メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福島第一汚染水漏れ

関連キーワード

  • 汚染水流出問題(2013年08月01日 朝刊)

    原子炉冷却のため注入された水が汚染されて建屋へ漏れ出し、事故直後には海へ流出した。地下坑道にもたまっている。今年5月以降、海側の井戸の地下水から高濃度の放射能を検出。東電は7月19日に汚染水が海へ流出していると判断したのに22日まで公表せず、批判されている。

  • 放射能汚染水(2011年04月06日 夕刊)

    福島第一原発では2号機のタービン建屋地下や外の坑道に高濃度の放射能汚染水がたまっている。移す場所を確保するため、もともとあった汚染度の低い水を海へ放流している。東電は「低レベル」と呼んでいるが、あくまで相対的な汚染度の違いで、基準が法で定められているわけではない。原子炉等規制法が定める海水での濃度の基準に比べると100倍程度の濃度で、この水1万トンに含まれる放射能の量は、高濃度汚染水10リットル程度に含まれる量と同じ水準になる計算だ。

  • 高濃度汚染水の流出(2011年04月23日 朝刊)

    福島第一原発2号機のタービン建屋地下や坑道にたまった放射能汚染水が、取水口付近のコンクリートの亀裂から漏れ出しているのが2日に見つかった。6日に止水するまで520トンが流出し、4700兆ベクレルの放射能が含まれていたと東京電力は推定している。国の基準で定められた年間放出量の約2万倍にあたる。この高濃度汚染水の収容先を確保するため、東電は4〜10日にかけ、敷地内の比較的濃度の低い汚染水1万393トンを意図的に海に放出した。放射能の量は1500億ベクレルと見積もられた。

最新ニュース

(天声人語)消えた「石棺」の文字(2016/07/23)

 その巨大な建造物は「石棺(せっかん)」と呼ばれるようになった。30年前に事故を起こしたチェルノブイリ原発4号炉をコンクリートが覆う。燃料を取り出すことができずに封じ込めを図った。その言葉を、こんな形[続きを読む]

汚染水をコトバンクで調べる

写真

  • 汚染水タンクを視察する泉田裕彦知事(中央)ら=東京電力福島第一原発、県提供
  • 防護服姿で廃炉作業を見つめる開沼さん=「福島第一原発廃炉図鑑」より、石井健さん撮影、太田出版提供
  • 桃浦会社の社屋・加工場
  • 自民党のポスター

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】夏の水分補給にピッタリ

    持ち歩きたくなる携帯用ボトル

  • 【&TRAVEL】シンガポールでの格安旅

    週末シンガポール、マレーシア

  • 【&M】清流の町・郡上八幡への旅

    目からウロコの旅プラン満載!

  • 【&w】生まれたての服が持つ新しさ

    「ファッションの魅力」とは?

  • ブック・アサヒ・コム中澤佑二のコミック履歴書

    好きだったのは「オフサイド」

  • WEBRONZA私の知る「性犯罪者」は孤独

    厳罰化は抑止力になるのか

  • 写真

    ハフポスト日本版 蘇る「大正三美人」の姿

    大正浪漫に華を添えた女性たち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ