メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

特別養子縁組

関連キーワード

  • 特別養子縁組(2017年07月14日 朝刊)

    生みの親が育てられない子どもと、血縁関係のない夫婦が家庭裁判所の判断で法的に親子になる制度。親となる人の年齢以下であれば縁組できる普通養子縁組と違って相続などの生みの親との法的関係が消え、戸籍上も実子と同じ扱いになる。

  • 特別養子縁組のあっせん事業(2014年05月21日 朝刊)

    特別養子縁組は、生みの親が育てることが著しく難しい原則6歳未満の子どもが対象。縁組が成立すれば、戸籍に育て親の実子として記載される。2012年には計339件の特別養子縁組が成立。多くは児童相談所か民間事業者のあっせんを受けた。民間事業者は都道府県への届け出が必要で、厚労省の調べでは、社会福祉法人や宗教法人など計15事業者(11年度)。子どもを育てられない生みの親側と育て親を希望する側の双方から電話やメールで相談を受け、子どもを託す相手を決めるケースが目立つ。

  • 里親制度と特別養子縁組(2015年06月07日 朝刊)

    里親制度とは、保護が必要な子どもを別の家庭に委託し、家族の一員として育てる制度。虐待を受けた子や障害のある子など、特別な支援が必要な子を預かる専門里親や、養子縁組を前提とする養子縁組里親などがある。特別養子縁組は、原則6歳未満の子どもが対象。半年以上の試験養育後、家庭裁判所の審判を経て、育ての親の戸籍に記載され、実親との法律上の親子関係はなくなる。

最新ニュース

里親増やし 支えるには 「就学前75%委託」 国が新目標(2017/8/9)

 虐待を受けるなどして親元で暮らせない子どもを社会で育てる「社会的養護」は、より家庭的な環境が望ましいとされています。その役割を主に期待されているのが里親で、厚生労働省は担い手を大幅に増やすための新目[続きを読む]

写真

  • 子どもたちと遊ぶ広瀬さん=千葉県君津市の「ひろせホーム」、畑山敦子撮影
  • 社会的養護の新たな目標
  • 基調講演する蓮田太二理事長=熊本市中央区手取本町
  • シンポジウムで話す蓮田太二理事長(左)=熊本市中央区手取本町
  • 自宅で出産し、救急隊員がへその緒を切った女性と赤ちゃんの親子関係を証明するために提出した診断書などの書類(一部加工しています)
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ