メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

福島第一汚染水漏れ

関連キーワード

  • 汚染水流出問題(2013年08月01日 朝刊)

    原子炉冷却のため注入された水が汚染されて建屋へ漏れ出し、事故直後には海へ流出した。地下坑道にもたまっている。今年5月以降、海側の井戸の地下水から高濃度の放射能を検出。東電は7月19日に汚染水が海へ流出していると判断したのに22日まで公表せず、批判されている。

  • 放射能汚染水(2011年04月06日 夕刊)

    福島第一原発では2号機のタービン建屋地下や外の坑道に高濃度の放射能汚染水がたまっている。移す場所を確保するため、もともとあった汚染度の低い水を海へ放流している。東電は「低レベル」と呼んでいるが、あくまで相対的な汚染度の違いで、基準が法で定められているわけではない。原子炉等規制法が定める海水での濃度の基準に比べると100倍程度の濃度で、この水1万トンに含まれる放射能の量は、高濃度汚染水10リットル程度に含まれる量と同じ水準になる計算だ。

  • 高濃度汚染水の流出(2011年04月23日 朝刊)

    福島第一原発2号機のタービン建屋地下や坑道にたまった放射能汚染水が、取水口付近のコンクリートの亀裂から漏れ出しているのが2日に見つかった。6日に止水するまで520トンが流出し、4700兆ベクレルの放射能が含まれていたと東京電力は推定している。国の基準で定められた年間放出量の約2万倍にあたる。この高濃度汚染水の収容先を確保するため、東電は4〜10日にかけ、敷地内の比較的濃度の低い汚染水1万393トンを意図的に海に放出した。放射能の量は1500億ベクレルと見積もられた。

最新ニュース

東電「情報公開の精神、浸透せず」 汚染水漏れ公表遅れ(2015/03/30)

 東京電力福島第一原発の排水路から港湾外の海に汚染水が流れ、公表が遅れた問題で、東電は30日、「情報公開の精神が組織全体に浸透していない」とする外部有識者の検証報告書を公表した。公表する意識が現場に薄[続きを読む]

汚染水をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 福島第一原発をめぐる主な廃炉・汚染水対策の現状
  • 主な汚染水対策の今後の見通し
  • 「RCF復興支援チーム」の藤沢烈代表
  • 小泉純一郎元首相
  • 東京電力福島第一原発内のタンク群=2月24日、仙波理撮影

注目コンテンツ

  • ショッピング和風は2段、洋風は3段?

    雪だるまとスノーマンの違い

  • ブック・アサヒ・コム短編集「突然ノックの音が」

    中東発約40カ国で翻訳

  • 【&M】人生を捧げた作品

    私の一枚 寺島しのぶさん

  • 【&w】オーガニックコットンのみ

    パタゴニア製品をプレゼント

  • Astandピケティをどう読むか

    水野和夫さん講座にご招待!

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代の映画スターは今

    色あせない銀幕の美女たち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ