メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月12日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

相続税

関連キーワード

  • 相続税の増税(2016年12月16日 朝刊)

    2015年1月以降、基礎控除と呼ばれる非課税の枠が「5千万円+法定相続人の数×1千万円」から「3千万円+法定相続人の数×600万円」に引き下げられ、最高税率は50%から55%になった。基礎控除はバブル後、地価が下落しても据え置かれていたため、課税割合が低下した。

  • 累進課税(2009年03月09日 朝刊)

    課税対象の額が大きくなるほど、税率が高くなる仕組み。日本では所得税や相続税などでこの方式がとられている。所得に応じた税負担や、富の集中を排除することなどが目的。努力して増やした収入の多くを徴税されると、労働意欲が損なわれ、経済活動が弱まるとの指摘もある。

  • 教育資金贈与の非課税措置(2013年09月14日 朝刊)

    祖父母が30歳未満の孫に教育資金をまとめて贈る場合、孫1人あたり1500万円を上限に贈与税を非課税にする制度。余裕があるお年寄りのお金を若い世代へ回す効果が期待されている。今年4月から2015年12月末までの贈与が対象となる。入学金や授業料に充てるほか、塾や習い事の費用も500万円までは非課税となる。多額の相続税が見込まれる富裕層にとっては、資産の一部を非課税で譲渡する「節税効果」が期待できる。祖父母が孫の授業料などをその都度直接支払う場合は、これまで同様、贈与税の対象にはならない。詳細は、文部科学省のサイト(http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/zeisei/1332772.htm)。

最新ニュース

<新刊書籍> 突然の税務調査もこれで安心!!『相続税専門税理士が教える 相続税の税務調査完全対応マニュアル』発刊(2017/12/12)

相続税専門の税理士事務所である岡野雄志税理士事務所(所在地:横浜市港北区新横浜、代表税理士:岡野 雄志)は、12月12日(火)、所長の岡野 雄志にとって5冊目の著作となる『相続税専門税理士が教える 相…[続きを読む]

写真

  • イラスト・深川直美
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】飯テロなら任せろ!

    インスタ映えする料理写真

  • 写真

    【&TRAVEL】年1度の飲み&食い倒れ祭り

    ハワイのフードイベント参戦

  • 写真

    【&M】もちもち生地の食感に衝撃!

    下北沢のおいしいイタリアン

  • 写真

    【&w】東信さんがNYTで選出

    今年を象徴するアーティスト

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム最後の長編小説と思っている

    「今度生まれたら小説家に…」

  • 写真

    WEBRONZA苦悩する連合 どこへ行く?

    歴史から考える「これから」

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗、浅草に現る!

    舞台とリンクする浅草の景色

  • 写真

    T JAPANできてしまうカタチを楽しむ

    「しょうぶ学園」のクラフト展

  • 写真

    ハフポスト日本版 2017年に亡くなった方々

    安らかに。

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ