メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

熊本市

関連キーワード

  • 熊本市議の政務調査費(2010年03月27日 朝刊)

    市議1人月額20万円。市が年2回に分けて支出している。余った調査費は年度末に返還するよう条例で定められている。08年度からは、収支報告書を提出する際、領収書の添付が義務付けられた。

  • 熊本市オンブズマン(2012年02月21日 朝刊)

    熊本市が設置した、行政や職員への市民らの苦情や異議申し立てに対する調査機関。扱う対象は原則1年以内に起きたことで、自らの利害に関わるもの。オンブズマンが直接、担当部署などを調べ、判断する。結果は申立人と市の双方に通知され、必要に応じて勧告なども。これまでの申し立て63件のうち約7割が調査対象という。初代オンブズマンは、原田卓弁護士と吉田勇・熊本大名誉教授の2人。問い合わせは事務局(096・328・2916)へ。

  • 陸上自衛隊西部方面隊(2011年08月19日 朝刊)

    全国に五つある方面隊の一つ。九州・沖縄地域を担い、全体で約2万7千人の自衛官を擁する。熊本市東町1丁目の健軍駐屯地に総監部があり、北部九州4県を担当する第4師団(福岡県春日市)、南部九州3県の第8師団(熊本市)、第15旅団(那覇市)などを統率。国防の焦点が北方から西方にシフトするなか、離島防衛のあり方にも注目が集まっている。

最新ニュース

小型機が胴体着陸 大学訓練機、3人乗り 長崎(2017/6/29)

 長崎空港(長崎県大村市)で29日午前10時半ごろ、小型機が胴体着陸し、滑走路に停止していると、地元の消防に連絡が入った。国土交通省長崎空港事務所によると、小型機は崇城大(熊本市)の訓練機。消防などに[続きを読む]

熊本市をコトバンクで調べる

写真

  • 胴体着陸し、滑走路に停止した小型機=29日午後0時9分、長崎県大村市の長崎空港、本社ヘリから、河合真人撮影
  • 胴体着陸し、滑走路に停止した小型機=29日午後0時9分、長崎県大村市の長崎空港、朝日新聞社ヘリから、河合真人撮影
  • 政府と県側との意見交換会であいさつする松本純防災担当相=熊本市中央区の熊本テルサ
  • 浅井伸治さんの提供した魚介類を食べる子どもたち=熊本市西区
  • 開花した大賀ハス=吉野ケ里歴史公園
  • 藤沼湖畔の広場で地元住民らが奇跡のアジサイの苗を植えた=25日午前、福島県須賀川市、福留庸友撮影
  • 第11回大会で優勝した平野翔大アマ名人。挑戦者に名乗りを上げるのは誰か=2016年7月3日、東京・市ケ谷の日本棋院
  • もっこの使い方を伝える「アンバサダー」養成講座。5都県から13人が集まった=5月17日、東京都港区
  • 倒木が直撃した乗用車。屋根が大きくへこみ、フロントガラスが割れていた=26日午前11時2分、熊本市東区東町3丁目、杉山歩撮影
  • 訓練で発射準備を整えるPAC3。模擬弾を入れた発射機を空へ向けた=26日午前6時27分、熊本市北区八景水谷2丁目、田中久稔撮影
  • もっこの使い方を伝える「アンバサダー」養成講座。5都県から13人が集まった=5月17日、東京都港区
  • 約200点の作品が並ぶ会場=周南市
  • もっこの使い方を伝える「アンバサダー」養成講座。5都県から13人が集まった=5月17日、東京都港区
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ