メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

江戸時代

関連キーワード

  • 江戸時代の朝鮮通信使(2008年10月07日 朝刊)

    朝鮮国王が徳川幕府に派遣した公式の外交使節で、江戸時代には計12回来日。将軍襲職を祝賀する朝鮮国王の国書などを携えた正使ら高位の官人をはじめ学者や文人、絵師、音楽隊などで構成した。

  • 唐津街道(2008年06月27日 朝刊)

    現在の国道3号と202号にほぼ平行し、全長約130キロ。古代は大陸の文化が伝わる道で、元寇に立ち向かった武士たちが行軍した。豊臣秀吉の朝鮮出兵や福岡藩、唐津藩の参勤交代で使われ、幕末は武士たちが行き交った。江戸時代の13宿場は北から若松、芦屋、赤間、畦町、青柳、箱崎、博多、福岡、姪浜、今宿、前原、深江、浜崎にあった。

  • 近松門左衛門(2008年07月12日 夕刊)

    浄瑠璃、歌舞伎作者。しょうゆ屋の手代・徳兵衛と遊女・お初の心中を描いた「曽根崎心中」(1703年初演)は、江戸時代の庶民の世界を扱った「世話浄瑠璃」の第一作とされ、現在でも文楽の人気演目。

最新ニュース

大関のまま横綱に? 明治時代の横綱誕生[昔の新聞点検隊](2017/3/1)

【解説】 1月の大相撲初場所で稀勢の里が初優勝。そして72代横綱に昇進しました。長い間期待されながらチャンスを生かせなかった悔しさを一気に晴らすような優勝と横綱昇進に興奮した人も多いのではないでしょう[続きを読む]

写真

  • 1890(明治23)年2月18日付東京朝日朝刊4面。主な直しだけ朱を書き入れています。現在の朝日新聞の表記基準で認めていない漢字の音訓や、当時は入れていなかった句点を入れる等については、原則として記入を省いています。記事を文字起こしした【当時の記事】が【解説】の後ろにあります
  • 室戸市観光ガイドの会の(右から)下元祥代さん、北村久子さん、会の助言役で室戸ジオパーク専門員の白井孝明さん=室戸市室戸岬町
  • 27段の石段にずらりと並んだひな人形=さいたま市岩槻区の愛宕神社
  • 準備のため1週間前にドローンから撮影した北方向の眺望=柿崎デザインスタジオ提供
  • 階段を上り下りしながらひな人形を鑑賞する子どもたち=那智勝浦町体育文化会館
  • 里山の雰囲気が漂う箱根湯寮=神奈川県箱根町
  • 里山の雰囲気が漂う箱根湯寮=神奈川県箱根町
  • 竹中靖一さん=中尾敦子さん提供
  • 境内の石仏=久保田狐庵撮影
  • 宿場の雛まつり=花巻市
  • 陽明門への安置を前に荷ほどきした狛犬を点検する、日光社寺文化財保存会の技術者たち=日光市の日光東照宮
  • 「清道」と書かれた旗などを掲げて再現された朝鮮通信使船=福山市鞆町、雨宮徹撮影
  • フランス国立東洋言語文化大学教授のクリストフ・マルケさん=大津市歴史博物館
  • 江戸町側から見た出島表門橋の完成イメージ=長崎市提供
  • 1969年 岩槻
  • 引っ越しを検討中の市川海老蔵 (C)ORICON NewS inc.
  • 伊藤若冲の絵を西陣織で再現した作品=箕面市
  • 多彩な具材と薬味が並ぶ「手織り寿し」(並1680円〜・税込み)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】バルミューダ製品が当たる

    読者アンケート&プレゼント

  • 【&TRAVEL】10代のあどけなさと輝き

    「舞妓と町家」

  • 【&M】金は安定した資産として注目

    豊島逸夫と星野真里が語る

  • 【&w】アカデミー賞、もうすぐ本番

    栄冠の行方は…候補を紹介

  • ブック・アサヒ・コム漫画大好き!織田信成

    「面白そうだったら何でも」

  • WEBRONZA芸能界の異常な労働環境

    清水富美加さん出家騒動

  • 写真

    ハフポスト日本版 思わず見つめてしまう子猫

    とにかくご覧ください

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ