メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

甲子園

甲子園での熱闘、全試合を中継

関連キーワード

  • 居酒屋甲子園(2010年09月30日 朝刊)

    外食産業の活性化を目的に設立されたNPO法人「居酒屋甲子園」が主催。20席以上、客単価が2千〜5千円の居酒屋なら参加できる。1次から3次まで書面や覆面モニター調査などによる予選があり、各地域別に得点の上位6店が決勝に進む。決勝のプレゼンテーションは各20分。

  • 甲子園の車いすエリア(2008年08月16日 夕刊)

    85年に初めて、三塁側内野席の最前列に12席が設けられた。今春の工事でこれまでの席はなくなり、バックネット裏と一、三塁側に2カ所ずつ新設された。奥行き約1.5メートル、幅約5メートル。1カ所につき2人、計12人が観戦できる。秋以降の第2期工事では外野、アルプス席にも増設。

  • 書道パフォーマンス甲子園(2013年08月03日 朝刊)

    製紙会社が集まる四国中央市で08年に始まった。縦4メートル横6メートルの紙に6分以内で文字を書き、出来栄えを競う。今年は全国から最多の51校が参加、予選審査を経た20校が出場した。県勢は三島のほか、新居浜西、川之江、松山東が演技した。

最新ニュース

三重)決勝は三重―津田学園 高校野球(2017/7/26)

 私立の強豪同士が頂点をかけて争うことになった。25日は準決勝2試合があり、ノーシードの三重はシード校の津商に競り勝ち、津田学園は菰野とのシード校対決をコールドで制した。三重―津田学園の決勝は、26日[続きを読む]

写真

  • 三重―津商 九回表三重2死一、二塁、大川が右中間を抜く2点適時三塁打を放ち、突き放す。三塁手中尾=霞ケ浦
  • 藤枝明誠―静岡 二回表藤枝明誠2死一、二塁、西村の適時打で二塁走者一戸が生還し、2点目。捕手森、次打者常盤⑧=草薙
  • 関西スタンドのイエローマン=マスカット
  • 岩国商―宇部鴻城 九回裏宇部鴻城1死、5番荒武が初球を右翼スタンドに放り込み、サヨナラ本塁打。捕手横田=西京、根本晃撮影
  • 雨のため3日連続で順延された新潟大会決勝=25日、ハードオフ
  • 施設利用者らが折った鶴は色ごとに連ねてまとめられた=山形市漆山
  • マウンドに駆け寄り勝利に歓喜する秀岳館の選手たち=藤崎台
  • 福井商・石本太一投手
  • 優勝して喜びあう明桜の選手たち=こまち
  • 寒河江―酒田東 二回裏酒田東無死三塁、サードゴロで飛び出した三塁走者松本が三本間に挟まれタッチアウト。捕手鈴木孔=酒田
  • 内堀雅雄知事(中央)を訪問した仁平勇汰主将(左から2人目)ら=福島市
  • 龍谷大平安―京都成章 二回裏京都成章無死満塁、江藤が中前に逆転の2点適時打を放つ。捕手田島=わかさ
  • 優勝してマウンド付近に集まる木更津総合の選手たち=ZOZO
  • 東北生文大―東北 六回裏東北2死、植木が左越えに決勝本塁打を放つ=仙台市民
  • 栃木大会で7年連続の優勝を果たし、チームメートの手で7度宙に舞った作新学院主将の添田=23日、清原
  • 全国から選手が勢ぞろいした「写真甲子園」の開会式=東川町
  • 川之江―宇和島東 三回表川之江2死一、三塁、宇都が適時打を放つ。捕手上甲=坊っちゃん
  • 市西宮―報徳学園 八回裏報徳学園2死一塁、永山がセーフティーバントを狙うが、アウト。一塁手高浜=神戸、森田貴之撮影
  • 広陵―広島新庄 優勝を決め、抱き合う投手山本⑩と捕手中村の所に駆け寄る広陵の選手たち=マツダスタジアム、上田幸一撮影
  • 朝日新聞高松総局を訪れた三本松の選手(後列)ら=高松市
  • 近江―水口東 一回表近江1死三塁、向井の右飛で三塁走者木村龍が本塁を狙うが、タッチアウト。捕手青野=皇子山
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ