メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小さないのち

特集「小さないのち」

育ちを支えて

実父母が育てるのが困難な子どもたちを、社会でどう守り育てていくのか。「育ちを支えて」では、成長を守るために、子どもたち、生みの親、育ての親をどう支援していけるのかを考えます。

写真・図版

孤立した母「一緒に幸せな国へ」 奪われた9歳の命 (2017/11/14)

■小さないのち 育ちを支えて 昨年6月。秋田市の児童養護施設で暮らしていた千葉愛実(めぐみ)さん(当時9)は、迎えに来た母親に駆け寄り、一緒にタクシーに乗り込んだ。回転ずし店で食事をし、ファストフード店でソフトクリームを食べ、母親の住むアパ…[続きを読む]

みんなで守る

予期せぬ妊娠などで、生みの親が育てられない赤ちゃんが、生後間もなく命を落としてしまう悲劇が後を絶ちません。すべての赤ちゃんの命を守り育てていくため、妊婦や生みの親、育ての親への支援を含めて何ができるのか。考えていきます。

2017年12月17日朝刊紙面(東京本社版) (2017/12/17)

シェア 0 ツイート list ブックマーク 0 メール 朝日新聞デジタル > 朝刊 [東京] 朝刊[ 東京 ]2017年12月17日 日曜日 地域面紙面 各本社朝刊紙面 朝夕刊バックナンバー 東京本社版 名古屋本社版 大阪本社版 西部本社…[続きを読む]

大切な君

子どもたちが自ら命を絶つ悲劇が繰り返されています。日本全体の自殺者数は減っている中で、小中高校生では減っていません。子どもの自殺を防ぐために、できることを考えます。

写真・図版

「学校に言わないでって言ったでしょ」 命絶った息子 (2017/4/23)

■小さないのち 大切な君 「同級生にからかわれ、先生に言っても直らない。学校に行きたくない」。2014年9月。仙台市内の中学1年の息子(当時12)が単身赴任中の父親(49)に泣きながら電話をかけてきた。「俺が学校に行って話すから」。父親は語…[続きを読む]

自身も自殺しようとした経験があるミュージシャン・悠々ホルンさんのメッセージ=悠々ホルンさん提供

ミュージシャン・悠々ホルンさんの曲=悠々ホルンさん提供

東京都足立区の自殺予防授業で使われているワカバの曲「あかり」

道に潜む危険

新シリーズでは、交通事故について伝えていきます。一人歩き、自転車、通学路、交差点……。子どもたちを事故から守るにはどうしたらいいかを考えます。

写真・図版

通学路、車通らないはずが 風見しんごさん娘の死亡事故 (2017/2/24)

■小さないのち 道に潜む危険 タレントの風見しんごさん(54)は、小学5年生だった長女えみるさん(当時10歳)を登校中の交通事故で失った。 「あれから10年。ようやく、えみるに報告できる環境ができつつあります」 東京都世田谷区の風見さん宅に…[続きを読む]

読者からの反響編

児相の現場で

児相の現場で何が起きているのか、西日本にある児相の日々を追った

奪われる未来

子どもたちが健やかに生きられる社会に向けて、私たちに何ができるのかを考えます。

写真・図版

なっちゃん、SOS出したのに 虐待死、生かされぬ教訓 (2016/10/16)

■小さないのち 奪われる未来 重大な虐待事件が起きると、自治体は再発防止のために「検証報告書」をつくる。だが教訓は生かされず、似たような事件が各地で繰り返されている。 「ばあちゃん、ばあちゃん」。なっちゃんと呼ばれていた当時4歳の女の子が照…[続きを読む]

ある日、突然

事故などで、元気な子を突然亡くした親たちの悲しみは深い。子どもの死ともっときちんと向き合う社会を、親たちは求めている。

写真・図版

1粒のおやつ、我が子奪った 気管に詰まったアーモンド (2016/8/29)

■小さないのち ある本に、こんな詩の一節がある。 大切な人に気づかない僕がいた。/家族だから、友達だからって、/必ず明日会える訳じゃない。/大切な人に気づかない僕がいた。/もう二度と会えないとわかっていたなら、/何を僕はしただろう。 アーモ…[続きを読む]

事故予防を考える

昨日できなかったことが今日できるようになる。そんな喜ばしい成長が、子どもが様々なけがをする原因にもなっています。暮らしの中の子どもの安全について考えます。

ご意見・体験をお寄せください

「小さないのち」へのご意見や、体験をお寄せください。メールasahi_forum@asahi.comメールするか、ファクス03・5541・8259、〒104・8011(所在地不要)朝日新聞オピニオン編集部「小さないのち」係へ。

厚生労働省作成DVD「赤ちゃんが泣きやまない」から

赤ちゃんの泣きにはピークがある

乳幼児揺さぶられ症候群とは

赤ちゃんが泣いたら

暮らしの中に潜む危険

モデルルームで学ぶ事故予防

ドラム式洗濯機の注意点

寝ている間に

お風呂にもご用心

誤飲事故を防ぐには

転落事故の対策は

海外で作成し、日本のNPO法人が翻訳したアニメーション

揺さぶられ症候群をなくそう

関連キーワード

  • 乳幼児揺さぶられ症候群(Shaken Baby Syndrome=SBS)(2016年10月18日 朝刊)

    縦抱きの赤ちゃんが前後に強く揺さぶられ、硬膜下の血管が引きちぎられて起こる、児童虐待の一種。米国では、壁に打ち付けるなどの行為も含めた「虐待による頭部外傷(AHT)」として予防教育が行われている。市川光太郎・北九州市立八幡病院長によると、SBS発症のうち約3割が死亡し、4割以上に肢体まひや言語障害、失明などの重い後遺症が残るとされる。横抱きにしてあやしたり、車に乗せて急ブレーキがかかったりした程度ではならないという。

最新ニュース

写真・図版

「切れ目ない」子育て支援 利用率100%の施設 北欧(2017/11/17)

■小さないのち 育ちを支えて 首都ヘルシンキから東に約50キロ離れたポルボー市。ハンナ・ペソネンさん(40)が6歳の息子に予防接種を受けさせるため、3歳の次男も連れて公共施設「ネウボラ」を訪れていた。…[続きを読む]

!

アプリで紙面ビューア-の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】部屋をクリスマスムードに

    家で楽しむグッズ3選〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】南部路線を効率よく制覇へ!

    スマトラ島のディープ列車旅

  • 写真

    【&M】試写会に30組60人を招待

    映画『デトロイト』

  • 写真

    【&w】18年春夏パリコレクション

    フォトギャラリー

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「基本は農家のおばちゃん」

    重労働と執筆は同時並行だった

  • 写真

    WEBRONZA柿澤勇人インタビュー

    「メリー・ポピンズ」に出演

  • 写真

    アエラスタイルマガジン伝説の繁盛店を作った男

    金があれば幸せだと思っていた

  • 写真

    T JAPAN新・竹本織太夫インタビュー

    襲名公演への意気込みを語る

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ