メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

法政大

関連キーワード

  • 法政大・小布施町地域創造研究所(2013年09月28日 朝刊)

    2011年7月、小布施町と法政大が協定書に調印して設立された。同町のまちづくりに関して、政策形成や人材育成などソフト面での研究を進めるのが目的。研究所は町役場にあり、教授や研究員、学生らがテーマごとに調査研究活動を行う。同町の官学連携は東京理科大の「まちづくり研究所」、信州大の「地域環境研究室」に続き3例目。所長は、法政大大学院の中嶋聞多教授(地域活性論)で、所員は5人。

  • 北軽井沢の別荘開発(2010年08月31日 朝刊)

    1917(大正6)年、草津軽便鉄道(草軽電鉄の前身)の駅ができ、23(大正12)年には十数戸の集団別荘地が誕生。28(昭和3)年、法政大学総長が私有地の一部を職員に分譲。「大学村」と呼ばれる別荘地が誕生し、本格的な開発が進んだ。草軽電鉄は62(昭和37)年に廃線。現在は長野原町から嬬恋村にまたがる浅間高原に約1万4千〜1万5千戸の別荘があるという。

  • 自由都市・堺 平和貢献賞(2010年11月03日 朝刊)

    中世に海外交易で発展した歴史をもつ堺市が、2006年の政令指定都市への移行を機に「都市の繁栄には平和が欠かせない」と創設した。08年の第1回大賞は、スリランカで非暴力による和平活動に取り組むNGO「スリランカ国民平和評議会」専務理事のジハン・ペレラ氏。隔年で選考する。選考委員長は上田正昭・京都大名誉教授、選考委員は明石康・元国連事務次長、川島慶雄・大阪大名誉教授、千玄室・裏千家前家元、多谷千香子・法政大教授。

最新ニュース

写真・図版

共同住宅、管理人は組員「最低の生活。ここで死ぬしか」(2018/2/26)

 生活保護受給者が集まる名古屋市内の「共同住宅」で昨年末、ある事件をきっかけに、住み込みの管理人の男が現役の暴力団組員だと発覚した。入居者の一人は「多額の費用を徴収されている」と訴える。施設側は取材に…[続きを読む]

写真

  • マンションの室内で過ごす男性。カーテンやエアコン、ベッドは備え付けのものという=名古屋市中村区
  • デモの参加者は、テンポの良い音楽のリズムに合わせて「裁量労働制はやめろ」などと声を上げた=東京・JR新宿駅前
  • デモの参加者は「裁量労働制はやめろ」などと声を上げた=東京・JR新宿駅前
  • 連携協定書を交わした田中優子・法政大総長と永松悟・杵築市長=同市杵築の若栄屋
  • 昨年の国公立大の2次試験で、試験開始を待つ受験生=2017年2月25日、東京都文京区の東京大
  • これまでの高齢社会対策大網の目的と主な内容
  • イラスト・田中和
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ