メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

治安維持法

関連キーワード

  • 治安維持法(2017年04月26日 朝刊)

    1925年に成立、国体の変革と私有財産の否認を目的とした組織や宣伝を禁じた。当初は共産党の取り締まりを狙ったが、その後の改正で適用範囲は広がってゆき、特別高等警察による監視も強められた。28年に「目的遂行罪」が追加されたほか、41年の改正では、党の支援団体に属したり、団体の準備をしたりするだけで罪に問われた。45年10月に法は廃止された。

  • 特高警察(2008年07月05日 夕刊)

    「特別高等警思の略称。各府県の警察組織内に特別高等警察課が置かれ、内務省警保局の直接指揮下で、各種の社会運動や共産主義運動の取り締まりを担当し、「思想警思とも呼ばれた。治安維持法の強化に伴い、取り締まりの範囲は労働運動や農民運動だけでなく、市民生活の全般に及んだ。

  • 横浜事件(2016年07月01日 朝刊)

    1942〜45年、中央公論や改造社、朝日新聞社などの言論・出版関係者約60人が「共産主義を宣伝した」などとして神奈川県警特別高等課に治安維持法違反容疑で逮捕された事件の総称。拷問による取り調べで4人が獄死したほか、約30人が有罪判決を受けた。元被告らが86年から4度にわたり再審請求したが1滋2次は棄却。3次と4次は再審を認めたものの、いずれも治安維持法の廃止などを理由に有罪、無罪を示さない「免訴」の判決が言い渡された。

最新ニュース

(TVがぶり寄り)「人生論ノート」に感動(2017/4/29)

 25分×4週で世界の名著を解説する「100分de名著」(月曜、Eテレ)。4月は三木清の「人生論ノート」を取り上げた。司会の伊集院光に「番組始まって以来の難解さ」と言わしめながらも、番組始まって以来最[続きを読む]

治安維持法をコトバンクで調べる

写真

  • 番組の中で三木清の言葉を紹介する哲学者の岸見一郎
  • 共謀罪法案に反対する共同メッセージを読み上げる岸井成格さん(左)=27日午後、東京・永田町、角野貴之撮影
  • 共謀罪法案について話す作家の落合恵子さん=東京・北青山、迫和義撮影
  • 川崎七瀬さん=撮影年不詳、駒井阿沙さん提供
  • ドリアン助川さん=山本和生撮影
  • 作家・道化師のドリアン助川さん=山本和生撮影
  • 永井愛さん=兵庫県西宮市
  • 男性の呼び掛けに応じて署名をする人たち
  • マブソン青眼さん。「抵抗の俳人は、戦中のドイツで反ナチスのビラを配り、処刑された『白バラ』運動のショル兄妹と重なる」=長野市
  • 半藤一利さん=関田航撮影
  • 法案をめぐる19日の衆院法務委員会
  • 「共謀罪」法案をめぐる19日の衆院法務委員会での野党の指摘と政府の答弁
  • 作家の半藤一利さん=13日午後、東京都世田谷区、関田航撮影
  • 「言論統制と戦争遂行は不可分の関係にあった」と話す天野茂樹さん。「安保法制を強行した現政権と『共謀罪』の関係が気に掛かる」=愛知県岡崎市
  • 木谷明さん
  • 三木清(財団法人 霞城〈かじょう〉館・矢野勘治記念館提供)
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】カーネーションだけじゃない

    センス光る母の日ギフト〈PR〉

  • 【&TRAVEL】記念展示やグッズがいっぱい

    スヌーピー博物館1周年

  • 【&M】デロンギに隠された「伝統」

    イタリアのプロダクト考

  • 【&w】「今」を切り取り歌い続ける

    秦 基博インタビュー

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA『王家の紋章』リメイク版

    わかりやすく、印象が一新

  • 写真

    ハフポスト日本版 ビキニのセレブ100連発

    夏はもうちょっと先だけど          

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ