メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福島第一汚染水漏れ

関連キーワード

  • 汚染水流出問題(2013年08月01日 朝刊)

    原子炉冷却のため注入された水が汚染されて建屋へ漏れ出し、事故直後には海へ流出した。地下坑道にもたまっている。今年5月以降、海側の井戸の地下水から高濃度の放射能を検出。東電は7月19日に汚染水が海へ流出していると判断したのに22日まで公表せず、批判されている。

  • 放射能汚染水(2011年04月06日 夕刊)

    福島第一原発では2号機のタービン建屋地下や外の坑道に高濃度の放射能汚染水がたまっている。移す場所を確保するため、もともとあった汚染度の低い水を海へ放流している。東電は「低レベル」と呼んでいるが、あくまで相対的な汚染度の違いで、基準が法で定められているわけではない。原子炉等規制法が定める海水での濃度の基準に比べると100倍程度の濃度で、この水1万トンに含まれる放射能の量は、高濃度汚染水10リットル程度に含まれる量と同じ水準になる計算だ。

  • 高濃度汚染水の流出(2011年04月23日 朝刊)

    福島第一原発2号機のタービン建屋地下や坑道にたまった放射能汚染水が、取水口付近のコンクリートの亀裂から漏れ出しているのが2日に見つかった。6日に止水するまで520トンが流出し、4700兆ベクレルの放射能が含まれていたと東京電力は推定している。国の基準で定められた年間放出量の約2万倍にあたる。この高濃度汚染水の収容先を確保するため、東電は4〜10日にかけ、敷地内の比較的濃度の低い汚染水1万393トンを意図的に海に放出した。放射能の量は1500億ベクレルと見積もられた。

最新ニュース

宮城県のホヤの水揚げ量

(ニュースQ3)震災被害から復活のホヤ、なぜ大量処分?(2016/08/17)

 三陸の夏の味覚として知られるホヤが宮城県で大量に処分されている。東日本大震災で壊滅的な被害を受けたが、今夏は復活を見込んでいた。何があったのか。 ■漁協「海汚れる」 全国有数の産地、宮城県石巻市の漁[続きを読む]

汚染水をコトバンクで調べる

写真

  • 宮城県のホヤの水揚げ量
  • 田城明氏
  • 汚染水タンクを視察する泉田裕彦知事(中央)ら=東京電力福島第一原発、県提供
  • 防護服姿で廃炉作業を見つめる開沼さん=「福島第一原発廃炉図鑑」より、石井健さん撮影、太田出版提供
  • 桃浦会社の社屋・加工場
  • 自民党のポスター

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】癒やしの猫もぐらたたき

    保護猫カフェで猫助け

  • 【&TRAVEL】町家に暮らし、町家に帰る

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】標高8千メートルのお茶会

    三浦雄一郎さんの別腹

  • 【&w】オサムグッズ40周年

    原田治さん展覧会

  • ブック・アサヒ・コム水無田気流が相談に回答

    「長男に彼女ができた…」

  • WEBRONZA香取慎吾、勤労少年の悲しさ

    ミニカーで遊ぶ頃から働く人生

  • 写真

    ハフポスト日本版 橋本マナミ画像集

    人々を虜にするその魅力

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ