メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

江戸時代

関連キーワード

  • 江戸時代の朝鮮通信使(2008年10月07日 朝刊)

    朝鮮国王が徳川幕府に派遣した公式の外交使節で、江戸時代には計12回来日。将軍襲職を祝賀する朝鮮国王の国書などを携えた正使ら高位の官人をはじめ学者や文人、絵師、音楽隊などで構成した。

  • 唐津街道(2008年06月27日 朝刊)

    現在の国道3号と202号にほぼ平行し、全長約130キロ。古代は大陸の文化が伝わる道で、元寇に立ち向かった武士たちが行軍した。豊臣秀吉の朝鮮出兵や福岡藩、唐津藩の参勤交代で使われ、幕末は武士たちが行き交った。江戸時代の13宿場は北から若松、芦屋、赤間、畦町、青柳、箱崎、博多、福岡、姪浜、今宿、前原、深江、浜崎にあった。

  • 近松門左衛門(2008年07月12日 夕刊)

    浄瑠璃、歌舞伎作者。しょうゆ屋の手代・徳兵衛と遊女・お初の心中を描いた「曽根崎心中」(1703年初演)は、江戸時代の庶民の世界を扱った「世話浄瑠璃」の第一作とされ、現在でも文楽の人気演目。

最新ニュース

◆26日◆〈京都ゆるり休日さんぽ〉京都の夏の風物詩・鴨川納涼床をカジュアルに楽しむビストロへ(2017/5/26)

 鴨川沿いの木々の新緑が生き生きと輝きはじめるころ、御池通から五条通にかけての川辺には「鴨川納涼床」と呼ばれる屋外席が建ちはじめます。京都人にとって「床(ゆか)が建つ」ということは、夏の訪れの合図。裕[続きを読む]

写真

  • ビストロのテラスのような雰囲気の納涼床でいただく料理は格別の味
  • 手書きされた原稿の山を前に「折々のうた」について語る大岡信さん=1997年6月、東京の自宅
  • 東山手洋風住宅群東側のオランダ坂。雨にぬれた石畳も風情があるという=長崎市東山手町
  • たくさんのわに商品を発案してきた藤田恒造さん=三次市廻神町
  • 鉱山絵図・絵巻デジタルギャラリーの画面。拡大・縮小・左右回転などが自在にできる
  • 周囲を土塀に囲まれた藤間家住宅=奈良市高畑町
  • カワウの巣が集まる松では葉が少なくなっている=岐阜県海津市海津町油島
  • こんなにたくさん福岡トリ料理
  • 発見された舎利孔鉄蓋=23日午前、奈良県斑鳩町の法輪寺、小林一茂撮影
  • 回転しながらの激しい立ち回りが続いた=三次市作木町
  • 押し花を見る入場者=熊本県南阿蘇村久石「りんどう花房」
  • 白井市の歴史や文化財を紹介する「歴史のしずく」を手にする市職員=同市役所
  • 解体工事が始まった「愛知製陶所」。手前が工場を開放してつくられた芸術家横丁=瀬戸市下陣屋町
  • 「江州犬上郡大洞弁財天并遠景図」=彦根城博物館提供
  • 名人戦の対局室となる料理旅館鶴形の「阿知の間」=倉敷市中央1丁目
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】充電式だから好きな場所で

    便利なコードレス扇風機

  • 【&TRAVEL】緑と花々に癒される

    世田谷線のひとり旅

  • 【&M】ならでは商品が面白い!

    トリノ自動車博物館のショップ

  • 【&w】数年待ち、あけび蔓のかご

    ファッションニュース

  • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

    少女漫画を読んだこともある…

  • WEBRONZA星野源、どこが凄いのか?

    まさに「マルチタレント」

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ