メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

準天頂衛星

  •  全地球測位システム(GPS)の精度を向上させる準天頂衛星「みちびき」は、2018年度から4機体制で運用されます。私たちの暮らしはどのように変わるのでしょうか。関連記事をピックアップしました。

写真

H2Aロケット、発射地点に移動 19日午後打ち上げ(2017/08/19)

 機体の不具合から12日に予定していた打ち上げを当日に中止し、作業をやり直していたH2Aロケット35号機が19日未明、鹿児島県の種子島宇宙センターで再び発射地点へ移動し、最終準備に入った。打ち上げは19日午後2時29分の予定。 35号機はG……[続きを読む]

青空を駆け上がるH2A、初の国産衛星「おおすみ」をうちあげたラムダロケット…。朝日新聞がこれまで撮りためた宇宙開発の写真や動画を集めました。宇宙開発黎明期の貴重な写真から迫力の空撮映像まで。人類の、宇宙への挑戦の記録です。

もっと知りたい

最新ニュース

H2A35号機、12日午後打ち上げ みちびき3号搭載(2017/8/10)

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は10日、GPS(全地球測位システム)の精度を高める測位衛星「みちびき3号」を載せたH2Aロケット35号機の打ち上げ時刻を12日午後1時40分と発表した。[続きを読む]

写真

  • 宮里藍さん
  • 撮影に使ったスマートフォン
  • 準天頂衛星「みちびき2号」を載せたH2Aロケット34号機が打ち上げられた=1日午前9時18分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センター
  • 上昇するH2Aロケット34号機=1日午前9時18分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センター、本社ヘリから、福岡亜純撮影
  • H2Aロケット34号機に取り付けられた人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のスタッフが手がけたロゴ=31日午後7時22分、鹿児島県南種子町、金子淳撮影
  • 打ち上げられ、上昇するH2Aロケット34号機=1日午前9時18分、鹿児島県南種子町の種子島宇宙センター、朝日新聞社ヘリから、福岡亜純撮影
  • ロケット組み立て棟から発射地点へ移動する準天頂衛星「みちびき2号」を載せたH2Aロケット34号機=31日午後7時21分、鹿児島県南種子町、金子淳撮影
  • 小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケット26号機の打ち上げ(2014年12月3日、JAXA提供)
  • 衛星みちびきをCGで
  • 公開された準天頂衛星「みちびき」2号機=5日、茨城県つくば市の宇宙機構筑波宇宙センター
  • 準天頂衛星「みちびき」2号・4号のCG
  • 「みちびき」2号機
  • スマートフォンを使って安否情報を入力する訓練の参加者=広川町広
  • 準天頂衛星「みちびき」を題材に粘土でアニメ作りに取り組む親子=東京・お台場の日本科学未来館
  • 木工ボンドやつまようじなどを使って模型を作った=横浜市磯子区のはまぎんこども宇宙科学館
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ