メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

熊谷市

関連キーワード

  • 熊谷4人殺傷事件(2004年02月19日 夕刊)

    03年8月18日、埼玉県熊谷市のアパートで飲食店員鈴木秀明さん(当時28)が刺殺され、同じアパートの女性3人が拉致されて菅藤藍さん(同21)が殺害され、2人が重傷を負った。尾形英紀被告(26)と、当時16歳だった無職少女、同じく15歳だった無職少年=中等少年院送致=が逮捕された。検察側によると、少女から鈴木さんとのトラブルを相談された尾形被告が、鈴木さんを殺害した上、現場で姿を見られたことなどから3女性も殺そうとし、少女も「やろう」とけしかけ、見張り役を務めたとされる。

  • 熊谷次郎直実(2012年03月19日 朝刊)

    源平合戦で一騎当千とされる勇将。現熊谷市に領地を持ち、市内の熊谷(ゆうこく)寺に墓がある。「人間五十年、下天(げてん)のうちをくらぶれば、夢幻の如くなり——」と戦の世の無常を詠んだ。後に織田信長が詠んだことで有名。晩年は出家し、法然の弟子となった。

  • 熊谷6人殺害事件(2016年07月01日 朝刊)

    熊谷市で昨年9月14〜16日、民家3軒で6人が殺害され、ペルー国籍の男(30)が強盗殺人罪などで起訴された。1軒目の事件の後、男が逃走していたにもかかわらず、防災無線が活用されず、住民への注意喚起もなかったとして、県警への批判が強まった。これを教訓に、県警は警察署、自治体、自治会が協定を結んで情報共有・発信を図ることを「熊谷モデル」と名付け、締結を進めてきた。

最新ニュース

熊谷市の防災行政無線の放送内容をJ:COMの「防災情報サービス」で12月1日から配信開始 サービス提供に向けて本日調印式を実施(2017/10/16)

リリース発行企業:J:COM熊谷市(市長:富岡 清)と、株式会社ジェイコム北関東 熊谷・深谷局(J:COM 熊谷・深谷、所在地:埼玉県熊谷市、局長 湯沢 光一郎)は、12月1日から熊谷市が市民の皆さま…[続きを読む]

写真

  • 売り出される「足袋×たびきっぷ」(見本)=行田市役所
  • 吉川市教委が作った小学生向けのリーフレット「大沢雄一物語」
  • 女子埴輪(東松山市 代正寺遺跡・古墳時代)
  • 車両基地を公開@昭和島
  • 鈴木涼太さん
  • JR熊谷駅でチラシを配り、ひき逃げ事件の情報提供を呼びかける警察官ら=熊谷市
  • 一般公開されたラグビーW杯の優勝トロフィー「ウェブ・エリス・カップ」=熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
  • 展覧会の最後に、見学者を見送る金子兜太さんの肖像写真と自筆の「ありがとう」の色紙
  • 第40回の選抜大会に初出場で初優勝した大宮工監督の山崎小二郎=1968年
  • 噴水近くで散歩する親子=さいたま市浦和区
  • O157食中毒の原因とみられる食品の流れ
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ