メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 放射性物質汚染対処特措法(2013年03月22日 朝刊)

    東電福島第一原発事故による放射性物質の汚染地域の除染作業に関する手続きを定めた。東電の負担義務を明記し、「費用の請求があった時は速やかに支払うよう努めなければならない」と規定したが、請求範囲の詳細は定めていない。

  • インド洋での給油活動(2008年10月19日 朝刊)

    01年9月の米同時多発テロを受け、翌月成立したテロ対策特措法に基づき、海上自衛隊がインド洋で米英などの艦船に対して給油を行った。同法は07年11月に期限が切れたが、08年1月に補給支援特措法が成立し、給油が再開された。防衛省によると、12カ国に対し、01年12月〜08年9月に計847回実施され、計約49万9500キロリットル(計235億5千万円相当)の燃料を補給してきた。

  • 非戦闘地域(2015年05月24日 朝刊)

    現に戦闘行為が行われておらず、活動の期間を通じて戦闘行為が行われることがないと認められる地域のこと。アフガン戦争の際の給油活動やイラクでの給水活動などで、自衛隊が他国軍の後方支援をするために、それが可能な地域として特別措置法で定められた。政府は特措法を作る際に、後方支援であっても他国軍の軍事行動と一体と見なされると、憲法が禁じる海外での武力行使に当たる可能性があるので、それを区別するために地域を分けた。しかし、安保法制では、非戦闘地域の概念はなくなり、現に戦闘行為が行われている現場以外なら自衛隊が活動できるとした。

最新ニュース

相談に訪れた市民(左)から話を聞くB型肝炎訴訟北海道弁護団の弁護士=旭川市

B型肝炎訴訟 未発症者も早期の提訴を 和解から5年(2016/07/25)

 集団予防接種をめぐるB型肝炎訴訟で、国と原告が和解の基本合意をしてから6月で5年がたった。感染した被害者には給付金が支給されるが、その前提となる国を相手取っての提訴は進んでいない。肝がんや肝硬変を発[続きを読む]

特措法をコトバンクで調べる

写真

  • 相談に訪れた市民(左)から話を聞くB型肝炎訴訟北海道弁護団の弁護士=旭川市
  • 「クイズダービー」で司会を務める大橋巨泉さん=TBS提供
  • 大橋巨泉さんの歩み
  • 択捉島のロシア人住民の子どもたちと交流する芦崎未帆さん(右)。祖父は歯舞群島出身=7月2日、択捉島紗那
  • 映像作品「兵士A」について話す七尾旅人=4日、東京都港区、竹花徹朗撮影
  • 独立調査委員会の調査結果について話すジョン・チルコット委員長=6日、AFP時事
  • 択捉島中心部で整備が進む住宅街
  • 名古屋市が2014年に設置した「民間戦災傷害者の碑」を見る杉山千佐子さん。全傷連の運動経緯も紹介する異例の碑だ=2015年7月31日、名古屋市千種区の千種公園、小川智撮影
  • シェルターの2段ベッドの相部屋で暮らす男性(62)。住み込みの仕事を失い、路上生活も経験したという=3月、静岡県富士市の「富士POPOLOハウス」
  • 新潟地裁の判決で、原告9人中7人の請求を認めたことを知らせる紙を持つ弁護団の弁護士=30日午後3時すぎ、新潟市中央区、川村貴大撮影
  • 原告女性は手先がしびれる感覚に悩まされている
  • 水俣病の経緯
  • 自民党の伊藤忠彦衆院議員(左)のパーティーで壇上に上がり、両手を掲げる公明党の里見隆治氏=14日、名古屋市中区、細川卓撮影
  • 県の主な要望/成立した補正予算の内訳
  • 西川成代さん=大阪市中央区

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】作者・声優・落語家が語る

    続昭和元禄落語心中こぼれ話

  • 【&TRAVEL】吉川ひなのリアルライフ

    「ハワイエキスポ」〈PR〉

  • 【&M】1週間出待ちして入門を直訴

    春風亭一之輔さんの「私の一枚」

  • 【&w】離婚。味覚をなくした末に

    東京の台所

  • ブック・アサヒ・コム中澤佑二のコミック履歴書

    好きだったのは「オフサイド」

  • WEBRONZA銃撃事件が連鎖、米国の深層

    せめぎ合うアイデンティティー

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ