メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

無投票

関連キーワード

  • 鳴沢村長選の連続無投票(2012年02月22日 朝刊)

    1984年から8期連続で無投票が続いている。最後に投票があった80年の村長選は小学校の同級生同士の新顔2人が争った。投票率は99・16%。27票差の激戦となり、村が二分された。

  • 党員・サポーター投票制度(2008年07月03日 朝刊)

    代表選は、国会議員が1人2ポイント、地方議員に計100ポイント分が割り当てられるほか、党員・サポーター投票で全国300小選挙区に1ポイントずつが割り振られる。公認内定者は1人1ポイントになる見通し。党員・サポーター分が全体の3分の1を占め、代表選の行方を左右する。党員・サポーター投票は02年以降は行われていない。その後、2度あった任期満了時は代表が無投票再選し、代表が途中辞任した際は両院議員総会で新代表が選ばれた。党員は党費6千円、サポーターは会費2千円を毎年支払う。党員・サポーター登録は毎年5月末で締め切られ、今年は約27万人が登録した。

  • 自民党総裁選(2015年12月19日 朝刊)

    立候補には20人の国会議員を推薦人として集める必要がある。野田氏は立候補をめざしたが、9月8日の告示日までに推薦人を集められず、断念。安倍首相が2001年8月の小泉純一郎元首相以来、約14年ぶりの無投票で再選した。総裁任期は3年。

最新ニュース

写真・図版

吉賀町長選/岩本氏 無投票初当選(2017/10/18)

◆町議選は13人立つ◆ 吉賀町長選と町議選(定数12)が17日告示された。町長選は無所属新顔で前副町長の岩本一巳氏(57)以外に立候補の届け出がなく、岩本氏の無投票での初当選が決まった。町議選には1…[続きを読む]

無投票をコトバンクで調べる

写真

  •   
  • 無投票で3選を果たし、花束を受けた黒田成彦氏=平戸市浦の町
  • 右から届け出順
  • 再選を祝う花束を受け取る永松悟氏=杵築市杵築の事務所前で
  • 衆院選で使われるのと同じ投票箱に票を投じる生徒=松江市菅田町
  • 投票を呼びかけるアナウンスの練習をする武生東高校放送部の生徒たち。左から藪下諒人さん、谷口伊織さん、塚本優希さん、藤田敬己さん=越前市北町の県立武生東高校
  • 24日午後8時50分すぎ、開票が始まった=玄海町役場
  • 無投票で再選し、あいさつをする並河健氏=天理市川原城町
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ