メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福島市

関連キーワード

  • 福島市小鳥の森(2013年11月03日 朝刊)

    1983年11月1日に開園。約52ヘクタールの里山に、遊歩道や室内から観察できるネイチャーセンターなどがある。園内で確認された野鳥は約90種類。環境省の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれた。市の施設で、日本野鳥の会ふくしまが管理運営している。

  • 自立更生促進センター(2010年07月29日 朝刊)

    刑務所を仮釈放になったが家族らの引受人がいない人は、全国約100カ所(定員約2300人)の民間更生保護施設で一定期間暮らし、就職活動などをする。しかし、再犯者は敬遠されやすいなどの課題があるため、センターは民間施設で対応が困難な対象者の受け皿とされる。2006年8月までに福岡、京都、福島の3市が候補地になったが、福島市以外は地元の反対で「凍結状態」になっている。

  • 松川事件(2015年11月13日 朝刊)

    1949年8月17日、現在の福島市松川町の旧国鉄東北線で列車が脱線、転覆し、乗務員3人が死亡した。国鉄や東芝の労組幹部ら20人が関わったなどとして逮捕、起訴された。一審では全員が有罪判決を受け、うち5人が死刑判決だった。だが63年、被告のアリバイが証明されるなどして、最高裁で全員の無罪が確定。翌年に時効が成立した。

最新ニュース

「なつがやってきました。ずっしりとおもいおおきなももがなりました」。リスたちがモモができたことを喜ぶ、絵本の1コマ。

福島)福島のモモに誇りを 絵本に込めた農家の願い(2016/08/28)

 福島の夏を知らせる県産モモの主力品種「あかつき」が育ち、食べる人の手に届くまでを描いた絵本が生まれた。福島市の橘内義知さん(38)ら果樹農家のグループがつくった。「子どもたちが福島のモモに誇りが持て[続きを読む]

福島市をコトバンクで調べる

写真

  • 「なつがやってきました。ずっしりとおもいおおきなももがなりました」。リスたちがモモができたことを喜ぶ、絵本の1コマ。
  • 台風9号の接近で時折吹く強風の中、通勤する人たち=22日午前、東京都千代田区、小玉重隆撮影
  • 県合唱コンクールに参加した日野中の生徒たち=近江八幡市安土町桑実寺
  • 重さ約3キロほどの重量挙げを楽しむ子ども=福島市
  • 古和田秀一さん
  • 原発事故避難者への住宅提供の延長を求める団体の設立について、記者会見する井上肇さん(中央)や武田徹さん(右)ら=県庁
  • 福島市渡利に投下された爆弾の破片や当時の時計を見つめる高校生=福島市のコラッセふくしま
  • 流しそうめんを楽しむ人たち=松江市殿町
  • ギャラリーで原爆の惨禍をテーマにした「Lament」をチェリスト大前知誇(ちか)さん(右)と演奏する新垣隆さん=8月6日、東京・池袋の東京芸術劇場
  • 浄土平から吾妻小富士に登る観光客ら=福島市
  • 熊本出身の佐田の海関に挑戦する子ども=福島市国体記念体育館

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】癒やしの猫もぐらたたき

    保護猫カフェで猫助け

  • 【&TRAVEL】町家に暮らし、町家に帰る

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】標高8千メートルのお茶会

    三浦雄一郎さんの別腹

  • 【&w】オサムグッズ40周年

    原田治さん展覧会

  • ブック・アサヒ・コム水無田気流が相談に回答

    「長男に彼女ができた…」

  • WEBRONZA香取慎吾、勤労少年の悲しさ

    ミニカーで遊ぶ頃から働く人生

  • 写真

    ハフポスト日本版 橋本マナミ画像集

    人々を虜にするその魅力

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ