メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

甲状腺がん

関連キーワード

  • 甲状腺がん(2015年06月07日 朝刊)

    甲状腺はのど仏に続く気管を取り巻くようにあり、しこりが見つかればがんの可能性があると診断される。広島と長崎の被爆者には、現在も甲状腺がんやその転移に苦しむ人がいる。チェルノブイリ原発事故(1986年)では、3〜4年後から周辺住民に甲状腺がん患者が増えたとされる。東京電力福島第一原発の事故後、福島県は当時18歳以下の約38万5千人を対象に甲状腺検査を実施。県の担当課によると、これまでに計103人が甲状腺がんと確定診断された。県検討委員会は「現時点で事故の影響は考えにくい」としている。

  • 安定ヨウ素剤(2016年09月04日 朝刊)

    放射性ヨウ素が体内に入る前に飲むことで、甲状腺がんの発生を抑制する効果がある。服用は、3歳以上13歳未満が丸薬1個、13歳以上は2個。3歳未満の子どもも使用期限の3年以内に3歳に達するため、5キロ圏では全員分が配布される。3歳未満の乳幼児が服用できるゼリー状の薬剤が最近実用化され、県が配備の準備を進めている。薬剤は3年ごとに更新し、市外に転出した場合は市に返す。

  • 福島県民健康管理調査(2011年10月28日 朝刊)

    3月11日の震災発生から7月1日までの間、福島県内に住んでいたり、通勤、通学していたりした人のほか、震災後2週間以内に滞在していた人などが対象。出張などで一時的に滞在した人も、希望すれば対象になる。問診票調査で一人ひとりの被曝線量を推計するほか、4月1日時点で18歳以下だった約36万人については甲状腺がん検査を生涯にわたり実施。全県民の調査記録を保存する手帳「健康管理ファイル」も作る。

最新ニュース

「福島の子どもと知る権利を守る活動」として甲状腺検査を続けています[生活クラブ生協・東京](2017/7/18)

リリース発行企業:生活クラブ事業連合生活協同組合連合会福島第一原発の事故から6年が経過しました。放射能による健康被害が懸念される中、福島県では事故当時18歳以下の県民を対象にした甲状腺検査が進められて[続きを読む]

写真

  • 日野原重明さんは皇室ともゆかりが深かった。「ベー・チェチョルコンサート」の会場で皇后さまと談笑した=2016年7月31日、東京都新宿区の東京オペラシティコンサートホール
  •   
  • リビングでパソコンに向かう清水八千代さん。甲状腺がんの手術後は、いつもハイネックかスカーフを首に巻いている
  • 古民家ギャラリー「かぐや」と井上さん夫妻=滑川町福田
  • 猫も、清水八千代さん、哲郎さん夫婦の大事な家族だ
  • リビングでくつろぐ清水さん夫妻。トメさんの介護で、ここに3人で寝たこともあった=仙台市
  • リビングでくつろぐ清水さん夫妻。トメさんの介護で、ここに3人で寝たこともあった=仙台市
  • 清水哲郎さん(左)は義母の佐藤トメさんのお気に入りだった=仙台市、清水八千代さん提供
  • 清水哲郎さん(左)は義母の佐藤トメさんのお気に入りだった=仙台市、清水八千代さん提供
  • 母親のトメさんを連れて、散策に出かけたこともあった=2005年ごろ、仙台市の泉ケ岳、清水八千代さん提供
  • 母親のトメさんを連れて、散策に出かけたこともあった=2005年ごろ、仙台市の泉ケ岳、清水八千代さん提供
  • ヘルパーの進藤まき子さんに作った煮物をプレゼントする清水八千代さん(右)=仙台市内
  • ヘルパーの進藤まき子さんに作った煮物をプレゼントする清水八千代さん(右)=仙台市内
  • 2月に東京であった公演で朗読する中村敦夫さん=実行委員会提供
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ