メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福島市

関連キーワード

  • 福島市小鳥の森(2013年11月03日 朝刊)

    1983年11月1日に開園。約52ヘクタールの里山に、遊歩道や室内から観察できるネイチャーセンターなどがある。園内で確認された野鳥は約90種類。環境省の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれた。市の施設で、日本野鳥の会ふくしまが管理運営している。

  • 自立更生促進センター(2010年07月29日 朝刊)

    刑務所を仮釈放になったが家族らの引受人がいない人は、全国約100カ所(定員約2300人)の民間更生保護施設で一定期間暮らし、就職活動などをする。しかし、再犯者は敬遠されやすいなどの課題があるため、センターは民間施設で対応が困難な対象者の受け皿とされる。2006年8月までに福岡、京都、福島の3市が候補地になったが、福島市以外は地元の反対で「凍結状態」になっている。

  • 松川事件(2015年11月13日 朝刊)

    1949年8月17日、現在の福島市松川町の旧国鉄東北線で列車が脱線、転覆し、乗務員3人が死亡した。国鉄や東芝の労組幹部ら20人が関わったなどとして逮捕、起訴された。一審では全員が有罪判決を受け、うち5人が死刑判決だった。だが63年、被告のアリバイが証明されるなどして、最高裁で全員の無罪が確定。翌年に時効が成立した。

最新ニュース

福島)障害ある子もない子も楽しもう おもちゃ博始まる(2017/6/25)

 障害のある子もない子も楽しめる「バリアフリーふれあいおもちゃ博」が24日、福島市早稲町の「こむこむ館」で始まった。親子連れなどが知的障害者の感覚を疑似体験したり、障害者スポーツ「ボッチャ」に取り組ん[続きを読む]

福島市をコトバンクで調べる

写真

  • 軍手を二重にはめて、手先が不自由な知的障害者の感覚を疑似体験する来場者=福島市早稲町
  • 「鹿児島の梅沢富美男」こと鳥越昭一さん。ど派手な衣装と話術でなごませた=いわき市平豊間
  • 多彩な品種、新顔も続々<グラフィック・大屋信徹>
  • ピンク色に実った「あかつき」=2016年7月、JAふくしま未来提供
  • 組み合わせ抽選の結果を見つめる選手たち=郡山市
  • ギターの音色を口笛と合わせる高木満理子さん=須賀川市中央公民館
  • 商品の魅力を買い物客に伝えるグッデイマーケット副代表の佐藤則雄さん(中央)=JR福島駅東口
  • ストライクゾーンの確認をする審判員たち=福島市の県営あづま球場
  • 最優秀賞「三兄弟」 笹尾敏子(神奈川県平塚市)
  • 大蔵寺蔵千手観音立像=久保田狐庵撮影
  • 浪江・双葉支店が開店すると、さっそく大勢のお客が窓口にやってきた=浪江町幾世橋
  • 暗闇に包まれた小川の上を、多数のゲンジボタルが飛び交っていた=福島市上鳥渡
  • NHK・BSプレミアムで6月18日放送、『乃木坂46のガクたび!』第2弾に出演する(左から)高山一実、桜井玲香、星野みなみ、松村沙友理(C)NHK
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】高級モデルが人気!?

    扇風機ランキング

  • 写真

    【&TRAVEL】眼下に広がるあじさいの海

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】アメ車のバンコンで家族と

    ベテランのキャンプ車遍歴

  • 写真

    【&w】デビューで打ち立てた金字塔

    中村一義 インタビュー

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム熱海にいた宇宙人

    新鋭漫画家・原百合子の怪作

  • 写真

    WEBRONZA花組『邪馬台国の風』

    タケヒコを主人公にする難しさ

  • 写真

    ハフポスト日本版 地球に舞い降りた天使

    仕事中に見たら思わず手が止まってしまう子猫28連発

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ