メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

熊本市

関連キーワード

  • 熊本市議の政務調査費(2010年03月27日 朝刊)

    市議1人月額20万円。市が年2回に分けて支出している。余った調査費は年度末に返還するよう条例で定められている。08年度からは、収支報告書を提出する際、領収書の添付が義務付けられた。

  • 熊本市オンブズマン(2012年02月21日 朝刊)

    熊本市が設置した、行政や職員への市民らの苦情や異議申し立てに対する調査機関。扱う対象は原則1年以内に起きたことで、自らの利害に関わるもの。オンブズマンが直接、担当部署などを調べ、判断する。結果は申立人と市の双方に通知され、必要に応じて勧告なども。これまでの申し立て63件のうち約7割が調査対象という。初代オンブズマンは、原田卓弁護士と吉田勇・熊本大名誉教授の2人。問い合わせは事務局(096・328・2916)へ。

  • 陸上自衛隊西部方面隊(2011年08月19日 朝刊)

    全国に五つある方面隊の一つ。九州・沖縄地域を担い、全体で約2万7千人の自衛官を擁する。熊本市東町1丁目の健軍駐屯地に総監部があり、北部九州4県を担当する第4師団(福岡県春日市)、南部九州3県の第8師団(熊本市)、第15旅団(那覇市)などを統率。国防の焦点が北方から西方にシフトするなか、離島防衛のあり方にも注目が集まっている。

最新ニュース

写真・図版

石牟礼作品で語り継ぐ水俣病(2018/2/24)

 熊本県水俣市明神町の水俣病情報センターで18日、水俣病を語り継ぐ朗読会があった。発表した15人のうち6人が、10日に亡くなった作家の石牟礼道子さんが残した作品を読んだ。 熊本県菊陽町の高添直美さんは…[続きを読む]

写真

  • 会場に飾られた石牟礼道子さんの遺影=熊本県水俣市明神町の水俣病情報センター
  • 缶バッジを手渡した上天草・湯島小の姫野君(右)。小野君(左)の手をしっかり握りしめ、再会を喜んだ=東京都文京区
  • インタビューに答える野田聖子総務相=16日、東京都千代田区、池田良撮影
  • 蒲島郁夫知事、くまモンと記念撮影する八名信夫さん=県庁
  • 避難訓練で、猛獣のおりに施錠をして避難する飼育員たち=高知市桟橋通6丁目のわんぱーくこうちアニマルランド
  • 樅木英介さん  
  • 教室で出店企業のホームページ作りなどに取り組む生徒=愛知県津島市
  • 大西一史市長の応接室から工事中の熊本城のシルエットが見える=1月、熊本市役所
  • 賛成で起立する2人の議員。右奥の前列3人は正副管理者の市長たち=宇佐市議場
  • 2017年度と2018年度一般会計予算の比較
  • 沿道で両親に会い、笑顔を見せる小薗さん=熊本市中央区南熊本3丁目
  • 本格的なコース料理と車窓の眺めを楽しめる「おれんじ食堂」の車内
  • 沿道で両親に会い、笑顔を見せる小薗さん=熊本市中央区南熊本3丁目
  • 石牟礼さんの代表作「苦海浄土」など約20冊が置かれている追悼コーナー=塩尻市立図書館
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ