メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

環境省

関連キーワード

  • 環境省のカドミウム調査(2010年03月06日 朝刊)

    2007〜09年、47都道府県に協力を依頼し、国内のカドミウム濃度の高い畑で採取された穀類(コメを除く)や野菜などに含まれる濃度を調べた。調査協力した25道府県のうち、実験的に栽培した作物などを提供した9道府県分を除いた16府県分のデータを朝日新聞が集計した結果、国際規格のある30品目1252点中、小麦やホウレン草、ナスなど10品目165点(13%)が国際規格の安全基準を超え、最大で6倍以上が検出された。

  • 日本水大賞(2008年07月20日 朝刊)

    「安全な水、きれいな水、おいしい水にあふれる日本と地球をめざし、水循環系健全化に寄与する」との目的で98年度創設。国土交通省河川局所管の社団法人・日本河川協会に事務局があり、環境省や農林水産省など7省や、治水・環境団体などが後援する。

  • クールビズ(2014年06月19日 朝刊)

    エアコンを28度以上に設定しても快適に過ごせるノーネクタイやノージャケットなどの服装で、環境省が2005年に提案。11年には取り組みをさらに進めようと、ジーパンやポロシャツ、アロハシャツや半ズボンなども認める通勤スタイルを一般企業にも勧めはじめた。地球温暖化防止が目的で、同省の試算では10年度に393万世帯の1カ月分の二酸化炭素の排出量に当たる169万トンが削減される効果があったとしている。

最新ニュース

写真・図版

水俣条約交渉シンボルの像ジュネーブへ 国際会議で展示(2017/9/24)

 24日にスイス・ジュネーブで始まる「水銀に関する水俣条約」の第1回締約国会議(COP1)に合わせ、水俣市立水俣病資料館にあるアート作品「ペス・ペステの像」が現地で展示される。像は条約交渉のシンボルで…[続きを読む]

写真

  • 水俣病資料館に置かれている「ペス・ペステの像」=熊本県水俣市明神町
  • 国連環境計画のアヒム・シュタイナー事務局長から像を受け取る宮本勝彬・水俣市長(いずれも当時)=2013年10月11日、熊本市中央区
  • 放鳥され、空を飛ぶトキ=佐渡市
  • 閉じたカゴわなを回収する中村浩志さん=南アルプス・北岳、環境省提供
  • 狩猟フォーラムのチラシ
  • 1クラス分のおかずの残り。この日、残さず食べたのは3人だけだった=大磯町立国府中学校PTA提供
  • <ごはんも…> ある日の給食の食べ残し。おかずと別の箱にはいっているごはんに、ほとんど手をつけなかった生徒も=大磯町立国府中学校PTA提供
  • 1クラス分のおかずの残り。この日、残さず食べたのは3人だけだった(大磯町立国府中学校PTA提供)
  • 放鳥前のトキ=環境省提供
  • 家具や洗濯機などごみであふれるごみステーション=18日、楢葉町山田岡
  • 笠岡市内で見つかったヒアリ=環境省提供
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ