メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

漱石国際エッセーコンテスト

 夏目漱石没後百年を機に、日本語を母語としないみなさんから、「漱石とわたし」をテーマに日本語エッセーを募集した「漱石国際エッセーコンテスト」(朝日新聞社、岩波書店、国際交流基金、フェリス女学院大学主催)。72点の応募作品から入賞者が決まりました。

■最優秀賞

写真・図版

ステファニー・エリカ・チャベスさん「漱石とわたし」 (2016/10/26)

■漱石国際エッセーコンテスト最優秀賞 私の人生を決定づけた人物は漱石であるといってもよい。そして私は今、漱石の小説を読む前には想像もしなかった日々を生きている。 私と日本の出会いは、高校時代にさかのぼる。詩を書くことが好きだった私に、先生は…[続きを読む]

写真・図版

カナダから「坊っちゃん」 漱石好き女性、運命の赴任地(2016/10/30)

「漱石国際エッセーコンテスト」の最優秀賞に選ばれたステファニー・エリカ・チャベスさん(27)は、カナダ・トロント出身。昨年8月、英語指導助手として来日し、愛媛県立松山中央高校を拠点に四つの高校で働いている。 松山は漱石が英語教師として赴いた地であり、「坊っちゃん」の舞台だ。外国の青年を日…[続きを読む]

■優秀賞

■佳作

写真・図版

漱石国際エッセーコンテスト、姜尚中さんら選評 (2016/10/29)

■姜尚中さん「日本文学という壁を破る可能性」 審査を通じて漱石との出会いが、日本語を母語としない人々にとって日本語の世界へと誘う扉となっていることを改めて認識させられた。とりわけ、感銘深かったのは、カナダ出身のチャベスさんによるエッセーだ。…[続きを読む]

写真・図版

漱石エッセーコン、12月に授賞式 アンドロイドを公開 (2016/10/29)

漱石国際エッセーコンテストの授賞式は「夏目漱石国際シンポジウム」のプログラムの一つとして、最終日の12月10日に東京の有楽町朝日ホールで午後0時半から開かれる。授賞式では学校法人二松学舎(水戸英則理事長)が大阪大の石黒浩教授と製作、朝日新…[続きを読む]

漱石国際エッセー、入賞者決まる 最優秀はチャベスさん(2016/10/26)

夏目漱石の没後100年を機に、日本語を母語としない人から「漱石とわたし」をテーマに日本語エッセーを募集した「漱石国際エッセーコンテスト」(朝日新聞社、岩波書店、国際交流基金、フェリス女学院大学主催)の入賞者が決まった。72点の応募から、松…[続きを読む]

最新ニュース

写真・図版

(漱石 生誕150年)漱石と世界、響きあう 内外の研究者ら一堂 国際シンポジウム(2017/1/3)

 夏目漱石は世界をどう見ていたか、また世界で漱石はどう読まれているのか。漱石の没後100年の命日だった昨年12月9日をはさむ8~10日、横浜市内と東京都内で「夏目漱石国際シンポジウム」(朝日新聞社、岩…[続きを読む]

写真

  • 「夏目漱石国際シンポジウム」で講演する小森陽一氏=横浜市泉区、関田航撮影
  • 漱石国際エッセーコンテストで最優秀賞に選ばれ、あいさつするステファニー・エリカ・チャベスさん=10日午後、東京都千代田区、北村玲奈撮影
  • 完成披露された夏目漱石のアンドロイド=8日午後、東京都千代田区の二松学舎大
  • 完成披露された夏目漱石のアンドロイド=8日午後、東京都千代田区の二松学舎大、仙波理撮影
  • 夏目漱石ゆかりの展示品を見学するコンテストの入賞者=8日、横浜市内
  • 夏目漱石関連記事の案内役・猫の「マダニャイ」
  • ステファニー・エリカ・チャベスさん
  • ステファニー・エリカ・チャベスさん=吉川一樹撮影
  • 漱石の顔を再現するため、朝日新聞社所蔵のデスマスクをスキャンする=今年6月
  • 選考委員の姜尚中・熊本県立劇場館長=9月21日午前、東京・築地の朝日新聞社、林紗記撮影
  • ステファニー・エリカ・チャベスさん  
  • ステファニー・エリカ・チャベスさん
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】発見!激安型落ちプリンター

    プロが教える賢い買い方

  • 写真

    【&TRAVEL】快適な機内、驚きの静けさ

    ゆとりある空旅へ〈PR〉

  • 写真

    【&M】ラーメンはどこがおいしい?

    臼田あさ美さん迷わず「ここ」

  • 写真

    【&w】オープンしたての旬の店

    ワインバル・クルージング

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

    保守との対立の基本構図

  • 写真

    WEBRONZAみんなが嫌いな検査・評価

    常態化する検査不正の背景

  • 写真

    アエラスタイルマガジン靴と鞄は、大人の装いの要諦

    ピエール アルディの靴と鞄

  • 写真

    T JAPAN世界への警鐘を鳴らし続ける

    トレヴァー・パグレンのアート

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ