メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米国家安全保障局(NSA)

通信傍受・盗聴・暗号解読などの「信号情報」活動を担当する国防総省傘下の情報機関。1952年に発足。職員は3万人以上、予算も中央情報局(CIA)を上回るとされるが、機密になっている。米国に英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドが加わった英語圏5カ国の傍受情報システム「エシュロン」の主導権を握っているとされる。インターネット上の電子メールによる情報も収集しているとみられている。

《各国の情報機関の特集ページ一覧》

■CIA ■MI5 ■KGB ■モサド ■韓国国家情報院

関連キーワード

  • 米国家安全保障局(NSA)(2013年06月12日 朝刊)

    1952年創設の米国防総省の情報機関。通信情報の収集や暗号解読などを任務とし、ワシントン近郊の陸軍基地内に本部を置く。発足当初は存在も秘密だった。職員数は公表していないが、数万人といわれる。

  • ゾウのオリ(2008年11月02日 朝刊)

    英語ではエレファント・ケージと呼ばれる。三沢基地のアンテナは極東最大と言われる。短波通信の傍受距離は約150キロ〜5000キロとされる。ゴルフボール型のアンテナとともに米国家安全保障局(NSA)の直接指揮の下、空軍をはじめ各軍の情報部隊が運用している。旧ソ連や中国、北朝鮮など軍隊間の通話から一般通話、ファクス、電子メールまであらゆる通信を24時間態勢で傍受しているといわれている。ゾウのオリは米、英両国など5カ国によって共同運用している通信傍受(COMINT)システム「エシュロン」(仏語ではしごの意)の施設ではないか、とも取りざたされた。

  • 元職員による極秘情報収集の暴露(2013年08月02日 朝刊)

    米国家安全保障局(NSA)が「PRISM」など計四つの極秘プログラムを使ってネット上の個人情報を収集していたと、米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員が告発。メールの文面なども閲覧できるプログラム「エックス・キースコア(XKS)」に関する情報も英紙に提供した。元職員は米政府に訴追され、香港からモスクワへ渡航、ロシアなど25カ国以上に亡命を求めていたとされるが、米国が亡命の申請国に圧力をかけるなどしたため、受け入れを拒否する国が相次いだ。

最新ニュース

(政治断簡)「自由」を壊す技法とは 編集委員・松下秀雄(2017/6/5)

 ひとたび恐怖や不安に覆われると、「自由な社会」は簡単に壊れるものなのか。 9・11同時多発テロ後の米国の経験を振り返り、そんなことを考えた。 事件の翌月、捜査機関の権限を拡大する愛国者法が成立。これ[続きを読む]

写真

  • ランサムウェア、なぜ被害が広がった?
  • ツイッターに投稿された、実際に英国でウイルスに感染したパソコンのものとみられる画面=AP。「文書、写真、動画などのファイルは暗号化され、もうアクセスできない」「我々にしか解除できない」などと書かれている
  • トランプ米大統領=AP
  • 書棚で「トランプ関連本」と並ぶ「一九八四年」=東京都豊島区のジュンク堂書店池袋本店、北村玲奈撮影
  • 書棚で「トランプ関連本」と並ぶジョージ・オーウェルの「一九八四年」=東京都豊島区のジュンク堂書店池袋本店、北村玲奈撮影
  • 公聴会で話すケリー長官
  • 「共謀罪」をめぐり、衆院予算委員会で答弁する金田勝年法相(左)。右端は安倍晋三首相=2日
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】もう臭わせない!

    梅雨の部屋干しに

  • 写真

    【&TRAVEL】エーゲ海で見る世界一の夕日

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】拝見!モデルルーム

    進化するマンションの未来形

  • 写真

    【&w】ジョニー・デップが語る

    パイレーツ・オブ・カリビアン

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム生まれ変わり続ける女性の話

    「小説巧者」佐藤正午の新刊

  • 写真

    WEBRONZA「正解の押しつけは大嫌い」

    伊礼彼方インタビュー

  • 写真

    ハフポスト日本版 地球に舞い降りた天使

    仕事中に見たら思わず手が止まってしまう子猫28連発

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ