011年04月23日 朝刊)

    福島第一原発2号機のタービン建屋地下や坑道にたまった放射能汚染水が、取水口付近のコンクリートの亀裂から漏れ出しているのが2日に見つかった。6日に止水するまで520トンが流出し、4700兆ベクレルの放射能が含まれていたと東京電力は推定している。国の基準で定められた年間放出量の約2万倍にあたる。この高濃度汚染水の収容先を確保するため、東電は4〜10日にかけ、敷地内の比較的濃度の低い汚染水1万393トンを意図的に海に放出した。放射能の量は1500億ベクレルと見積もられた。

最新ニュース

サブドレンの仕組み

TOPICS/浄化地下水の放出容認 福島第一原発、地元漁協が方針(2015/07/28)

■Fukushima fishermen OK TEPCO plan to release decontaminated water into sea:SOMA, Fukushima Prefectu[続きを読む]

汚染水をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • サブドレンの仕組み
  • サブドレンの仕組み
  • 「サブドレン計画」について意見集約をする理事会であいさつする佐藤弘行・相双漁協組合長(奥)=相馬市
  • サブドレンの仕組み
  • 賛否が割れる課題と安倍政権の対応
  • 賛否が割れる課題と安倍政権の対応
  • 開発したコンクリートブロックを持つ荒川剛教授=飯塚市
  • 【1970年5月】チッソ本社前で抗議する水俣病患者と家族の代表者たち=東京都千代田区
  • 穴があいたホースを確認する県廃炉安全監視協議会のメンバーら=代表撮影
  • 高橋ヨシキさん

注目コンテンツ