メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

皇室典範

関連キーワード

  • 皇室典範と付則(2017年02月21日 朝刊)

    37条の本則からなり、皇位継承の順位や皇族の範囲などを定める。皇室典範を改正して退位を恒久制度とするには、天皇の逝去による皇位継承を定めた4条などを変える必要があるとされる。本則とは別に、施行日などを定めた付則がある。

  • 天皇と葬儀(2013年11月15日 朝刊)

    皇室典範は25条で「天皇が崩じたときは、大喪の礼を行う」と定めるが、具体的な内容は規定されていない。そのため、宮内庁は昭和天皇の葬儀と同様、戦後廃止された旧皇室喪儀令を下敷きに検討を進めた。陵についても、皇室典範27条に「天皇、皇喉太皇太后及び皇太后を葬る所を陵、その他の皇族を葬る所を墓とし」とあるが、それ以外の規定はないため、やはり戦後廃止された旧皇室陵墓令を参考にした。

  • 女性・女系天皇をめぐる政府の動き(2016年09月18日 朝刊)

    小泉政権時代の2005年11月、首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は、「女性天皇」や母方に天皇の血筋を引く「女系天皇」を認める報告書をまとめた。05年12月、内閣官房に皇室典範改正準備室が設置され、政権は06年の通常国会で改正法案の提出を目指したが、同年2月に秋篠宮妃紀子さまの懐妊が明らかになり、法案提出は見送られた。旧民主党の野田政権は12年10月、皇位継承のあり方をめぐる問題とは切り離して、皇族の女性が皇族以外と結婚しても、皇室に残れるようにする女性宮家の創設を軸にした論点整理を取りまとめた。だが、同年12月に自民党の安倍政権に代わり、その後、表だった動きはない。

最新ニュース

退位日決定11月以降 秋篠宮さま皇室会議議員交代検討(2017/9/21)

 政府は天皇陛下の退位日と元号を改める改元日の決定を、衆院総選挙が終わった後の11月以降に先送りする方針を固めた。決定前に開く「皇室会議」では、皇族を代表する議員である秋篠宮さまについて、天皇陛下の退…[続きを読む]

写真

  • 『平成の天皇制とは何か 制度と個人のはざまで』『生前退位―天皇制廃止―共和制日本へ』
  • ブータンを訪問し、断崖の上に建つタクツァン寺院に向かう眞子さま=6月6日、ブータン、北村玲奈撮影
  • 京都市の三十三間堂は、後白河上皇が院政を行った法住寺殿の一角に平清盛に命じて造らせた
  • アグネス・チャンさん
  • 女性で初めて即位した推古天皇の墓と考えられている植山古墳の石室=奈良県橿原市
  • 天皇陛下との思い出を語る野田佳彦氏=国会内、相場郁朗撮影
  • 天皇陛下との思い出を語る野田佳彦氏=国会内、相場郁朗撮影
  • 鳩山由紀夫氏=迫和義撮影
  • 天皇陛下との思い出を語る鳩山由紀夫氏=東京・永田町、迫和義撮影
  • 京都御所=2015年、京都市上京区、朝日新聞社ヘリから
  • 河内隆氏
  • 「民営化後、鉄道のもつ社会的公共性が考えられなくなった」=鹿児島県のJR帖佐(ちょうさ)駅前、長沢幹城撮影
  • 安倍晋三首相(右上)の会見で質問のために挙手をする記者たち=19日午後6時26分、首相官邸、岩下毅撮影
  • 退位をめぐる今後の流れ
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ