メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

特措法

関連キーワード

  • 放射性物質汚染対処特措法(2013年03月22日 朝刊)

    東電福島第一原発事故による放射性物質の汚染地域の除染作業に関する手続きを定めた。東電の負担義務を明記し、「費用の請求があった時は速やかに支払うよう努めなければならない」と規定したが、請求範囲の詳細は定めていない。

  • インド洋での給油活動(2008年10月19日 朝刊)

    01年9月の米同時多発テロを受け、翌月成立したテロ対策特措法に基づき、海上自衛隊がインド洋で米英などの艦船に対して給油を行った。同法は07年11月に期限が切れたが、08年1月に補給支援特措法が成立し、給油が再開された。防衛省によると、12カ国に対し、01年12月〜08年9月に計847回実施され、計約49万9500キロリットル(計235億5千万円相当)の燃料を補給してきた。

  • 非戦闘地域(2015年05月24日 朝刊)

    現に戦闘行為が行われておらず、活動の期間を通じて戦闘行為が行われることがないと認められる地域のこと。アフガン戦争の際の給油活動やイラクでの給水活動などで、自衛隊が他国軍の後方支援をするために、それが可能な地域として特別措置法で定められた。政府は特措法を作る際に、後方支援であっても他国軍の軍事行動と一体と見なされると、憲法が禁じる海外での武力行使に当たる可能性があるので、それを区別するために地域を分けた。しかし、安保法制では、非戦闘地域の概念はなくなり、現に戦闘行為が行われている現場以外なら自衛隊が活動できるとした。

最新ニュース

大学生が改修した空き家を活用して、横須賀・追浜地区で地域交流会を開催します。三浦半島でとれた新鮮な魚介類を使った料理も振る舞います。(2017/10/23)

関東学院大学(本部:横浜市金沢区 学長:規矩大義)は、10月31日(火)に神奈川県横須賀市の追浜地区で、学生が改修した空き家を活用して地域交流会を開催します。 関東学院大学では、横須賀市の谷戸地域で社…[続きを読む]

写真

  • 炭塵爆発事故の犠牲者が仲間に担がれ、三川坑・第2斜坑から運び出された=1963年11月9日、福岡県大牟田市
  • 山尾氏の街頭演説を聴く三浦瑠麗さん=愛知県東郷町
  • 「相馬流れ山踊り」を披露する大熊町の女性たち。県内各地から集まった=16年7月、会津若松市
  • 朝夕には通勤通学で多くの人が行き交う盛岡市中心部。市は昨年、老朽化で崩壊し始めたビルの一部を解体した
  • 雑草が生い茂る双葉駅近くの線路=7月、福島県双葉町、竹花徹朗撮影
  • 雑草が生い茂る双葉駅近くの線路=7月、福島県双葉町、竹花徹朗撮影
  • 感染症リスク、どう備える?
  • グラフィック・鈴木愛未  
  • 南海トラフ巨大地震と東海地震の想定
  • 国内の活火山の分布と噴火警報レベル
  • 双葉町「特定復興拠点」の想定エリア
  • 双葉町「特定復興拠点」の想定エリア
  • 官民合同チームの職員に訓示する福井邦顕チーム長(右)=福島市栄町
  • 安倍晋三首相(右上)の会見で質問のために挙手をする記者たち=19日午後6時26分、首相官邸、岩下毅撮影
  • 溶融炉停止の操作をする浜田恵造・香川県知事(右)=12日午前10時5分、香川県直島町
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ