メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

白河市

関連キーワード

  • 白河越え(2012年08月24日 朝刊)

    奈良時代から平安時代に陸奥国(東北地方)への玄関口として「白河の関」(福島県白河市)が設けられていたことから、甲子園でまだ優勝がない東北地方の高校が頂点に立つことを、「優勝旗は白河の関を越えるか」とたとえられてきた。

  • 小原庄助(2015年03月18日 朝刊)

    県文化振興課によると、会津の商人説、武士説、塗り師説がある。白河市大工町の皇徳寺には「会津塗師久五郎」を本名とする「伝小原庄助」の墓があり、墓石はとっくりの上に伏せた杯を乗せた形だ。1858年に亡くなり、戒名は「米汁呑了居士」。辞世として「朝によし昼になほよし晩によし、飯前飯後その間もよし」とある。一日中米汁(酒)を飲んでいたらしい。

最新ニュース

コンテンツ教育学会主催 2017年度春季研究大会|基調講演:サイバーコネクトツー松山洋氏による「最前線で通用するゲームクリエイターの人材育成とは」(2018/2/20)

リリース発行企業:デジタルハリウッド株式会社日程:3月12日 / 会場:城西国際大学 紀尾井町キャンパス3号棟 国際会議場デジタルハリウッド大学大学院教授の高橋光輝が理事長を務める「コンテンツ教育学会…[続きを読む]

白河市をコトバンクで調べる

写真

  • 著書「白河踊り」を手にする中原正男さん。地道な調査は「手間はかかったが楽しかった」と話す=萩市
  • だるまを売る露店に大勢の人が訪れた=白河市
  • 雪景色のなか、行者姿の参加者が練り歩いた=大蔵村南山
  • 薩摩藩の戦死者を弔ってきた丸の内町内会長の箕輪正男さん=福島県白河市
  • 稲荷山のふもとにある東西両軍の墓。手前は長州と大垣藩士、道路を挟んだ約15メートル先には会津藩士の墓がある=白河市松並
  • 初の海外公演に向け、練習に打ち込む参加者たち=10月、いわき明星大
  • 走り込む学法石川の女子チームの選手たち=白河市北中川原
  • 互いに相手先のテーマフレーズなどを持ち、記念写真に納まる白河市の鈴木和夫市長(左)と山口県萩市の藤道健二市長=同市役所、白河市提供
  • 投げつけられたウリで割れたヘッドライト(福島県警提供)
  • イラスト・大雪師走
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ