メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月08日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

矢板市

関連キーワード

  • JA栃木厚生連(2008年12月12日 朝刊)

    正式名称は栃木県厚生農業協同組合連合会。出資金5億1千万円を、県内各農協が負担している。県内で塩谷総合病永矢板市)、下都賀総合病永栃木市)、石橋総合病永下野市)などを運営している。上部組織は、全国厚生農業協同組合連合会(JA全厚連)。大正時代に島根県で、医者のいない農村に低価格の医療を提供する活動をしたのが事業の始まりとされる。1948年に農業協同組合法にもとづく全国組織になった。08年5月現在、傘下には119病院と60診療所がある。

  • 指定廃棄物の最終処分場建設問題(2014年10月31日 朝刊)

    指定廃棄物は、原発事故で飛散した放射性物質が付着した1キロあたり8千ベクレルを超える汚染ゴミを指す。農家の稲わらや堆肥(たいひ)、下水汚泥やごみの焼却灰などで、除染で出た土は含まない。放射性物質汚染対処特措法の基本方針では排出した県内で処理すると定めており、環境省は栃木、宮城、群馬、茨城、千葉の5県に各1カ所ずつ最終処分場を造る計画。県内では2012年9月にいったん建設候補地として矢板市の国有林を選んだが、突然の発表に地元が猛反発。政権交代で仕切り直しとなった。環境省は新たに候補地を決めるため、県内の首長を集めて計4回会議を開き、選定ルールなどを決定。7月30日に塩谷町の国有林を提示した。

最新ニュース

栃木)五穀豊穣願う梵天まつり 若衆が威勢よく練り歩く(2016/11/24)

 秋の収穫に感謝し、来年の五穀豊穣(ほうじょう)を願う「羽黒山梵天(ぼんてん)まつり」が23日、宇都宮市今里町の羽黒山神社であった。秋空の下で、赤や青など色とりどりの梵天11本が神社に奉納された。 祭[続きを読む]

矢板市をコトバンクで調べる

写真

  • 威勢の良いかけ声とともにはんてん姿の参加者が梵天を持ち上げた=宇都宮市今里町
  • 乳児の遺体は25日朝、写真右奥側の植え込みで発見された。そのすぐ右側の多目的トイレで8日前に血痕が見つかり、栃木県警矢板署員が調べていた=25日午前、矢板市扇町1丁目
  • 林野庁職員の反対で伐採から守られた大滝の自然林=高原山山麓、塩谷町提供
  • 見頃を迎えたシュウカイドウ=矢板市長井の寺山観音寺
  • 参院選栃木選挙区の18、19歳の投票率
  • 栃木の頭文字「T」をイメージしてつくられたツール・ド・とちぎの大会ロゴ=ツール・ド・とちぎ実行委員会提供
  • 業者が飼育する犬。トタン小屋の中に並べられた二段重ねのケージで飼われていた=矢板市
  • 斎藤淳一郎市長(右)に要望書を手渡す市民有志の会の佐野幸隆代表=矢板市役所
  • 演奏を終えた日光市立藤原中=真岡市民会館
  • 「からたちの花」や「夏は来ぬ」などの夏メドレーも流れた=那須塩原市議会
  • 槍鉋(やりがんな)をかけるときも一心不乱。木の表面に波打ったような表情がつく=栃木県塩谷町の鵤工舎
!

シンプルコースの読み放題は12月14日まで

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】手順もおまかせで本格調理

    マルチクッカー使ってみた

  • 【&TRAVEL】津山城の美しい石垣を堪能

    城旅へようこそ

  • 【&M】BBQ協会代表が家族で挑戦

    トレーラーキャンプ〈PR〉

  • 【&w】妻へ贈る、はじめての花束

    花のない花屋

  • ブック・アサヒ・コムうつむき加減の若者が変わる

    後藤正治の本で読むボクシング

  • WEBRONZA高齢者運転禁止のデメリット

    若者の方が高い死亡事故率

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃

    あの日を写真で振り返る

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ