メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

写真

玄海原発3・4号機、原子力規制委が許可 夏にも再稼働(2017/01/18)

 原子力規制委員会は18日、九州電力玄海原発3、4号機(佐賀……[続きを読む]

玄海3・4号機「新基準適合」

写真

写真

伊万里市長「再稼働反対は民意」 九電に不信感示す(2017/01/03)

 九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の再稼働に反対する佐賀県伊万里市の塚部芳和市長が朝日新聞のインタビューに応じ、その理由を語った。東日本大震災後も変わらない電力会社の体質、原発抜きでも経済や生活に大きな影響がない現実などを挙げ、「再稼働反対……[続きを読む]

関連キーワード

  • EPZ(防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲)(2011年03月21日 朝刊)

    原子力災害が起きたとき、行政や各機関がどう対応するかを具体的に計画しておく地区のこと。国は原子力防災指針で、原発から半径8〜10キロとの基準を示しており、佐賀県は玄海原発から半径10キロをEPZとしている。

  • 古川康・佐賀県知事と九電幹部3人の会談(2011年08月10日 朝刊)

    玄海原発の運転再開に向け、国が企画したテレビ番組の放送5日前の6月21日、知事公舎で会談。幹部の一人が知事発言をまとめたメモを作った。メモにある発言の要旨は(1)原発再開に向けた動きを丁寧に(2)国際原子力機関(IAEA)が原発の緊急安全対策を評価するコメントを出すよう説得工作すべきだと国に進言(3)番組に出る県民代表の一人は商工会議所の専務理事を予定(4)自民党系県議が再開を容認するよう支持者に働きかけてほしい(5)再開容認の立場からネットを通じ番組に意見や質問を出してほしい(6)菅首相の言動による再開日程の遅れが心配——など。

  • 佐賀県主催公開討論会でのやらせ(2011年11月23日 朝刊)

    2005年12月25日の玄海原発3号機プルサーマル計画公開討論会で、九電が動員や仕込み質問をしていた問題。九電や第三者委の調査では、一般参加応募者約千人のうち655人が九電関係者で、賛成の立場から質問した8人のうち7人が、一般参加者を装った九電関係者だった。今年7月に発覚した九電のやらせメール問題を調査する過程で明らかになり、やらせ問題の「原型」とされる。

最新ニュース

長崎)対策の充実など4市が要望 原発再稼働めぐり(2017/4/22)

 九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)の再稼働をめぐり、原発から半径30キロ圏内の松浦、平戸、壱岐、佐世保の県内4市の市長らが21日、県庁を訪れ、避難対策の充実などを求める国や九電への合同の要望[続きを読む]

玄海原発をコトバンクで調べる

写真

  • 4市合同の要望書を手渡す友広郁洋・松浦市長(手前から3人目)=県庁
  • 4原発5基の廃炉計画
  • 格納容器内を視察する山口祥義知事(中央)ら=代表撮影
  • 玄海原発の安全対策について説明を受ける佐賀県の山口祥義知事(左)と九州電力の瓜生道明社長=19日、佐賀県玄海町
  • 4原発5基の廃炉計画
  • 4原発5基の廃炉計画
  • 県危機管理課の担当者(手前)に要請内容を伝える4団体のメンバー=県庁
  • 玄海原発30キロ圏の自治体
  • 山本公一・原子力防災担当相と話す山口祥義知事=佐賀県庁
  • 再稼働への意見書案調整のため開かれた松浦市議会の勉強会=松浦市役所
  • 土砂災害特別警戒区域にある避難所。山肌が近接していた=福井県越前町
  • 土砂災害特別警戒区域にある避難所。山肌が近接していた=福井県越前町
  • 松浦市鷹島町からは、海をはさんで玄海原発が肉眼で見える=松浦市鷹島町阿翁免
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】SNS投稿も簡単!

    EOS Mシリーズ最新作

  • 【&TRAVEL】元気ださにゃんばい、九州!

    「旅猫ニャン吉」写真集

  • 【&M】盆おどりに魅せらせて

    中村 中さんの「私の一枚」

  • 【&w】東コレを写真で一挙に

    17年秋冬東京コレクション

  • ブック・アサヒ・コム春は旅立ちの季節

    作家・上田岳弘がひもとく本

  • WEBRONZA真央が現役を続けていたら…

    昨季、過去最高レベルだった

  • 写真

    ハフポスト日本版 外国人が撮った江戸の人々

    西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ