メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

江戸時代

関連キーワード

  • 江戸時代の朝鮮通信使(2008年10月07日 朝刊)

    朝鮮国王が徳川幕府に派遣した公式の外交使節で、江戸時代には計12回来日。将軍襲職を祝賀する朝鮮国王の国書などを携えた正使ら高位の官人をはじめ学者や文人、絵師、音楽隊などで構成した。

  • 唐津街道(2008年06月27日 朝刊)

    現在の国道3号と202号にほぼ平行し、全長約130キロ。古代は大陸の文化が伝わる道で、元寇に立ち向かった武士たちが行軍した。豊臣秀吉の朝鮮出兵や福岡藩、唐津藩の参勤交代で使われ、幕末は武士たちが行き交った。江戸時代の13宿場は北から若松、芦屋、赤間、畦町、青柳、箱崎、博多、福岡、姪浜、今宿、前原、深江、浜崎にあった。

  • 近松門左衛門(2008年07月12日 夕刊)

    浄瑠璃、歌舞伎作者。しょうゆ屋の手代・徳兵衛と遊女・お初の心中を描いた「曽根崎心中」(1703年初演)は、江戸時代の庶民の世界を扱った「世話浄瑠璃」の第一作とされ、現在でも文楽の人気演目。

最新ニュース

江戸料理で愉しむ 和の 「カカオ」 1月31日(水)~2月13日(火)一汁三菜で体の内側からも満たされる「スーパーフード」2月14日(水)~3月6日(火)(2018/1/24)

リリース発行企業:株式会社 三越伊勢丹ホールディングス三越日本橋本店の「自遊庵」(じゆうあん)では、1月末から2月中旬まで「カカオ」、2月中旬から3月上旬までは「スーパーフード」をテーマにしたメニュー…[続きを読む]

写真

  • 落ち着いた雰囲気の店内=我孫子市のレストラン「コ・ビアン」
  • 一般公開される旧粕谷家住宅。かやぶき屋根が印象的だ=板橋区徳丸7丁目
  • 「色絵石楠花文皿」=サントリー美術館蔵
  • 江戸時代から続く自家源泉の宿・鶴鳴館 松坂屋本店
  • 十四代今泉今右衛門「色絵薄墨墨はじき柘榴文蓋付瓶」
  • 歌川広重の浮世絵「京都名所之内 淀川」。「くらわんか舟」(手前)が三十石船に近づく様子が描かれている=枚方市教育委員会提供
  • 移植される2本の松=松江市殿町
  • ふところ餅
  • 村上祭の屋台行事=村上市教育委員会提供
  • 会場となるステージで、稽古を続ける豊間根美海さん(右)と冨田淳治さん(右から3人目)=宮古市
  • 卵の研究に取り組む八田一教授(中央)と研究室の学生=京都市の京都女子大
  • 登米の繁栄を支えた北上川。ゆったりとした流れが往時をしのばせる=登米市登米町寺池
  • 県重要文化財「色絵飛雲飛雁楼閣山水文中皿」(個人蔵)
  • ブリを挟んだカブを並べていく。カブを覆う漬け床に散らしたニンジンが映える=金沢市
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】腕時計の新しい潮流

    個性漂うグレーカラー!

  • 写真

    【&TRAVEL】美肌磨きができる箱根の湯

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】超絶ジューシー!

    最後の晩餐(ばんさん)的一杯

  • 写真

    【&w】うっとり夢心地のパン

    このパンがすごい!

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「犬も人間も老いて死ぬ」

    町田康がひもとく物語

  • 写真

    WEBRONZA大谷、エンゼルスは正解か

    順応しやすい環境とチーム事情

  • 写真

    アエラスタイルマガジン130年愛されつづけるパン屋

    部長がすすめる名店を紹介

  • 写真

    T JAPAN詩人、谷川俊太郎の

    仕事と暮らしを読み解く

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ