メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

沖縄戦

【動画】沖縄戦72年「慰霊の日」 空から見た海(2017/06/23)

 沖縄戦の戦没者らを悼む「慰霊の日」を迎えた6月23日、沖縄は各地で慰霊の姿が見られた。本島最南端の喜屋武岬は72年前、米軍に追い詰められ、この地で逃げ場を失った多くの住民たちが、海に身を投げた場所とされる。…[続きを読む]

最新ニュース

沖縄戦跡、荒らされる

【動画】沖縄戦、兵士巡る手紙を学生が遺族へ(2017/09/02)

 1945年の沖縄地上戦で戦没した兵士にまつわる手紙を、20代の学生たちが遺族を捜して届ける活動に取り組んでいる。戦後72年。学生たちは「戦争はまだ終わっていない。若い私たちだからこそ」と遺族捜しの旅を続けている。…[続きを読む]

関連キーワード

  • 沖縄戦(2017年08月18日 朝刊)

    サイパンや硫黄島を占領した米軍は45年3月末、沖縄に上陸。約3カ月の地上戦を繰り広げた。日本兵の戦死率は約9割。県民も10代前半から軍人や軍属として「根こそぎ動員」された。本土防衛の時間稼ぎの持久作戦や、降伏を許さない軍の教えによって死者は膨れあがり、日米で20万人余、県民の4人に1人が死亡したと推計されている。

  • 写真

    沖縄戦、深く知るためのQ&A

    沖縄は6月23日、72年目の「慰霊の日」を迎えました。沖縄戦による日米両軍と民間人らを合わせた死者は約20万人。この日に組織的戦闘が終結したとされ、沖縄県民の4人に1人が亡くなったとも言われます。現地で何があったのか、知っていますか。[続きを読む]

【特集】戦後72年「沖縄慰霊の日」(2017/06/23)

 戦後72年の「慰霊の日」を迎えた沖縄。辺野古移設に向けた埋め立て工事が始まってから初めて迎える「6月23日」に、20万以上の戦没者の名前が刻まれた「平和の礎」では、複雑な思いで手を合わせる人たちがいた。…[特集ページへ]

戦前写真に命の色彩、求め

写真・図版

沖縄戦激戦地に米軍人続々 映画ハクソー・リッジの舞台 (2017/6/15)

沖縄戦での実話を元にした映画に触発され、舞台となった沖縄県浦添(うらそえ)市の浦添城跡周辺を、在沖米軍人らが続々と訪れている。その盛況ぶりを見て、地元は今月下旬の日本公開を前に、市民にも関心を持ってもらおうと取り組みを始めている。 映画は…[続きを読む]

デジタル限定連載「沖縄戦再録」

 朝日新聞の元那覇総局長で、論説委員の谷津憲郎記者が連日ツイッターで発信していた【沖縄戦】を朝日新聞デジタルで再構成しました。1945年3~6月、米軍の上陸前後から「終結」まで1日ごとに何があったのかを、様々な資料から振り返ります。

写真

沖縄「基地」禍 日米安保の現実、目背ける本土(2017/02/18)

■戦後の原点 地上戦で約20万人が命を落としたとされる沖縄。米国は戦後、経済復興とセットで基地建設を進め、平和憲法を手にした日本本土は、基地が沖縄に集中していく現実から目を背けた。その構図はいまも島に影を落とす。文書と証言から基地問題の源流をたどった。……[続きを読む]

戦後70年 体験者アンケート

若者、沖縄戦を考える

沖縄戦について一から、もっと深く知りたい方へ。朝日新聞社は教育特集「知る沖縄戦」をご希望の学校に無料でお届けします。(2016年版の紙面イメージ)

最新ニュース

写真・図版

沖縄戦を語る 大阪市の98歳吉村さん (2017/9/21)

 第2次世界大戦中に中国や沖縄に送られた元陸軍兵・吉村章(あきら)さん(98)=大阪市=の話を聞く会が、大阪市内であった。「ありったけの地獄を集めた」と米軍が評した沖縄戦を「凄惨(せいさん)をきわめ、…[続きを読む]

写真

  • 沖縄戦を語る吉村章さん(右)。となりは長男五一さん=大阪市
  • 記者会見で「少年たちの犯した行為は断固として、許すことはできない」と話した石嶺傳實読谷村長(中央)。記者会見には村の松田平次教育長(右端)と遺族会の與那覇徳雄会長も出席した=20日午前11時ごろ、読谷村役場
  • 荒らされた「チビチリガマ」を遺族たちが片付け、千羽鶴や立ち入り禁止を示す看板も元の場所に戻された=16日午後0時55分、沖縄県読谷村、山下龍一撮影
  • チビチリガマの入り口に供えられていた千羽鶴は、引きちぎられて地面に散乱していた=12日午後4時48分、沖縄県読谷村、上遠野郷撮影
  • 荒らされたチビチリガマの内部。遺品のつぼや瓶が割られていた=12日午後5時9分、沖縄県読谷村、上遠野郷撮影
  • 沖縄の米軍基地問題について取材に応じるウィリアム・ペリー元米国国防長官=13日、那覇市、上遠野郷撮影
  • 池上永一さん
  • チビチリガマの入り口に供えられていた千羽鶴は、引きちぎられて地面に散乱していた=12日午後4時29分、沖縄県読谷村、上遠野郷撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ