メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

無投票

関連キーワード

  • 鳴沢村長選の連続無投票(2012年02月22日 朝刊)

    1984年から8期連続で無投票が続いている。最後に投票があった80年の村長選は小学校の同級生同士の新顔2人が争った。投票率は99・16%。27票差の激戦となり、村が二分された。

  • 党員・サポーター投票制度(2008年07月03日 朝刊)

    代表選は、国会議員が1人2ポイント、地方議員に計100ポイント分が割り当てられるほか、党員・サポーター投票で全国300小選挙区に1ポイントずつが割り振られる。公認内定者は1人1ポイントになる見通し。党員・サポーター分が全体の3分の1を占め、代表選の行方を左右する。党員・サポーター投票は02年以降は行われていない。その後、2度あった任期満了時は代表が無投票再選し、代表が途中辞任した際は両院議員総会で新代表が選ばれた。党員は党費6千円、サポーターは会費2千円を毎年支払う。党員・サポーター登録は毎年5月末で締め切られ、今年は約27万人が登録した。

  • 自民党総裁選(2015年12月19日 朝刊)

    立候補には20人の国会議員を推薦人として集める必要がある。野田氏は立候補をめざしたが、9月8日の告示日までに推薦人を集められず、断念。安倍首相が2001年8月の小泉純一郎元首相以来、約14年ぶりの無投票で再選した。総裁任期は3年。

最新ニュース

栃木)塩谷町議選、異例の激戦予想 定数倍近くが出馬?(2017/3/23)

 4月11日告示、16日投開票の塩谷町議選の立候補予定者説明会が22日あり、定数12の倍近い22陣営が出席した。地方議員のなり手が不足し無投票当選も相次ぐ中で、異例の激戦が予想される。同町が抱える指定[続きを読む]

無投票をコトバンクで調べる

写真

  • 自民党大会で万歳三唱する安倍晋三総裁ら=岩下毅撮影
  • 全町民の避難が続く福島県双葉町の商店街。町域の96%が帰還困難区域となり、許可がなければ入れない。崩れた建物は放置されたままだ=2月9日、双葉町新山、金居達朗撮影
  • 全町民の避難が続く福島県双葉町の商店街。町域の96%が帰還困難区域となり、許可がなければ入れない。崩れた建物は放置されたままだ=2月9日、双葉町新山、金居達朗撮影
  • 伊江島(※資料写真、2015年撮影)
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&M】亡き父に思いをはせた旅

    東出昌大さんの「私の一枚」

  • 【&w】若いときから経験を〈PR〉

    ユナイテッドアローズ 重松理

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZAWキャスト、嫉妬心はない

    『王家の紋章』の平方元基

  • 写真

    ハフポスト日本版 「笑ワレテ 笑ワレテ ツヨクナル」

    イチローの個性的なTシャツ集

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ