メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

社民党

関連キーワード

  • 国労とJR不採用問題(2009年03月25日 夕刊)

    90年に国鉄清算事業団を解雇された国労組合員の一部は全国で36の「闘争団」をつくり、自活しながら争議を続けた。00年に当時の与党3党と社民党が、JRに法的責任がないことを国労が認める代わりに組合員の雇用や和解金について検討する、という「4党合意」を国労に提示。国労本部は受諾したが、一部の闘争団が反発して立ち消えになった。国労差別を認める判決が出たことを機に、再び国労と闘争団が一致して解決を目指すように。現在は、裁判と並行して新たな「政治決着」を求めている。

  • 貨物検査特別措置法案(2009年11月29日 朝刊)

    北朝鮮が5月、2度目の核実験を強行したことを受け、国連安全保障理事会で翌月、北朝鮮への金融制裁や船舶への貨物検査などを国連加盟国に求める決議が全会一致で採択された。決議は日本が率先する形で立案された経緯があり、麻生政権は貨物検査を実行するための法案を通常国会に提出したが廃案となった。この法案には海上保安庁だけでなく、特別な事情がある場合は自衛隊が警備などに当たることができるとする条項もあったが、鳩山政権は領海外の自衛隊の活動に慎重な社民党に配慮し、自衛隊に関する部分を削除して再提出した。

  • 普天間飛行場の移設先(2010年03月11日 夕刊)

    2006年に日米両政府が合意した現行案は、14年までに沖縄県名護市の米軍キャンプ・シュワブの沿岸部を埋め立て、代替施設を建設する計画。社民党は在沖縄海兵隊をグアムなどに移転させ、実現までの間は普天間の機能を県外移設する案などを、国民新党はキャンプ・シュワブ陸上案と沖縄県内の嘉手納基地に普天間の機能を統合する案を示している。

最新ニュース

写真・図版

党内の議論もないのに…解散の大義、疑問の声は与党にも(2017/9/26)

 「国難突破解散」。安倍晋三首相が25日の記者会見で表明した衆院解散の理由は、少子高齢化と北朝鮮情勢を「国難」として、「国民の信任なくして大改革、毅然(きぜん)とした外交は進められない」というものだっ…[続きを読む]

社民党をコトバンクで調べる

写真

  • 「四つの疑問」をめぐる主張の違い
  • ベルリンで25日、キリスト教民主同盟の党本部で開かれた記者会見で話すメルケル首相=ロイター
  • 記者会見に臨む安倍晋三首相(中央)=25日午後、首相官邸、岩下毅撮影
  • 記者会見で「この解散は国難突破解散だ」と強調する安倍晋三首相=25日午後、首相官邸、岩下毅撮影
  • スーパー前で、のぼりを手にマイクで訴える衆院選立候補予定者=苫小牧市
  • 衆院小選挙区の各政党の擁立の状況
  • 衆院選に向けて、野党はいま…
  • 政策フォーラム「せたがやD.I.Y道場」の参加者ら。保坂展人・東京都世田谷区長(左から2人目)も加わった=16日、同区の梅丘パークホール
  • 冒頭解散の狙いと結果
  • 冒頭解散の狙いと結果
  • 安倍政権の抱える課題と、9月28日解散の場合に想定される選挙日程
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ