メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

法政大

関連キーワード

  • 法政大・小布施町地域創造研究所(2013年09月28日 朝刊)

    2011年7月、小布施町と法政大が協定書に調印して設立された。同町のまちづくりに関して、政策形成や人材育成などソフト面での研究を進めるのが目的。研究所は町役場にあり、教授や研究員、学生らがテーマごとに調査研究活動を行う。同町の官学連携は東京理科大の「まちづくり研究所」、信州大の「地域環境研究室」に続き3例目。所長は、法政大大学院の中嶋聞多教授(地域活性論)で、所員は5人。

  • 北軽井沢の別荘開発(2010年08月31日 朝刊)

    1917(大正6)年、草津軽便鉄道(草軽電鉄の前身)の駅ができ、23(大正12)年には十数戸の集団別荘地が誕生。28(昭和3)年、法政大学総長が私有地の一部を職員に分譲。「大学村」と呼ばれる別荘地が誕生し、本格的な開発が進んだ。草軽電鉄は62(昭和37)年に廃線。現在は長野原町から嬬恋村にまたがる浅間高原に約1万4千〜1万5千戸の別荘があるという。

  • 自由都市・堺 平和貢献賞(2010年11月03日 朝刊)

    中世に海外交易で発展した歴史をもつ堺市が、2006年の政令指定都市への移行を機に「都市の繁栄には平和が欠かせない」と創設した。08年の第1回大賞は、スリランカで非暴力による和平活動に取り組むNGO「スリランカ国民平和評議会」専務理事のジハン・ペレラ氏。隔年で選考する。選考委員長は上田正昭・京都大名誉教授、選考委員は明石康・元国連事務次長、川島慶雄・大阪大名誉教授、千玄室・裏千家前家元、多谷千香子・法政大教授。

最新ニュース

法政大学生が地域連携で企画、熊本・益城町の緑茶と東京・町田の卵を使用した「益城町を応援しなくっ茶!プリン」を12/3(日)町田市役所イベントで販売(2017/11/24)

法政大学多摩ボランティアセンター(東京都町田市)は、2016年の熊本地震で被災した熊本県益城町名産の緑茶「かぶせ茶」と、多摩キャンパスのある東京都町田市産の卵を使った緑茶プリン「益城町を応援しなくっ茶…[続きを読む]

写真

  • 教育評論家の尾木直樹・法政大特任教授=東京都武蔵野市
  • 山口二郎さん
  • 多谷千香子さん
  • 展示会場入り口に掲げられた看板=千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館、北野隆一撮影
  • 始球式で「ベース・ウォール」をめがけて投球する野球少年たち=佐伯球場
  • 日本大学の大学運営に学生が抗議した「日大闘争」の最初のデモの写真=1968年5月撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】超気軽! スマホVRで新体験

    実世界により近い没入感を実現

  • 写真

    【&TRAVEL】初心者も楽しめる城跡巡り

    岐阜の旅

  • 写真

    【&M】ライフスタイルカーとして

    新しい考えのプジョー<PR>

  • 写真

    【&w】忌野家の、UNO特別ルール

    よなよなハンコ

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「核戦争に勝者はない」

    核抑止論という神話にお別れ

  • 写真

    WEBRONZAイノベーションの勧め

    とにかく動く人になろう

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界で2番目に高いホテル

    地上555mの超高層に泊まる

  • 写真

    T JAPANマッキー牧元が注目する

    東東京の美味な店<後編>

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    一体どうして?

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ