メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

環境アセスメント

関連キーワード

  • 環境アセスメント(2012年02月25日 夕刊)

    道路や鉄道、発電所など大規模な建設工事の前に、事業者が周囲の環境にもたらす影響を予測・評価し、国や県などの開発許可を受ける制度。1997年に制定された環境影響評価法で、工事規模などに応じて実施が義務づけられている。

  • 環境影響評価(環境アセスメント(2011年11月30日 朝刊)

    環境影響評価法に基づいて、道路建設や埋め立てなどの事業が環境に悪影響を及ぼさないかを調べる制度。住民や自治体の意見も聴いて環境影響評価をまとめ、評価結果は事業計画に反映させることが定められている。米軍普天間飛行場の移設では防衛省が評価書を提出する。沖縄県知事は埋め立て部分は90日以内、飛行場は45日以内に意見を提出。防衛省は必要に応じて内容を修正して評価書を確定させて公表。1カ月間の縦覧期間が終われば、国が着工に向けた埋め立て許可を知事に申請することが可能になる。

最新ニュース

なにわ筋線、大阪府・市が590億円ずつ負担へ(2017/9/19)

 JR新大阪駅と難波を結び、関西空港へ向かう鉄道新線「なにわ筋線」について、大阪府と大阪市は19日の幹部会議で、府と市で総事業費のうち約590億円ずつを負担する方針を決めた。2031年の開業をめざす。…[続きを読む]

環境アセスメントをコトバンクで調べる

写真

  • 行方不明になった個体Cとみられるジュゴン=2014年5月19日、沖縄県名護市嘉陽沖、沖縄防衛局撮影
  • 風力発電施設の建設が計画されている日置川流域の丘陵=鳥取市青谷町
  • 都の市場問題プロジェクトチームが将来構想で示した築地市場の高層ツインタワー。経営的な自立につながるとしたが、費用や実現可能性は議論されなかった=都提供
  • 「絶滅危惧1B類」に分類されたシロワニ=小笠原諸島嫁島沖、諫山卓弥撮影
  • 建設工事が進む「仙台パワーステーション」。奥の湿地が鳥獣保護区の特別保護地区に指定されている蒲生干潟=2月1日、仙台市宮城野区、本社ヘリから
  • 築地市場の移転が予定されている豊洲市場=東京都江東区、朝日新聞社ヘリから
  • 築地市場の移転が予定されている豊洲市場。左手前が水産卸売場棟、右手前が青果棟=東京都江東区、本社ヘリから
  • マグロの競り場を訪れ、伊藤裕康・築地市場協会会長(中央)と談笑する小池百合子知事
  • 生鮮マグロの競り場を訪れ、伊藤裕康・築地市場協会会長(中央右)と談笑する小池百合子知事=12日午前5時14分、東京都中央区、遠藤啓生撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ