メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

熱中症ご用心

熱中症対策

勤務中、熱中症死リスク会員の方は全文読めます

 勤務中に熱中症で死亡した人が昨年までの5年間に124人にのぼることが厚生労働省のまとめで分かった。暑さに慣れていない作業初日や2日目の発症が多く、糖尿病など疾患のある人も4割と目立つ。4割が単独作業中で、発見の遅れもリスクを高めていた…[続きを読む]

関連キーワード

  • 熱中症(2015年07月24日 夕刊)

    高温多湿のところに長時間いることで徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもって発症する。めまい、手足のしびれ、頭痛、吐き気などが起きる。多臓器不全を起こして死に至る恐れもある。

  • 園児熱中症死事件(2007年10月28日 朝刊)

    北九州市の認可外保育所「中井保育園」(A代表、24日に廃園)で7月27日、園児の浜崎暖人(はると)ちゃん(当時2)が送迎車内に約3時間半置き去りにされ熱射病とみられる症状で死亡した。保育士らは園児の人数確認を怠ったほか、園児の傷害保険に加入していないなどずさんな安全管理も発覚。福岡県警は業務上過失致死容疑で捜査している。

  • 暑さ指数(2011年07月03日 朝刊)

    気温、湿度に、赤外線など体に当たる熱線(放射熱)を加味して数値化したもの。日本生気象学会の指針では、25以上で熱中症の警戒が必要となり、28以上は「外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意」、31以上は「高齢者なら安静状態でも熱中症を発症する危険性が大きい」。環境省は「熱中症予防情報サイト」(http://www.nies.go.jp/health/HeatStroke/)で全国約150カ所の実測値や予測値を掲載し、1時間ごとに更新している。

最新ニュース

写真

  • イラストを使った漫才で、カーボンオフセットの仕組みを説明するランダムハンターの2人=徳島市中通町3丁目
  • 心電図を測る寺田研究室の学生たち。機器の小型化や精度向上のために実験を重ねる=埼玉県川越市の東洋大理工学部
  • イヤホン状の外耳道内圧測定装置をつけて脈拍数を測定する寺田信幸教授。ノイズが入るので測定中は安静にする必要がある=埼玉県川越市の東洋大理工学部
  • イヤホン状の外耳道内圧測定装置をつけて脈拍数を測定する寺田信幸教授。ノイズが入るので測定中は安静にする必要がある=埼玉県川越市の東洋大理工学部
  • 柔道重大事故/大外刈り/大外刈りの受け身の練習方法
  • ジルの室内機は収納庫と同じ仕上げのキャビネット内に。一瞬どこに室内機があるのか分からないほど。防音効果もあって、騒音面でも有利?
  • レバーの下処理など調理のポイントの実演解説もありました。
  • リオ五輪の陸上競技・日本代表選手の名前が記された記念皿を石井隆一知事(右)に贈る谷井孝行選手=県庁

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】宙舞う「自在龍」を見よ!

    てんらん・はくらん

  • 【&TRAVEL】一保堂茶舗・村上開新堂

    京都寺町通で老舗を巡る

  • 【&M】フィアット500ジェニオ

    日本のためだけの特別限定車

  • 【&w】戦前、女子大生だった祖母へ

    花のない花屋

  • ブック・アサヒ・コム広島カープの「物語」

    優勝の特徴をひもとく本

  • WEBRONZAノーベル賞、今年も当てます

    WEBRONZA恒例! 直前予想

  • 写真

    ハフポスト日本版 巨大ダコと戯れる美女

    「触手大好き」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ