メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

河野洋平

関連キーワード

  • 河野談話(2014年08月28日 朝刊)

    韓国の元慰安婦らが1991年、日本政府に補償を求めて提訴したことなどを受け、日本政府は調査を始めた。92年7月には当時の加藤紘一官房長官が調査結果をまとめて発表したが、内容が不十分だとの声が上がり、国内のみならず海外にも調査を拡大。93年8月に宮沢内閣の河野洋平官房長官が公表した。談話は、慰安所について「当時の軍当局の要請により設営された」とし、慰安所の設置や管理、慰安婦の移送に「旧日本軍が直接あるいは間接に関与した」と認めた。

  • 政治改革(2013年06月11日 朝刊)

    リクルート事件をきっかけに自民党が1989年に政治改革大綱を決定、小選挙区比例代表制導入と派閥解消を打ち出した。宮沢喜一首相は93年5月、選挙制度改革を含む政治改革関連法案について「この国会でやるんです。うそをついたことはない」と宣言。だが自民党内の反対論が強まり、法案成立は困難となった。93年6月18日、宮沢内閣不信任案が可決され、宮沢首相は衆院を解散。自民党は分裂し、新生党、新党さきがけが誕生した。非自民8党派による細川連立政権が発足。細川内閣は9月、中選挙区制を廃止し、小選挙区比例代表並立制を導入する公職選挙法改正案を提出。94年1月、細川護熙首相と河野洋平自民党総裁による会談で、小選挙区300、比例区200で修正合意し、成立した。

  • 慰安婦問題(2013年10月13日 朝刊)

    旧日本軍の要請などにより各地に慰安所が設けられた。加藤紘一官房長官は92年7月、政府の関与を認める調査結果を発表。河野洋平官房長官は93年8月の談話で「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」と認めた。

最新ニュース

写真・図版

「日本外交、かなり危機」河野外相、中国の攻勢を念頭に(2018/1/8)

 「今、日本の外交はかなり危機に直面していると言わざるを得ない」――。河野太郎外相は8日、地元・神奈川県茅ケ崎市での会合でこう強調した。中国の途上国への外交攻勢を引き合いに出しつつ、外相の積極的な海外…[続きを読む]

河野洋平をコトバンクで調べる

写真

  • 後援会関係者らが集まる地元会合であいさつする河野太郎外相=8日、神奈川県茅ケ崎市、田嶋慶彦撮影
  • 日ロ外相会談を前に握手する河野外相(左)とラブロフ外相=モスクワ、喜田尚撮影
  • 大島理森氏
  • 大森理森氏
  • 河野洋平・元衆院議長
  • 河野太郎外相
  • 2回目の会談に臨む河野太郎外相(左)と中国の王毅(ワンイー)外相=21日午後、米ニューヨークの国連本部、代表撮影
  • 記者団の取材に応じる河野太郎外相=20日午後、米ニューヨーク、松井望美撮影
  • 河野洋平元衆院議長
  • 日本記者クラブで講演する河野洋平元衆院議長=20日、東京・内幸町、倉重奈苗撮影
  • 北朝鮮の核開発問題で米朝協議を担当するガルーチ米国務次官補(中央)。河野洋平外相に迎えられ応接室に入る=1994年7月22日、外務省
  • 残業時間規制、「緩和」と「強化」が1つの法案に
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ