メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

浅田次郎

最新ニュース

ミロク会計人会連合会主催「第42回全国統一研修会 新潟大会」開催のご案内 ~朱鷺(とき)めき~熱い心で感動を(2017/10/11)

リリース発行企業:株式会社ミロク情報サービス 財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売する株式会社ミロク情報サービス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:是枝周樹 以下、MJS)の全国ユー…[続きを読む]

写真

  • 「椿山課長の七日間」  
  • BSジャパン連続ドラマJ『浅田次郎原作 プリズンホテル』の完成披露試写会に出席した田中直樹 (C)ORICON NewS inc.
  • 作家はやめられない。「もう書きたくないって時でも、そこまでやる自分が好きっていう感じがある」=東京都千代田区、篠田英美撮影
  • 「原発、共謀罪、安保法制の問題、すごい時期に会長になっちゃったなっていう感じはありました」=東京都千代田区、篠田英美撮影
  • 「あの人の真面目さはまねできない」と浅田さん。井上さんをしのぶ「吉里吉里忌」でも思い出を語った=山形県川西町提供
  • 戦争をテーマにした短編集『帰郷』は大佛次郎賞を受賞した
  • 朝日新聞夕刊小説「椿山課長の七日間」を終え、くつろぐ浅田さん。今年も毎日新聞の連載小説を執筆した=2002年、東京都日野市
  • 兼業時代も長かった。「子どもはどう思ってたかね。お父さんは会社から帰って何で作文書いてるのかって。変だよね」=1998年12月
  • 洋装時の帽子もトレードマーク。2000年にはベストドレッサー賞を受賞している
  • 『壬生義士伝』にも登場する盛岡市の石割桜。「僕の親に花心は皆無。子どもはないものねだりなんだよ」
  • 秋の恒例行事の「神田古本まつり」に押しかけたファン。浅田さんも東京・神田の古書街に通った=1974年撮影
  • 宴席や交流会はお茶で参加。読み書きの時間を取りたいので、お酒は飲まない=東京都千代田区、篠田英美撮影
  • 川端康成(右)のノーベル文学賞受賞が決まり、お祝いに駆けつけた三島由紀夫。当時浅田さんは16歳だった=1968年10月
  • 浅田さんの小説「遺影」の豆本。ある日、紳士が「僕」の祖父の写真館で遺影を撮影。紳士と祖父母の秘密を描く
  • 『鉄道員』で直木賞受賞が決まり、会見する浅田さん。当時「小説を書くことが生活のすべて」と語った=1997年7月17日
  • 選考委員を務める直木賞贈呈式。選考は「プロでやっていけるかどうか」を見る=東京都千代田区、篠田英美撮影
  • 「浅田次郎なんて人間ではなく、書いた小説をノーブランドで読んでほしい」=東京都千代田区、篠田英美撮影
  • 仕事を終え、小さな缶ビールで一息=東京都内の自宅で、浅野哲司撮影
  • 芥川賞・直木賞とその他の主な文学賞
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ