メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

準天頂衛星

  •  全地球測位システム(GPS)の精度を向上させる準天頂衛星「みちびき」は、2018年度から4機体制で運用されます。私たちの暮らしはどのように変わるのでしょうか。関連記事をピックアップしました。

写真・図版

自動運転、障害物すり抜けた 衛星「みちびき」活用 (2017/10/22)

準天頂衛星「みちびき」から受信する精度の高い位置情報を使った業界初の自動運転の様子を17日、三菱電機が公開した。常に日本の上空にある「みちびき」を使えば、位置情報の誤差が数センチにまで縮まる。政府がめざす自動運転の普及に向けた一歩となりそ…[続きを読む]

写真・図版

誤差6センチ、畑も自動で耕せる? 「みちびき」が成功 (2017/10/10)

「日本版GPS(全地球測位システム)」と呼ばれる準天頂衛星「みちびき」の4号機が10日、打ち上げられた。今回の成功によって、来年度から高い精度の位置測定サービスが始まる。どんな仕組みなのか。 みちびきは、位置情報サービスの精度を高めるため…[続きを読む]

青空を駆け上がるH2A、初の国産衛星「おおすみ」をうちあげたラムダロケット…。朝日新聞がこれまで撮りためた宇宙開発の写真や動画を集めました。宇宙開発黎明期の貴重な写真から迫力の空撮映像まで。人類の、宇宙への挑戦の記録です。

もっと知りたい

最新ニュース

写真・図版

北海道)高速道路の除雪支援システムを試験導入(2018/2/15)

 準天頂衛星「みちびき」から受信する高精度の位置情報を使った高速道路除雪車の運転支援システムを、NEXCO東日本北海道支社が試験導入した。省力化で熟練した作業員でなくても安全に除雪できるよう役立て、作…[続きを読む]

写真

  • 助手席のモニターで走行位置が確認でき、視界不良時でも白線に沿って走行できるという=岩見沢市の岩見沢IC
  • バス自動運転実証実験の関係者試乗会開始式でテープカットする松山政司科学技術政策担当相(中央)ら=3日、北中城村・イオンモール沖縄ライカム
  • 準天頂衛星「みちびき」の位置情報を受信し、無人で動くコンバイン=22日、京都府木津川市、井手さゆり撮影
  • 自動運転の試験をするバス=東京都千代田区
  • 自動運転の試験をするバス=東京都千代田区
  • 「日本版GPS」のしくみ
  • 「みちびき」の測位情報を使った自動運転のイメージ
  • コースを自動運転で走る三菱電機の実験車「xAUTO」
  • 迫力のロケット空撮動画
  • 報道機関向けに公開されたみちびき4号機=内閣府宇宙開発戦略推進事務局提供
  • 準天頂衛星「みちびき4号」を載せて打ち上げられたH2Aロケット36号機=10日午前7時1分、鹿児島県の種子島宇宙センター
  • 準天頂衛星「みちびき4号」を載せて打ち上げられたH2Aロケット36号機=10日午前7時1分、鹿児島県の種子島宇宙センター、金子淳撮影
  • 公開された準天頂衛星「みちびき」2号機=2017年4月5日、茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センター
  • 準天頂衛星「みちびき4号」を載せて打ち上げられたH2Aロケット36号機=10日午前7時1分、鹿児島県の種子島宇宙センター、金子淳撮影
  • ロケット組み立て棟から発射地点へ移動する準天頂衛星「みちびき4号」を載せたH2Aロケット36号機=9日午後7時2分から17分までの9枚を合成、鹿児島県南種子町、金子淳撮影
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ