メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

白河市

関連キーワード

  • 白河越え(2012年08月24日 朝刊)

    奈良時代から平安時代に陸奥国(東北地方)への玄関口として「白河の関」(福島県白河市)が設けられていたことから、甲子園でまだ優勝がない東北地方の高校が頂点に立つことを、「優勝旗は白河の関を越えるか」とたとえられてきた。

  • 小原庄助(2015年03月18日 朝刊)

    県文化振興課によると、会津の商人説、武士説、塗り師説がある。白河市大工町の皇徳寺には「会津塗師久五郎」を本名とする「伝小原庄助」の墓があり、墓石はとっくりの上に伏せた杯を乗せた形だ。1858年に亡くなり、戒名は「米汁呑了居士」。辞世として「朝によし昼になほよし晩によし、飯前飯後その間もよし」とある。一日中米汁(酒)を飲んでいたらしい。

最新ニュース

阪急阪神第一ホテルグループ 東北エリアに新拠点 2017年4月1日より東京第一ホテル新白河が加盟します<ホテルサンルート白河よりリブランド>(2017/3/28)

リリース発行企業:株式会社阪急阪神ホテルズ株式会社阪急阪神ホテルズ(本社:大阪市北区 代表取締役社長:藤本 和秀)は、株式会社日神ホテルズ(本社:東京都千代田区 代表取締役:小川 右二)、合同会社けや[続きを読む]

白河市をコトバンクで調べる

写真

  • 鹿嶋神社(白河市東)の飛翔獅子。名工・小松寅吉の最高傑作といわれる
  • 鍋を囲む子どもたちと、鴻巣麻里香さん(奥の右から4番目)らスタッフ=福島県白河市
  • 関谷裕幸さん(右)から野菜を受け取る馬場大治さん=白河市白坂地区
  • 双葉町歴史民俗資料館を視察する人々=はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会提供
  • 県域を超えて大震災の記録を収集・保管する東北大災害科学国際研究所のアーカイブ「みちのく震録伝」の画像と柴山准教授
  • 「お帰りなさい」と被災者らを迎える人たち=加須市正能の加須ふれあいセンター
  • 「長年かけて研究してきた技術は地震があっても侵されない。ものを生み出せる」と語るコシノジュンコさん=東京都渋谷区の国立代々木競技場
  • 会見する新谷史明・総合磐城共立病院長(中央)=いわき市
  • 試写前に舞台に登場した(右から)えのきさりなさん、竹中直人さん、高樹澪さん=白河市文化交流館コミネス
  • 受賞した作文を読み上げる鶴岡涼さん。至近距離に目を近づけないと文字が読めない=福島市の県立盲学校
  • 築130年の町屋、森本襖表具材料店。近く解体を申請する予定だ=2日、熊本市中央区、福岡亜純撮影
  • 頭がとれたキツネの石像=11日、福島県泉崎村の烏峠稲荷神社、石塚大樹撮影
  • 頭がとれた墓地の地蔵=5日、福島県須賀川市
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】心拍トレーニングのお供に!

    運動にオススメのイヤホン

  • 【&TRAVEL】全米一住みたい街美食フェス

    世界美食紀行

  • 【&M】春を待つ森の営みを探そう!

    親子で自然に親しむ〈PR〉

  • 【&w】ニュアンスカラーで春らしく

    ファッションニュース

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA推進法案、努力義務は画期的

    議員数の男女平等は実現するか

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ