メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米沢市

関連キーワード

  • 前田慶次(2008年06月28日 朝刊)

    史料が乏しく諸説あるが、天文10(1541)年、武将・滝川益氏の子として生まれ、加賀・前田家へ養子に入った。後に出奔し、後年は上杉家に仕えた。自由奔放、破天荒な振る舞いで知られ、豊臣秀吉から「天下御免の傾奇者」を許されたという逸話も残る。慶長17(1612)年、70歳前後で生涯を閉じ、米沢市の一花院に葬られたとされる。その生涯は、隆慶一郎の小説「一夢庵風流記」(新潮社)、原哲夫の漫画「花の慶悉雲のかなたに—」(集英社)に描かれた。

  • 有機エレクトロニクスバレー構想(2008年11月06日 朝刊)

    有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)はガラスやプラスチックの上に石油由来の有機物の膜を薄く張り、電流を加えて膜そのものを光らせる技術。液晶と違ってバックライトが要らないため、厚さ1センチ以下と薄い。この有機ELの関連産業の集積地を米沢市周辺に作ろうと産学官が連携して動き出している。

  • 経常収支比率(2015年09月18日 朝刊)

    地方税や普通交付税など毎年の収入に対し、人件費や扶助費など決まった支出が占める割合。米沢市以外の県内12市では、2013年度に89・6%(米沢市は95・3%)だった。

最新ニュース

◆29日◆〈城旅へようこそ〉伊達から上杉へ 謙信が祀られる上杉神社 米沢城(1)(2017/5/29)

 米沢城の旅は、米沢駅からスタートだ。駅前からレンタサイクルにまたがり、上杉神社を目指す。ここが、かつて米沢城があった場所だ。 米沢ゆかりの人物といえば、連想するのは伊達政宗と上杉景勝だろう。政宗の祖[続きを読む]

米沢市をコトバンクで調べる

写真

  • 米沢市街地のほぼ中心に位置する米沢城。本丸を囲む内堀のほか、土塁がわずかに残る。
  • 古民家を調べる協会の会員ら=米沢市通町3丁目
  • 村山市で目撃されたガビチョウ。体の色は茶色で、目の周りが白い=2016年11月15日、土谷義幸さん撮影
  • 約770人で再現した川中島合戦=米沢市
  • フレーム切手「上杉の城下町 米沢 なせばなる編」
  • コーナー上からダイブなど、迫力ある技も繰り出された
  • 決勝で対局する宗友正さん(右)=山形市城西町2丁目の霞城公民館
  • ワカメと白身魚の酒蒸し=合田昌弘撮影
  • 合田昌弘撮影
  • 支倉常長を顕彰する日西文化協会の設立セレモニー=米沢市の伝国の杜
  • 新ジャガのオイルサーディンのっけ=合田昌弘撮影
  • 新ジャガのオイルサーディンのっけ=合田昌弘撮影
  • 青いラベルの「雪女神 純米大吟醸 あら玉」(左から2本目)など今年の新酒ができた=河北町谷地の和田酒造
  • ラズウェル細木さん。漫画と資料に囲まれた東京都内の自宅で=合田昌弘撮影
  • ラズウェル細木さん。漫画と資料に囲まれた東京都内の自宅で=合田昌弘撮影
  • 除雪車が勢いよく道路の雪を吹き飛ばした=米沢市の西吾妻スカイバレー

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】土屋鞄製造所の鞄職人レポ

    予約で売り切れる鞄の正体は?

  • 【&TRAVEL】蒸し暑い日本の夏から脱出!

    羽田からNZへ直行便〈PR〉

  • 【&M】テコンドー・松井優茄さん

    細い体から強烈な上段蹴り

  • 【&w】くるり岸田繁が交響曲に挑戦

    岸田 繁インタビュー

  • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

    少女漫画を読んだこともある…

  • WEBRONZA星野源、どこが凄いのか?

    まさに「マルチタレント」

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ