メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

相続税

関連キーワード

  • 相続税の増税(2016年12月16日 朝刊)

    2015年1月以降、基礎控除と呼ばれる非課税の枠が「5千万円+法定相続人の数×1千万円」から「3千万円+法定相続人の数×600万円」に引き下げられ、最高税率は50%から55%になった。基礎控除はバブル後、地価が下落しても据え置かれていたため、課税割合が低下した。

  • 累進課税(2009年03月09日 朝刊)

    課税対象の額が大きくなるほど、税率が高くなる仕組み。日本では所得税や相続税などでこの方式がとられている。所得に応じた税負担や、富の集中を排除することなどが目的。努力して増やした収入の多くを徴税されると、労働意欲が損なわれ、経済活動が弱まるとの指摘もある。

  • 教育資金贈与の非課税措置(2013年09月14日 朝刊)

    祖父母が30歳未満の孫に教育資金をまとめて贈る場合、孫1人あたり1500万円を上限に贈与税を非課税にする制度。余裕があるお年寄りのお金を若い世代へ回す効果が期待されている。今年4月から2015年12月末までの贈与が対象となる。入学金や授業料に充てるほか、塾や習い事の費用も500万円までは非課税となる。多額の相続税が見込まれる富裕層にとっては、資産の一部を非課税で譲渡する「節税効果」が期待できる。祖父母が孫の授業料などをその都度直接支払う場合は、これまで同様、贈与税の対象にはならない。詳細は、文部科学省のサイト(http://www.mext.go.jp/a_menu/kaikei/zeisei/1332772.htm)。

最新ニュース

写真・図版

(政策を問う 2017衆院選)年金、生活の支えに不十分 現役世代は制度に懐疑的(2017/10/19)

 「宝くじみたいなものだね。当たればだいぶゆとりができるんだけど」 テレビや洗濯機のない東京都国立市の木造アパートの一室。無職の小板橋義男さん(79)は公営住宅の落選はがきの束に目をやった。収入が低い…[続きを読む]

写真

  • 公営集合住宅の落選はがきを手に取る小板橋義男さん
  • 公益信託の新制度のイメージ
  • 田んぼが広がる地帯には次々と新しいアパートや住宅が建つ=羽島市内
  • 公益信託の新制度のイメージ
  • 保護者らが見守るなか、運動会のリレーで走る園児たち=千葉県柏市の晴山幼稚園(画像の一部を加工しています)
  • 人口減などの影響で、徳島市中心部の不動産投資は停滞気味だ=8月下旬
  • 羽生市の市街化調整区域で新たに増えたアパート
  • 右から届け出順
  •   
  • 三島憲一さん
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ