メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 高血圧治療薬 不正問題(2014年02月19日 夕刊)

    ノバルティスが2000年から国内で販売する高血圧治療薬「ディオバン」について、02〜10年に京都府立医大、東京慈恵会医大、滋賀医大、千葉大、名古屋大の計5大学が臨床研究を実施。慈恵会医大と京都府立医大の論文は、ディオバンは他の高血圧治療薬と比べ、脳卒中や狭心症を防ぐ効果が高いと結論づけた。しかし昨春、これらの論文作成をめぐり、同社元社員の関与が発覚。京都府立医大、慈恵会医大、滋賀医大は、論文に不正や不適切なデータ操作があったとの調査結果を公表した。

  • ディオバンに関する論文不正問題(2014年02月20日 朝刊)

    ディオバンは、ノバルティスが2000年から国内で販売する高血圧治療薬。02〜10年に京都府立医大、東京慈恵会医大、滋賀医大、千葉大、名古屋大の計5大学が臨床研究を実施。京都府立医大と慈恵会医大の論文は、ディオバンが他の高血圧治療薬より、脳卒中や狭心症を防ぐ効果が高いと結論づけた。だが昨春、これらの論文作成で、ノバルティス元社員の関与が発覚。京都府立医大、慈恵会医大、滋賀医大は、論文に不正や不適切なデータ操作があったとの調査結果を公表した。

  • ディオバン臨床研究不正(2017年03月16日 朝刊)

    ノバルティスフゼマが2000年から国内で販売する高血圧治療薬「ディオバン」について、02〜10年に東京慈恵会医大、千葉大、滋賀医大、京都府立医大、名古屋大の計5大学が別の高血圧治療薬と効果を比較する臨床研究を実施。このうち、京都府立医大と慈恵会医大は、ディオバンを飲んだ患者のほうが別の薬を飲んだ患者よりも、脳卒中や狭心症の発症が少なかったと発表した。京都府立医大ではディオバンに有利になるようにデータが操作され、慈恵会医大では「データの人為的な操作」が指摘された。5大学すべての研究で同社の元社員が統計解析などに関与し、5大学には02〜12年の総額で約11億3千万円の奨学寄付金が同社から提供されていた。

最新ニュース

写真

  • 手術を終え、退院した女性(左から2人目)と山本孝講師(左)=滋賀医科大学提供
  • 京都府立医大の臨床研究の手続き
  • RFLを開催する滋賀医科大の実行委員会のメンバー=県庁
  • 朝日新聞の社員食堂ではプラス40円でご飯が大盛りにできます。試しに注文してみたところ、丼でご飯がやってきました・・・。カロリー表を見たら、1膳で504キロカロリー(驚)。食べきれず、半分を家に持ち帰りました
  • 滋賀医科大学の一杉正仁教授=大津市瀬田月輪町の滋賀医科大学
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】皮むきで料理が変わる!?

    使い分けたい傑作ピーラー

  • 【&TRAVEL】低カロリーご飯でリセット

    ハワイのカフェ×ヘルシー

  • 【&M】「ニッポンの宝島」〈PR〉

    掲載の紙面を太陽光にあてると

  • 【&w】駆け出しパパママ至福の習慣

    東京の家族写真〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

    「勇気の出る本を読みたい」

  • WEBRONZA英米のファーストレディーは

    公人か私人か…あり方を考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ