メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福建省

関連キーワード

  • 台湾の民族・出身構成(2008年10月07日 朝刊)

    台湾には17世紀以降、対岸の中国から漢民族の移民が本格化し、福建省からのビン南(びんなん)人や、福建省や広東省などの中国南部にいた「流浪の民」と呼ばれる客家(ハッカ)人が、戦前に定住。これらの人々は「台湾省の人々」という意味で本省人と呼ばれ、戦後組の外省人とは区別されている。蒋介石、蒋経国両元総統ら民主化以前の有力政治家の大半は外省人だった。その後、李登輝、陳水扁両政権では本省人が多数登用されたが、現在の馬英九政権は馬氏や劉兆玄(リウ・チャオシュワン)・行政院長(首相)ら外省人幹部が多い。芸能や文化方面で活躍する外省人は多く、歌手のテレサ・テンや欧陽菲菲、映画監督の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)、李安(アン・リー)などがいる。

  • 金門(2008年10月08日 朝刊)

    金門島、小金門島など12の島からなり、中国・アモイと最短2・1キロで接する。歴史的に中国福建省に属してきた。台湾の行政区分では「中華民国福建省」の管轄。国共内戦で蒋介石元総統率いる中国国民党が49年末に台湾へ移った後は馬祖とともに台湾防衛の軍事拠点となった。58年8月に中国軍が金門島を砲撃し、中台の砲撃戦で多数の死傷者が出ると、米第7艦隊が台湾海域で戦闘態勢に入り、緊張が高まった。

  • 祭祀公業(2011年07月18日 朝刊)

    福建省、広東省を中心に宋代から発達。同姓一族で共有地を持ち、収穫で先祖をまつる組織をいう。台湾で最もよく残っているといわれる。似た組織に「神明会」がある。同郷人が特定の神をまつるもので構成員は同姓に限らない。日本統治末期、皇民化政策の圧力を受け、便宜的に祭祀公業を名乗るようになった神明会が少なくない。

最新ニュース

(核心の中国)側近:7 やり手にも出世遅れた過去(2017/4/20)

 目つきの鋭い人だな。それが私の第一印象だった。 中国共産党の中央弁公庁主任、栗戦書(リーチャンシュー)(66)が2000年代後半、まだ黒竜江省の省長だったころ、その演説を会場で直接、聞いたことがある[続きを読む]

福建省をコトバンクで調べる

写真

  • 2008年10月、日本関連のイベントに出席した栗戦書・黒竜江省長(当時)=ハルビン市
  • 会見する何立峰・国家発展改革委員会主任=6日午前、中国・北京、矢木隆晴撮影
  • 貧富の格差を象徴する北京市中心部の化石営地区。高層ビルが立ち並ぶビジネス地区の中に、粗末な平屋の家が並ぶ=2月23日、延与光貞撮影
  • 沖縄県沖縄市の銀天街商店街では、毎週土曜日に「琉球象棋教室」が開かれている
  • 息を合わせてジャンプ!獅子舞の練習をする生徒たち=横浜・中華街の「横浜中華学院」
  • 謝恩会で最高人民法院などへの感謝の気持ちを示した幕を示す聶樹斌さんの家族ら。中央が母親の張煥枝さん=昨年12月19日、中国・石家荘、延与光貞撮影
  • 中国、台湾向けにパッケージを刷新した沖坤の琉球漆喰(同社提供)
  • かつては「寧波城市展覧館」の文字のわきに黄興国氏の名前が添えられていた=浙江省・寧波、関係者提供
  • 文字が全て削り取られた展覧館の入り口。壁にうっすらと跡が残っていた=11月8日、浙江省・寧波、延与光貞撮影
!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】SNS投稿も簡単!

    EOS Mシリーズ最新作

  • 【&TRAVEL】元気ださにゃんばい、九州!

    「旅猫ニャン吉」写真集

  • 【&M】盆おどりに魅せらせて

    中村 中さんの「私の一枚」

  • 【&w】東コレを写真で一挙に

    17年秋冬東京コレクション

  • ブック・アサヒ・コム春は旅立ちの季節

    作家・上田岳弘がひもとく本

  • WEBRONZA真央が現役を続けていたら…

    昨季、過去最高レベルだった

  • 写真

    ハフポスト日本版 外国人が撮った江戸の人々

    西洋文化が浸透する前の姿が鮮やかに

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ