メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

無投票当選

関連キーワード

  • 市立岐阜商業高校の学校法人立命館への移管問題(2010年01月29日 夕刊)

    市岐阜商を廃止し、立命館の付属高を新設する計画は、2006年末に表面化。08年12月、市岐阜商の存続を求める請願が市議会で採択されたことを受け、細江市長は「民意を問う」として辞職し、出直し市長選にうって出た。反対派が候補者を擁立せず、細江氏は無投票当選したが、昨年3月の市議会で移管の白紙撤回を求める決議が22対21の賛成多数で可決され、移管計画は白紙撤回された。

  • 競輪場外車券売り場問題(2015年04月16日 朝刊)

    山野市長が、競輪場外車券売り場の設置をめざしていた業者と不透明なやり取りをしていたとされる問題。業者側のビル管理会社長と「市長当選後に調整に応じる」という念書を交わしていたことや、設置に同意する内容の文書に私印を押し署名していたことが一昨年3月に発覚。その際は議会で陳謝した。さらに昨年8月、市長の実績を評価・検討していた自民党金沢支部の会合の場で、場外車券売り場計画が立ち消えになった場合の代替案として、市のリサイクル施設を業者のビルに入居させる案を市長が示していたことも明るみに出た。議会から再び批判が噴出し、同月、市長は辞職した。山野氏は10月5日に投開票された出直し選で圧勝し、任期満了に伴う11月23日告示の市長選では無投票当選した。車券売り場計画は、地元住民からの反対意見もあり、実現しなかった。

最新ニュース

「町村総会」を検討する前に(2017/8/1)

大川村で再燃した「町村総会」の議論 2015年9月6日付産経新聞電子版によれば、四国山地の人口400人あまりの高知県大川村では、人口減少を受けて、議会に代わって「町村総会=キーワード」を設置しようとい[続きを読む]

無投票当選をコトバンクで調べる

写真

  • 高知県大川村は、山あいに集落が点在する
  • 上告趣意書を提出後、会見した岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長=16日、東京・霞が関
  • 高知県大川村の朝倉慧議長(右)が川上文人・議運委員長に諮問書を手渡した=15日、高知県大川村役場、堀内要明撮影
  • 伊江島(※資料写真、2015年撮影)
  • 無投票で初当選を決め、雪が舞う中で万歳三唱する岩倉光弘氏=南越前町東大道
  • 全国の現職首長の当選回数ランキング
  • 辻一幸町長=山梨県早川町
  • 3選が決まり、万歳をする五十嵐清隆氏=伊勢崎市連取町
  • 3選を喜ぶ吉村氏(中央)=山形市あこや町1丁目
  • 出陣式に集まった支持者と握手する候補者(左)=大分県姫島村(たすきの候補者の名前をぼかしています)
  • 地方議員の年金制度
  • 地方議員の年金制度

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ