メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

泉佐野市

関連キーワード

  • 泉佐野市のはだしのゲン回収問題(2014年05月29日 朝刊)

    不適切な表現があるとして問題視した市長の意向を受け、1月中旬、教育長が市立小中学校図書室から回収。教育長はさらに「読んだ子を特定して個別指導すべきだ」との市長の意向も校長会に伝えたが、拒否された。市教委は3月20日、「差別的な表現が含まれる学校図書に配慮すること」を条件に返却した。

  • 自販機たばこ税問題(2010年05月08日 朝刊)

    市町村たばこ税(1本あたり約3・3円)は、小売業者から営業所(店舗や自動販売桔ごとの商品発注を受けた日本たばこ産業(JT)などが営業所の所在自治体に納税する仕組み。複数の自治体に営業所を持つ小売業者が、販売実態とは無関係に特定の営業所名義での発注を増やせば、その自治体に税を集中させることができる。このため、業者に自販機を置いてもらって税収を大幅に増やし、見返りに奨励金を支払う自治体が相次いでいることが昨秋に表面化。総務省は販売と納税の実態が大幅に異なるのは不適切と判断し、地方税法改正で奨励金や低利融資など見返りとしての金銭提供が禁止された。市町村が得られるたばこ税の上限も全国平均の3倍から2倍に引き下げられ、これを超えた分は都道府県に納付される。こうした手法でたばこ税収を増やしていた大阪府泉佐野市などは、今後の大幅な減収に備えて財政再建策の見直しなどを迫られている。

  • 航空特殊無線技士(2011年05月10日 朝刊)

    自家用機やヘリコプターとの通信など航空管制に必要な資格。国内空港で民間機の航空管制官になる場合は、国家公務員の採用試験に合格後、航空保安大学校(大阪府泉佐野市)などで研修を受け、この資格を取得する。自家用機などの操縦にも必要で、試験を実施する日本無線協会によると、昨年度は計1373人が受験し、1039人が合格した。うち15歳以下の合格者は前田君を含め2人だった。

最新ニュース

【ホテル日航関西空港】レストラン大河企画 近畿の文化と魅力を発信 近畿五聖地食巡り「伊勢淡路ライン」を開催(2018/5/24)

リリース発行企業:ニッコー・ホテルズ・インターナショナル関西国際空港島内のホテル、ホテル日航関西空港(所在地:大阪府泉佐野市 関西国際空港内、 総支配人:高橋 信行)では、レストラン大河企画として「近…[続きを読む]

泉佐野市をコトバンクで調べる

写真

  • 泉佐野市が市の鳥に制定したルリビタキ=泉佐野市提供
  • 4Yパックを手にするidsumiピクルスの西出喜代彦社長(中央)、吉村大作さん(左)、玉城ゆかりさん。販売用は瓶詰めで店頭に並ぶ=大阪市北区梅田3丁目
  • リング上で戦うリアル・イヌナキン(左)=大阪市此花区の此花区民ホール
  • 地元開催に向け、川口誠司・東大阪市副市長(前列中央)らと気合を入れるご当地のゆるキャラたち=東大阪市役所
  • クリームスープのような味わいの「のむとうふ」(相模屋食料提供)
  • ガ大阪の食野亮太郎
  • 自治体財政の表と裏
  • 自治体財政の表と裏<グラフィック・古家亘>
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ