メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月03日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

甲状腺がん

関連キーワード

  • 甲状腺がん(2015年06月07日 朝刊)

    甲状腺はのど仏に続く気管を取り巻くようにあり、しこりが見つかればがんの可能性があると診断される。広島と長崎の被爆者には、現在も甲状腺がんやその転移に苦しむ人がいる。チェルノブイリ原発事故(1986年)では、3〜4年後から周辺住民に甲状腺がん患者が増えたとされる。東京電力福島第一原発の事故後、福島県は当時18歳以下の約38万5千人を対象に甲状腺検査を実施。県の担当課によると、これまでに計103人が甲状腺がんと確定診断された。県検討委員会は「現時点で事故の影響は考えにくい」としている。

  • 安定ヨウ素剤(2015年09月12日 朝刊)

    原発の重大事故で放出される放射性物質の一つである放射性ヨウ素は、人間ののど元にある甲状腺にたまる性質があり、前もって飲むことで甲状腺がんの発生を抑える効果がある。効果は服用後24時間とされ、副作用として発熱や関節痛、じんましんなどのアレルギー反応のほか、まれに重篤なショック症状を起こすことがある。原子力規制委員会の指針で、PAZでは原則、医師による説明会を経て事前配布、UPZでは事故発生後に医師や薬剤師、訓練を受けた自治体職員らが配布する。

  • 福島県民健康管理調査(2011年10月28日 朝刊)

    3月11日の震災発生から7月1日までの間、福島県内に住んでいたり、通勤、通学していたりした人のほか、震災後2週間以内に滞在していた人などが対象。出張などで一時的に滞在した人も、希望すれば対象になる。問診票調査で一人ひとりの被曝線量を推計するほか、4月1日時点で18歳以下だった約36万人については甲状腺がん検査を生涯にわたり実施。全県民の調査記録を保存する手帳「健康管理ファイル」も作る。

最新ニュース

樽川和也さん=(C)「大地を受け継ぐ」製作運動体

(核の神話:26)受け継ぐ「大地」、福島だけではない(2016/05/02)

 福島第一原発事故から5年。あの時、父親を自死により失った樽川和也さんが語るドキュメンタリー映画「大地を受け継ぐ」が劇場公開されている。制作者らが映画に込めた思いとは――。井上淳一監督、企画した馬奈木[続きを読む]

写真

  • 樽川和也さん=(C)「大地を受け継ぐ」製作運動体
  • ヴラディーミル・チェルトコフさん=兵庫県西宮市、田井中雅人撮影
  • ジャック・ロシャールさん=福島県立医科大、田井中雅人撮影
  • ノーマ・フィールドさん=米ワシントン州シアトル、田井中雅人撮影
  • 微熱が続き、母親のスベトラーナさんと国立病院を訪れたアナスタシアさん=3月31日、ベラルーシ・ゴメリ州、杉本康弘撮影
  • 微熱が続き、母親のスベトラーナさんと国立病院を訪れたアナスタシアさん=3月31日、ベラルーシ・ゴメリ州、杉本康弘撮影
  • 微熱が続き母親のスベトラーナさんと国立病院を訪れたアナスタシアさん=3月31日、ベラルーシ・ゴメリ州
  • 4月26日で事故から30年を迎えるチェルノブイリ原発4号炉(中央)。老朽化した「石棺」を覆う新シェルター(右)の建設が進む。原発から約3キロにあるプリピャチは原発職員の街だったが、全住民が避難。市街地の集合住宅(手前)は廃虚と化し、森にのみ込まれてゆく=2日、ウクライナ、杉本康弘撮影
  • 広河隆一さん=東京都世田谷区、田井中雅人撮影
  • 講演する尾松亮氏
  • 津田敏秀さん(左)と越智小枝さん=東京都江東区の日本科学未来館、田井中雅人撮影
  • 畑を手入れする菅野みずえさん
  • 『バラカ』
  • 福島県外に子どもと避難している母親が作ったスライド
  • 鎌仲ひとみさん=東京都渋谷区のイメージフォーラム、田井中雅人撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】買うよりも絶対に安い

    家族が幸せになるパン焼き機

  • 【&M】「世界一飛ぶ球場」での奇跡

    古内義明のメジャー見聞録

  • 【&w】旬の俳優、それぞれの役作り

    GW注目映画インタビュー特集

  • ブック・アサヒ・コム震災に向き合う歴史学

    文書を「レスキュー」せよ

  • WEBRONZA「緊急事態条項」は必要か

    フランスの改憲論議から考える

  • 写真

    ハフポスト日本版 MET GALA画像集

    美を競い合うセレブたち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ