メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

特攻機

関連キーワード

  • 特攻機・桜花(2015年05月22日 朝刊)

    空中特攻専門として編成された「第721海軍航空隊」(通称・神雷部隊)の主力兵器。終戦間際の1945年3〜6月、沖縄上陸作戦中の米軍艦隊などを攻撃目標に使われた。親機の一式陸上攻撃喫一式陸攻桔の胴体につられて運ばれ、1人が搭乗してロケット噴射で敵艦に爆薬とともに体当たりする。桜花特攻では、一式陸攻機の搭乗員や援護戦闘機も含めて400人以上が亡くなったとされる。

  • 特攻隊(2014年08月14日 朝刊)

    太平洋戦争末期に日本の陸海軍が特別編成した。自爆攻撃で知られるが、防衛研究所の調査では、特攻機約3300機のうち敵艦に到達したのは約1割だったという。44年10月にフィリピン戦線で「神風(しんぷう)特別攻撃隊」として海軍が最初に出撃させた。

  • 九州と沖縄特攻(2014年10月23日 朝刊)

    沖縄戦での航空特攻は、九州が主な出撃拠点となった。全国の航空隊から特攻隊員が選抜され、陸軍は知覧や万世(鹿児島)、都城(宮崎)、熊本など、海軍は鹿屋、串良、国分、指宿(鹿児島)、宮崎など、計20基地以上から特攻機が飛び立った。

最新ニュース

世界の海底に眠る日本の戦争遺産の写真展『群青の追憶』2018年6月15日~9月30日まで開催(2018/6/8)

水中写真家・戸村裕行は大東亜戦争に起因する世界の海底に眠る日本の沈船、航空機、潜水艦などの戦争遺産を撮影した水中写真展『群青の追憶』~海底に眠る大東亜戦争の戦争遺産を追う&…[続きを読む]

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ