メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

秩父市

関連キーワード

  • 秩父漁業協同組合(2009年12月15日 朝刊)

    1950(昭和25)年に県の認可を受け発足した。玉淀ダム上流の荒川水系にある秩父市や長瀞、皆野、小鹿野、横瀬町の組合員でつくる。組合員の実数は約500人とされる。各地区の選挙で総代(定数112)を選び、組合員総会に代わる総代会を12月に開く。役員として理事19人、監事3人を置く。決算年度は毎年10月〜翌年9月末。主な事業はアユやヤマメなどの放流やヤマメの養殖、秩父イワナの保護・増殖のほか、遊漁料徴収などをしている。09年度は遊漁料や漁業権行使による収入は約3400万円、養殖魚などの販売収入約3700万円。

  • 龍勢祭(2011年09月20日 朝刊)

    旧吉田町(現・秩父市)で400年以上の伝統を誇る椋(むく)神社例大祭で、手作りのロケットが毎年30本打ち上げられる。龍が天に昇る姿に似ていることから龍勢と呼ばれ、県の無形民俗文化財に指定されている。大自然のなかで打ち上げられる龍勢は迫力満点。観光客らの人気も高く、打ち上げの日には例年、人口6千人ほどの旧町に約10万人が詰めかける。

  • 旧大滝村(2014年06月05日 朝刊)

    2005年4月に秩父市と対等合併した。荒川源流域の山間地で、広さは県面積の1割にあたる330平方キロメートル。林業や鉱業で栄えた。1960年のピーク時に8202人いた人口は、合併時は1352人。合併後も減少は続き、今年5月1日現在で873人。15年春の大滝中の閉校で、旧村内から小中学校がなくなる。

最新ニュース

「受益者負担」「悪影響」 山岳救助ヘリ、有料化に賛否(2017/6/28)

 埼玉県が防災ヘリコプターを使った山岳遭難救助を有料化すると決めた。「山ガール」という言葉まで生まれた登山ブームの一方、遭難は後を絶たない。これから夏山最盛期。有料化は是か非か。 3月の埼玉県議会。最[続きを読む]

秩父市をコトバンクで調べる

写真

  • 防災ヘリ有料化を巡る埼玉県議会での主な議論
  • 防災ヘリ有料化を巡る埼玉県議会での主な議論
  • 歌舞伎衣装のまま坂東彦五郎の墓参りをする役者たち=秩父市の万松寺
  •   ガチャマンラボ(足利市)の作品
  •   
  • 最優秀賞「三兄弟」 笹尾敏子(神奈川県平塚市)
  • 小名木川物語@東陽町
  • 利き酒をする参加者ら=秩父市
  • 斜面の下部に杭のように刺さって見えるのは……=秩父市中津川
  • 6歳児が落下して骨折したうんてい。一番高い場所で185センチあった=京都府亀岡市提供
  • 埼玉県秩父市の公立保育所で共有している事故調査シート。けがの部位もイラストに書き込む
  • 花菖蒲の小道@小石川
  • 神政連が昨年秋に作ったリーフレット。「協力:神社本庁」とある。憲法に緊急事態条項を設けることなどを唱えている
  • 日傘を手に第33回全国都市緑化よこはまフェア「里山ガーデン」の花を楽しむ人たち=20日午前、横浜市、柴田悠貴撮影

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ