メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

浄土真宗

関連キーワード

  • 大阪城(2010年12月31日 朝刊)

    もとは浄土真宗本願寺派の大坂本願寺(石山本願寺)があったが、1580年に織田信長の攻撃で焼失。秀吉が跡地に着工して4重の堀を張り巡らした。現大阪城公園の広さは甲子園球場27個分あるが、豊臣時代はその4倍あったといわれる。2代目天守閣は1665年に落雷で焼け、現在の3代目(高さ約54メートル)は秀吉が建てた城がモデル。1931年、市民から150万円(今なら約700億円相当)の募金を受けて再建された。城の天守閣復興では国内第1号。

  • 二孝女物語(2013年11月06日 朝刊)

    1804(文化元)年、豊後国・臼杵(現・臼杵市野津町)の農民初右衛門がツユ、トキの姉妹を残し、浄土真宗開祖・親鸞ゆかりの地を巡る旅に出た。しかし、旅の途中に青蓮寺(茨城県常陸太田市東連地町)で行き倒れに。寺の離れに住まわせてもらい、住職夫妻や村人らの世話で養生を続けた。7年後、父の消息を伝え聞いた姉妹は父を古里に連れ帰ることを決意。300里(約1200キロ)を旅し、2カ月後に父と再会。水戸藩などのはからいなどもあり、翌春、親子そろって無事に帰郷を果たした。

  • 8時だヨ!神さま仏さま(2015年04月29日 朝刊)

    浄土真宗本願寺派浄元寺の宏林住職、貴布禰(きふね)神社の江田宮司、日本キリスト教団正教師で、関西学院中学部宗教主事の福島牧師がDJを務める。「エフエムあまがさき」とホームページ(fmaiai.com)で毎週水曜、午後8時から放送中。

最新ニュース

三重)真宗高田派本山の専修寺、アピールに本腰(2017/5/19)

 浄土真宗の宗祖・親鸞の教えを継ぐ真宗高田派の本山、専修(せんじゅ)寺(津市一身田町)が、建造物や宝物など所蔵品のアピールに本腰を入れ始めた。かつて、真宗の最大行事には約1週間で数十万人の参拝客を集め[続きを読む]

浄土真宗をコトバンクで調べる

写真

  • 如来堂を背景にハスの鉢が並ぶ=津市一身田町の真宗高田派本山専修寺
  • 加賀一向一揆の最後の砦(とりで)、鳥越城
  • 漫画家の森田まさのりさん
  • 大盤で解説する西川和宏六段=福井市松本4丁目
  • 24日夜にあった試験点灯の様子。国宝の書院にぼんぼりの明かりがともった=24日午後7時23分、下京区
  • 蓮如上人の御影を載せた御輿を担ぐ人たち=23日、あわら市吉崎1丁目
  • 蓮如の御影をのせた台車を引き、東本願寺を出発する人たち=下京区
  • グループに分かれ、ケーススタディーに取り組む「未来の住職塾」の塾生たち。後ろから見守るのは松本紹圭(右)と井出悦郎の両講師
  • ひざの骨に形が似ている白い丸もち。富山県などでは「おけそく」と言います
  • 「未来の住職塾」塾長の松本紹圭さん(左)と「お寺の未来」代表理事の井出悦郎さん
  • グループに分かれて課題に取り組む寺の住職たち。右が講師を務める井出悦郎・お寺の未来代表理事
  • 障害がある若者と学生がともに議論し、コミュニケーション能力を高めあう=伏見区
  • 親鸞の肖像画
  • 親鸞の肖像画と説明=東京書籍の教科書から
  • 「能宣集 上」=西本願寺蔵
  • 国指定重要無形民俗文化財に指定されている地元の伝統行事「相馬野馬追」。避難先から参加する人も多い=2013年7月、福島県南相馬市、「土徳流離」から、青原さとしさん提供
  • 但馬弘さん
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ランもスイムもこの一台で

    最新GPSスポーツウォッチ

  • 【&TRAVEL】蒸し暑い日本の夏から脱出!

    羽田からNZへ直行便〈PR〉

  • 【&M】タイに投資する理由〈PR〉

    政府による全面的なサポート

  • 【&w】気がつくと何年も袖を通す服

    川島蓉子のひとむすび

  • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

    少女漫画を読んだこともある…

  • WEBRONZA文韓大統領でどうなるアジア

    「民心」に縛られる宿命

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ