メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

熊本市

関連キーワード

  • 熊本市議の政務調査費(2010年03月27日 朝刊)

    市議1人月額20万円。市が年2回に分けて支出している。余った調査費は年度末に返還するよう条例で定められている。08年度からは、収支報告書を提出する際、領収書の添付が義務付けられた。

  • 熊本市オンブズマン(2012年02月21日 朝刊)

    熊本市が設置した、行政や職員への市民らの苦情や異議申し立てに対する調査機関。扱う対象は原則1年以内に起きたことで、自らの利害に関わるもの。オンブズマンが直接、担当部署などを調べ、判断する。結果は申立人と市の双方に通知され、必要に応じて勧告なども。これまでの申し立て63件のうち約7割が調査対象という。初代オンブズマンは、原田卓弁護士と吉田勇・熊本大名誉教授の2人。問い合わせは事務局(096・328・2916)へ。

  • 陸上自衛隊西部方面隊(2011年08月19日 朝刊)

    全国に五つある方面隊の一つ。九州・沖縄地域を担い、全体で約2万7千人の自衛官を擁する。熊本市東町1丁目の健軍駐屯地に総監部があり、北部九州4県を担当する第4師団(福岡県春日市)、南部九州3県の第8師団(熊本市)、第15旅団(那覇市)などを統率。国防の焦点が北方から西方にシフトするなか、離島防衛のあり方にも注目が集まっている。

最新ニュース

熊本県内初となる、ドローンの導入相談と飛行訓練が可能な”熊本ドローンフライトラボ(β)”をプレオープン。オープン記念に、ドローン導入無料セミナーを開催!(2018/4/25)

リリース発行企業:⌘-d屋内訓練施設で、熊本県内でのドローン利活用を後押し株式会社コマンドディー(所在地:熊本県熊本市、代表:稲田悠樹)は、2018年5月2日、熊本県内で初となる…[続きを読む]

熊本市をコトバンクで調べる

写真

  • 捨てられて死亡する赤ちゃんと母親をどうすれば救えるのか。通訳を交え、国を超えた活発な議論が交わされた=熊本市、大久保真紀撮影
  • 今年2月に会社を立ち上げた堀川桃子さんは、経営などの本も読むようにしている=熊本県宇土市
  • 六郷満山開山1300年を記念して発行されるフレーム切手=日本郵便九州支社提供
  • 親子3人の流れ作業でニコニコ饅頭を作っていく=南阿蘇村立野
  • 川の土手に咲くシバザクラ。後方が外輪山=阿蘇市狩尾
  • 石垣を公開するための安全対策の例
  • 熊本地震から2年が過ぎた熊本城。天守へ向かう通路に崩れ落ちたままの石垣を、観光客が次々と写真におさめていた=21日、熊本市
  • 熊本城の復旧と進化
  • 陸上自衛隊第8師団長の前を行進する16式機動戦闘車=熊本市北区八景水谷2丁目
  • 鳥文斎栄之の「桜下美人逍遙(しょうよう)図」=茨城県天心記念五浦美術館提供
  • 能面がずらりと並ぶ展示会場=八代市立博物館
  • 構想ノートを見ながら話をする監修者の池田由里子さん(右)と久保田好正さん=名古屋市東区
  • 川に入って水生昆虫を探す子どもたち=八代市坂本町の百済来川遊水公園
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ