メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

熱中症ご用心

熱中症対策

勤務中、熱中症死リスク会員の方は全文読めます

 勤務中に熱中症で死亡した人が昨年までの5年間に124人にのぼることが厚生労働省のまとめで分かった。暑さに慣れていない作業初日や2日目の発症が多く、糖尿病など疾患のある人も4割と目立つ。4割が単独作業中で、発見の遅れもリスクを高めていた…[続きを読む]

関連キーワード

  • 熱中症(2015年07月24日 夕刊)

    高温多湿のところに長時間いることで徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもって発症する。めまい、手足のしびれ、頭痛、吐き気などが起きる。多臓器不全を起こして死に至る恐れもある。

  • 園児熱中症死事件(2007年10月28日 朝刊)

    北九州市の認可外保育所「中井保育園」(A代表、24日に廃園)で7月27日、園児の浜崎暖人(はると)ちゃん(当時2)が送迎車内に約3時間半置き去りにされ熱射病とみられる症状で死亡した。保育士らは園児の人数確認を怠ったほか、園児の傷害保険に加入していないなどずさんな安全管理も発覚。福岡県警は業務上過失致死容疑で捜査している。

  • 暑さ指数(2011年07月03日 朝刊)

    気温、湿度に、赤外線など体に当たる熱線(放射熱)を加味して数値化したもの。日本生気象学会の指針では、25以上で熱中症の警戒が必要となり、28以上は「外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意」、31以上は「高齢者なら安静状態でも熱中症を発症する危険性が大きい」。環境省は「熱中症予防情報サイト」(http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke/)で全国約150カ所の実測値や予測値を掲載し、1時間ごとに更新している。

最新ニュース

居眠り運転検知、乳牛にも 着衣型ウェアラブル端末続々(2017/1/13)

 繊維大手の東洋紡と医療機器を手がけるユニオンツールは11日、運転中の居眠りを検知してアラームを鳴らす肌着を開発し、年内にも売り出すと発表した。バスやタクシーなどの運転手が着ることで、事故を防いでもら[続きを読む]

写真

  • 東洋紡がユニオンツールと共同開発した、居眠り運転を検知できるウェアラブル=東洋紡提供
  • 東洋紡がユニオンツールと共同開発した、居眠り運転を検知できるウェアラブル=東洋紡提供
  • 東洋紡がユニオンツールと共同開発した、居眠り運転を検知できるウェアラブル=東洋紡提供
  • 群馬県健康づくり推進連携協定を締結し、記念撮影する関係者=群馬県庁
  • 北芝隆晴さんの遺影を置き、提訴への思いを語る母の嘉代子さん(中央)=21日午後2時6分、神戸市中央区
  • 関学大OL・井若大知

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】素材と色で選ぶ冬小物

    冬こそ暖色系でコーディネート

  • 【&TRAVEL】いくらあれば旅に出られる?

    おとな女子のひとり旅

  • 【&M】ヴィッツにハイブリッド登場

    燃費は34.4km/リッター

  • 【&w】三國シェフ、2冊の復刻本

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コム幸せって何だっけ?

    宮田珠己が本を読んで考える

  • WEBRONZA出版不況はAmazon不況?

    硬派な本が生き残る条件

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ