メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 立川市のごみ有料化(2013年12月14日 朝刊)

    11月1日から、家庭の可燃ごみと不燃ごみの有料化が始まった。市民は、指定ごみ袋を取扱店で買うことで、ごみ処理手数料を払う。市は取扱店から手数料を納めてもらっている。販売は各サイズ10枚1組で、5リットルが100円、10リットルが200円、20リットルが400円、40リットルが800円。市によると、11月のごみ収集量は計1629トンで前年同月の2150トンより24%減った。

  • 国営昭和記念公園(2008年10月25日 朝刊)

    昭和天皇在位50年の記念事業として、立川市と昭島市にまたがる米軍立川基地跡地につくられた。約600棟の建物を壊し、多摩ニュータウンの造成残土を運び込んだ自然環境の再生事業としても注目を浴びた。広さ約180ヘクタールのうち、約9割の約163ヘクタールが開園。災害時は11万5千人収容の広域避難場所になる。入園料は大人400円、小中学生は80円。

  • 砂川闘争(2015年12月15日 夕刊)

    1955年、当時の東京都砂川町(現立川市)で、米軍立川基地の拡張計画が明らかになり、住民らが反対同盟を結成。労組員らも運動を支援した。拡張予定地の測量をめぐって警官隊と衝突し、56年10月には1千人を超す負傷者が出た。57年7月には基地内に立ち入った学生や労組関係者ら23人が逮捕される砂川事件が起きた。米軍は68年に、国も69年に閣議でそれぞれ拡張計画の中止を決めた。77年に基地は全面返還された。

最新ニュース

劇場版アニメ『黒執事 Book of the Atlantic』より、全てにおいて完璧な執事「セバスチャン」がキューポッシュで登場(2016/08/25)

ホビーメーカー株式会社壽屋(本社:東京都立川市緑町/代表:清水一行)は、劇場版アニメ『黒執事 Book of the Atlantic』の主人公の1人にして、「あくまで執事ですから」のセリフでお馴染み[続きを読む]

立川市をコトバンクで調べる

写真

  • マンション外壁のタイルが落下した現場=武蔵野市中町1丁目
  • 「日本の夏」をつくろう
  • 「こどもタカシマヤの」の「らくがきWALL」=高島屋立川店提供

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】パンク修理の手間を短縮

    スポーツ自転車用CO2ボンベ

  • 【&TRAVEL】マラッカからペナンへの旅

    週末シンガポール、マレーシア

  • 【&M】学者と教え子の純愛映画

    やんちゃジジイの艶出し講座

  • 【&w】残暑に負けないパワー弁当

    あゆみ食堂のお弁当

  • ブック・アサヒ・コム水無田気流が相談に回答

    「長男に彼女ができた…」

  • WEBRONZA香取慎吾、勤労少年の悲しさ

    ミニカーで遊ぶ頃から働く人生

  • 写真

    ハフポスト日本版 橋本マナミ画像集

    人々を虜にするその魅力

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ