メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

特別養子縁組

関連キーワード

  • 特別養子縁組(2017年09月07日 朝刊)

    実父母が育てられない原則6歳未満の子どもと、子どもが欲しい別の夫婦が縁組し、戸籍上の親子になる制度。夫婦が家庭裁判所に申し立て、6カ月以上の試験養育期間後、家裁の審判で成立する。実父母は親権を失う。2015年までの10年間で3804件成立した。

  • 特別養子縁組(2017年07月14日 朝刊)

    生みの親が育てられない子どもと、血縁関係のない夫婦が家庭裁判所の判断で法的に親子になる制度。親となる人の年齢以下であれば縁組できる普通養子縁組と違って相続などの生みの親との法的関係が消え、戸籍上も実子と同じ扱いになる。

  • 特別養子縁組のあっせん事業(2014年05月21日 朝刊)

    特別養子縁組は、生みの親が育てることが著しく難しい原則6歳未満の子どもが対象。縁組が成立すれば、戸籍に育て親の実子として記載される。2012年には計339件の特別養子縁組が成立。多くは児童相談所か民間事業者のあっせんを受けた。民間事業者は都道府県への届け出が必要で、厚労省の調べでは、社会福祉法人や宗教法人など計15事業者(11年度)。子どもを育てられない生みの親側と育て親を希望する側の双方から電話やメールで相談を受け、子どもを託す相手を決めるケースが目立つ。

最新ニュース

ニュースでQ(2018/2/2)

 最近のニュースからのクイズです。Q1の( )はウナギの稚魚。Q2の( )は熊本市の病院が導入を検討している、匿名で出産できる仕組みです。 Q1 高値で取引される( )が暴力団の資金源になっているとみ…[続きを読む]

写真

  • 子どもたちの相談に乗る活動を続ける石坂好恵さん。「一人じゃないよ」と伝える=17年12月、長野市、仙波理撮影
  • 子どもたちの相談に乗る活動を続ける石坂好恵さん。「一人じゃないよ」と伝える=17年12月、長野市、仙波理撮影
  • 内密出産の仕組み
  • 「社会で子育て」参加するには
  • 「社会で子育て」参加するには
  • 「社会で子育て」参加するには
  • 予期せぬ妊娠、しないために
  • 予期せぬ妊娠、しないために
  • 予期せぬ妊娠、しないために
  • 「こうのとりのゆりかご」に預けられた人数と慈恵病院への相談件数の推移
  • 「こうのとりのゆりかご」に預けられた人数と慈恵病院への相談件数の推移
  • 「内密出産」導入を検討する慈恵病院=熊本市、山田佳奈撮影
  • 慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」。インターホンつきの看板で、直前まで相談を呼びかけている。左の扉を開け、さらに引き戸を開けると、ベッドがある=熊本市の慈恵病院
  • 慈恵病院の「こうのとりのゆりかご」。インターホンつきの看板で、直前まで相談を呼びかけている。左の扉を開け、さらに引き戸を開けると、ベッドがある=熊本市の慈恵病院
  •   
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ