メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

消費者庁

関連キーワード

  • 消費者庁(2009年08月27日 夕刊)

    ガス瞬間湯沸かし器中毒事故や中国製冷凍ギョーザ事件などの製品・食品事故で、対応が後手に回った縦割り行政の反省から構想された。各省庁がバラバラに扱って起きる「たらい回し」や規制する法令のない「法のすき間」の解消を目指す。消費者行政の「司令塔」の役割が期待されている。特定商取引法や景品表示泡日本農林規格(JAS)法など生活に身近な29の法律を所管。自ら行政処分や指導をするほか、業界を監督する省庁の指導や処分が不十分なら、改善を求める措置要求や勧告ができる。

  • 消費者庁設置関連法案(2009年04月10日 朝刊)

    消費者行政を一元的に所管する行政組織の発足を目指し、昨年9月、福田内閣が閣議決定し、麻生内閣が国会に提出した。内閣府の外局として消費者庁を創設し、関係する29本の法律を移管するほか、消費者庁を監視する消費者政策委員会を設け、地方の消費生活センターの機能強化も図る。民主党は対案として、消費者権利院法案を提出している。

  • 機能性表示食品(2015年09月02日 朝刊)

    健康への働き(機能性)を企業の責任で商品に表示できる新制度で、4月に始まった。食品表示基準で、機能性表示食品と特定保健用食品(トクホ)、栄養機能食品の三つが認められている。機能性表示食品は国の審査はない。企業や農家が機能性や安全性の科学的根拠を示す資料をそろえ、消費者庁に受理されれば販売できる。トクホは商品の安全性や機能性を国が審査し、表示内容を許可。栄養機能食品はビタミン・ミネラルなど20成分に限り、国の基準を満たせば表示できる。

最新ニュース

子どもの成長によってリスクは変わってくる<グラフィック・小倉誼之>

(小さないのち)子どもの身近、潜む危険 入浴・睡眠時に事故多発、虐待疑い例も(2016/08/28)

 子ども約5千人の記録を分析すると、くらしに潜むさまざまな危険や虐待の可能性が見えてきた。海外には、子どもの死を分析し、予防策などを提案する仕組みがあり、同様の事故の減少につながった例もある。▼1面参[続きを読む]

消費者庁をコトバンクで調べる

写真

  • 子どもの成長によってリスクは変わってくる<グラフィック・小倉誼之>
  • 宮沢賢治の歩いた秩父
  • 高齢者の消費者被害防止シンポジウムのイメージ画像=東京弁護士会提供
  • スーパーなどで手軽に買えるアレルギー対応食品も増えてきた
  • 岡村和美氏

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】癒やしの猫もぐらたたき

    保護猫カフェで猫助け

  • 【&TRAVEL】町家に暮らし、町家に帰る

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】標高8千メートルのお茶会

    三浦雄一郎さんの別腹

  • 【&w】オサムグッズ40周年

    原田治さん展覧会

  • ブック・アサヒ・コム水無田気流が相談に回答

    「長男に彼女ができた…」

  • WEBRONZA香取慎吾、勤労少年の悲しさ

    ミニカーで遊ぶ頃から働く人生

  • 写真

    ハフポスト日本版 橋本マナミ画像集

    人々を虜にするその魅力

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ