メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

石牟礼道子さん死去

写真・図版

石牟礼道子さん死去 水俣病を描いた小説「苦海浄土」 (2018/2/10)

水俣病患者の苦しみや祈りを共感をこめて描いた小説「苦海浄土」で知られる作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市の介護施設で死去した。90歳だった。葬儀は近親者のみで執り行う。…[続きを読む]

【動画】石牟礼道子さん 水俣病への思いを語る(2016/05)

■〈エッセー〉魂の秘境から

写真・図版

(魂の秘境から:1)石の神様 熊本城に宿る、不死の年月 石牟礼道子 (2017/4/27)

幼いころ、この世で一番えらいのは「セイショコさま」という神様だと思っていた。わたしを膝(ひざ)にのせて焼酎をだいぶ聞こし召した父が、この神様の名を口にするときにはやおら威儀を正すのである。 熊本は水俣で、道普請(道路工事)を請け負う石屋で…[続きを読む]

写真・図版

押し出された者と交わった魂 石牟礼さん追悼・池澤夏樹 (2018/2/10)

石牟礼さんがもういない。 熊本に行っても、託麻台リハビリ病院にもユートピア熊本にも石牟礼さんはいない。念のため、以前に暮らしていらしたやまもと内科の四階を覗(のぞ)いても、やはりおられない。あれらの部屋はみな空っぽになってしまった。 この…[続きを読む]

【動画】水俣病、原発…石牟礼さんインタビュー(「ことのは311」から)(2012/02)

 東日本大震災から1年後、詩人たちに詩を朗読してもらった「ことのは311」。石牟礼さんは「花を奉る」を朗読しました。朗読の動画はこちら。[続きを読む]

今も終わらない水俣病への思い

読み継がれる石牟礼文学

水俣病、なお続く痛み

最新ニュース

写真・図版

石牟礼さんにみた「歌」を 原作の舞台、東京で26・27日(2018/4/19)

 2月に亡くなった詩人・作家の石牟礼道子の作品「西南役伝説」を原作とする舞台「浄瑠璃(じょろり)芝居 六道御前(ろくどうごぜ)」が26、27日、東京・吉祥寺シアターで上演される。一人芝居で演じる金子あ…[続きを読む]

石牟礼道子をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ