メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

琉球王

関連キーワード

  • 琉球王(2009年11月16日 夕刊)

    1429年に尚巴志(しょうはし)が琉球(沖縄本島)を統一。中国(明)に朝貢し、王に任命してもらう冊封体制に入った。1609年、薩摩藩の侵攻を受け、日本の幕藩体制に組み込まれたが、中国への朝貢も継続。1879(明治12)年に明治政府が王国を解体し、沖縄県を設置する琉球処分を断行。中国との臣従関係は終わった。

  • うちなーぐち(2016年05月15日 朝刊)

    「沖縄方言」「沖縄語」などと呼ばれる沖縄本島の言葉。宮古地方、八重山地方などの言葉もまとめて「しまくとぅば(島言葉)」とも呼ばれる。1879年に琉球王国が滅んだ後も話されてきたが、戦前の日本政府の皇民化教育や、その後の生活の変化もあって話されなくなっていった。古い日本語の特徴が残る一方、文法や語彙(ごい)が異なる部分もある。

  • 薩摩藩の琉球侵攻(2009年11月26日 朝刊)

    江戸幕府から琉球征討を許された薩摩藩島津氏は1609年3月、総勢3千人の軍勢で鹿児島を出航。奄美大島や徳之島、沖永良部島を執に征服した。4月初めには沖縄本島の首里城を陥落させ、琉球王国の尚寧王は降伏した。琉球王国は薩摩藩の支配下に置かれたが中国との交易は続け、独立国の体裁を維持。奄美群島は薩摩藩の直轄領となり、島民は藩財政を賄うためサトウキビ作りを強要され、「黒糖地獄」と呼ばれる過酷な収奪を受けた。

最新ニュース

写真・図版

(もつれた糸をほぐして)心にとまる八分茶碗の教え 浜美枝(2017/7/22)

 近頃、私たちは歴史の転換点にいるのではないかと不安を感じずにはいられません。終戦から72年。世界各地で、様々な紛争やテロが続き、ナショナリズムが高まる地域も増えています。なぜ人々は争うことをやめられ…[続きを読む]

写真

  • 琉球朝顔<絵・三溝美知子>
  • オヤケアカハチの遺徳をしのび多くの地域住民が参加した「アカハチ慰霊祭」=石垣市大浜・崎原公園
  • 全面漆塗りで、胴に龍や吉祥文が箔絵などで装飾された長線などの琉球楽器が並ぶ=那覇市の首里城公園・黄金御殿特別展示室
  • 白鉢巻きと勾玉を身に着け、笑顔を見せる山城トヨさん=大宜味村田港
  • 宮古馬に乗り浜辺を散歩=2015年、沖縄・宮古島、荷川取明弘さん提供
  • 戦前のモノクロ写真を見ながら、御後絵の彩色を復元する東京芸大のスタッフら=3月、東京都台東区の東京芸大
  • 「琉球国之図」(県立図書館所蔵)
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ