メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

琉球王

関連キーワード

  • 琉球王(2009年11月16日 夕刊)

    1429年に尚巴志(しょうはし)が琉球(沖縄本島)を統一。中国(明)に朝貢し、王に任命してもらう冊封体制に入った。1609年、薩摩藩の侵攻を受け、日本の幕藩体制に組み込まれたが、中国への朝貢も継続。1879(明治12)年に明治政府が王国を解体し、沖縄県を設置する琉球処分を断行。中国との臣従関係は終わった。

  • うちなーぐち(2016年05月15日 朝刊)

    「沖縄方言」「沖縄語」などと呼ばれる沖縄本島の言葉。宮古地方、八重山地方などの言葉もまとめて「しまくとぅば(島言葉)」とも呼ばれる。1879年に琉球王国が滅んだ後も話されてきたが、戦前の日本政府の皇民化教育や、その後の生活の変化もあって話されなくなっていった。古い日本語の特徴が残る一方、文法や語彙(ごい)が異なる部分もある。

  • 薩摩藩の琉球侵攻(2009年11月26日 朝刊)

    江戸幕府から琉球征討を許された薩摩藩島津氏は1609年3月、総勢3千人の軍勢で鹿児島を出航。奄美大島や徳之島、沖永良部島を執に征服した。4月初めには沖縄本島の首里城を陥落させ、琉球王国の尚寧王は降伏した。琉球王国は薩摩藩の支配下に置かれたが中国との交易は続け、独立国の体裁を維持。奄美群島は薩摩藩の直轄領となり、島民は藩財政を賄うためサトウキビ作りを強要され、「黒糖地獄」と呼ばれる過酷な収奪を受けた。

最新ニュース

写真・図版

(けいざい+ 地域発)琉球の技、変えずに継承 廃業寸前、本土からの弟子に託す(2018/5/4)

 那覇の首里城に近い住宅地に、かん高い金属音が響く。16世紀から続く沖縄唯一の金細工師(カンゼークシ)、又吉家の7代目、健次郎さん(86)の工房だ。 ここで、愛知出身の宮城奈津子さん(38)が後継ぎの…[続きを読む]

琉球王をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ