メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

浄土真宗

関連キーワード

  • 大阪城(2010年12月31日 朝刊)

    もとは浄土真宗本願寺派の大坂本願寺(石山本願寺)があったが、1580年に織田信長の攻撃で焼失。秀吉が跡地に着工して4重の堀を張り巡らした。現大阪城公園の広さは甲子園球場27個分あるが、豊臣時代はその4倍あったといわれる。2代目天守閣は1665年に落雷で焼け、現在の3代目(高さ約54メートル)は秀吉が建てた城がモデル。1931年、市民から150万円(今なら約700億円相当)の募金を受けて再建された。城の天守閣復興では国内第1号。

  • 二孝女物語(2013年11月06日 朝刊)

    1804(文化元)年、豊後国・臼杵(現・臼杵市野津町)の農民初右衛門がツユ、トキの姉妹を残し、浄土真宗開祖・親鸞ゆかりの地を巡る旅に出た。しかし、旅の途中に青蓮寺(茨城県常陸太田市東連地町)で行き倒れに。寺の離れに住まわせてもらい、住職夫妻や村人らの世話で養生を続けた。7年後、父の消息を伝え聞いた姉妹は父を古里に連れ帰ることを決意。300里(約1200キロ)を旅し、2カ月後に父と再会。水戸藩などのはからいなどもあり、翌春、親子そろって無事に帰郷を果たした。

  • 8時だヨ!神さま仏さま(2015年04月29日 朝刊)

    浄土真宗本願寺派浄元寺の宏林住職、貴布禰(きふね)神社の江田宮司、日本キリスト教団正教師で、関西学院中学部宗教主事の福島牧師がDJを務める。「エフエムあまがさき」とホームページ(fmaiai.com)で毎週水曜、午後8時から放送中。

最新ニュース

ケニアの女性たちと子どもたちの今 ケニアで「マトマイニ・チルドレンズ・ホーム(希望の家)」を設立し、長年、孤児や女性支援の活動を行ってきた菊本照子さんのお話とワークショップの開催のお知らせ(2018/4/23)

第63回「教育カフェ・マラソン」 ~ケニアの女性たちと子どもたちの今~講師:菊本照子さん 「マトマイニ・チルドレンズ・ホーム(希望の家)」代表講師プロフィール:昭和56年ケニアの日本大使館に勤務。翌年…[続きを読む]

写真

  • 特別公開では、ふき替え中の屋根が見られる=京都府京都市下京区の西本願寺飛雲閣
  • 寺院の現状について意見を交換する報告会の参加者たち(3月13日、七尾市藤橋町、浄土真宗本願寺派総合研究所提供)
  • 「国語の成績をほめられたのが、うれしくてたまらず、作文に『将来は文学者になる』と書いてました」=東京都港区、伊ケ崎忍撮影
  • 浦上哲也さん
  • 外国人参拝者の案内で協力する龍谷大の入沢崇学長(中央)と西本願寺の本多隆朗執行長(右)ら=京都府京都市下京区
  • 広島市の古い地図を前に、原爆投下前の街のにぎわいを語る岩崎正衛さん。被爆当時の体験を語り始めると、折に「ああ」と声を漏らし、絶句した=呉市長ノ木町の西教寺
  • グラフィック・山田英利子
  • 見頃を迎えた本照寺のウメ=高槻市富田町4丁目
  • 英語で落語を披露する「カンチューハイ角照」こと佐々木真人さん=宇部市
  • 地球や地域にやさしい銀行選び/原発・化石燃料への貸し出しトップ8/アクサのダイベストメント対象になる可能性の高い日本企業/化石燃料からの投資撤退を決めた世界の主な団体
  • 第52回毎日芸術賞 大峯あきら 俳人
  • 集まった市民らを前に講演する大來さん=山口市の超勝寺
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ