メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

甲状腺がん

関連キーワード

  • 甲状腺がん(2015年06月07日 朝刊)

    甲状腺はのど仏に続く気管を取り巻くようにあり、しこりが見つかればがんの可能性があると診断される。広島と長崎の被爆者には、現在も甲状腺がんやその転移に苦しむ人がいる。チェルノブイリ原発事故(1986年)では、3〜4年後から周辺住民に甲状腺がん患者が増えたとされる。東京電力福島第一原発の事故後、福島県は当時18歳以下の約38万5千人を対象に甲状腺検査を実施。県の担当課によると、これまでに計103人が甲状腺がんと確定診断された。県検討委員会は「現時点で事故の影響は考えにくい」としている。

  • 安定ヨウ素剤(2015年08月08日 朝刊)

    放射性物質が漏れ出す原発事故が起きた場合、放射性ヨウ素が体に入ると、甲状腺がんなどを引き起こす恐れがあるが、安定ヨウ素剤は放射性ヨウ素を体内に取り込みにくくする。効果が続くのは服用後24時間とされる。被曝する前に服用する必要があるため、国は原子力災害対策指針で原発5キロ圏の住民への事前配布を定めた。

  • 福島県民健康管理調査(2011年10月28日 朝刊)

    3月11日の震災発生から7月1日までの間、福島県内に住んでいたり、通勤、通学していたりした人のほか、震災後2週間以内に滞在していた人などが対象。出張などで一時的に滞在した人も、希望すれば対象になる。問診票調査で一人ひとりの被曝線量を推計するほか、4月1日時点で18歳以下だった約36万人については甲状腺がん検査を生涯にわたり実施。全県民の調査記録を保存する手帳「健康管理ファイル」も作る。

最新ニュース

原発事故被災者・避難者への生活支援の継続を――生活クラブ生協連合会が復興庁に意見を提出(2015/08/28)

リリース発行企業:生活クラブ事業連合生活協同組合連合会生活クラブ生協連合会は、復興庁による「被災者生活支援等施策の推進に関する基本的な方針の改定(案)」への意見募集(パブリック・コメント 受付期間7月[続きを読む]

PR情報

写真

  • 被爆体験を語る岡辺好子さん=宝塚市
  • ベー・チェチョル
  • 韓国の商業炉で初めて「廃炉」が決まった釜山市の古里原発1号機(右端)=2014年7月、中野晃撮影
  • 絵・小田桐昭
  • 会場にはがん患者やその家族、支援者など様々な立場の人が集まっている=和歌山市一番丁
  • ピーター・バンワイク教授(右)は「核の道をたどる旅」と題し、ウラン採掘で被曝(ひばく)したカナダ先住民から広島原爆、福島の被災を歴史と政治から説いた=福島市
  • 「トリニティ・サイト」の爆心地に設けられた記念碑の前では、大勢が記念撮影していた=米ニューメキシコ州、中井大助撮影
  • 「トリニティ・サイト」の爆心地に設けられた記念碑の前では、大勢が記念撮影していた=米ニューメキシコ州、中井大助撮影
  • 記者会見する甲状腺検査評価部会の清水一雄部会長(中央)ら=福島市杉妻町

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行自宅にいながらカフェ気分

    人気の高機能コーヒーマシン

  • ブック・アサヒ・コムP・バラカンが語る音楽

    ソウルミュージックの魅力

  • 【&M】油ラーメンと半チャーハン

    松島花さんのイケ麺

  • 【&w】魔法のほうきで空中散歩

    ネットで人気の「浮遊写真」

  • Astand銀行マンからオーボエ奏者に

    40歳、世界各国ツアーで回る

  • 写真

    ハフポスト日本版 東大、慶応、早稲田…

    明治のころ、赤門や慶応はこんな感じだった(画像)

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載