メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

米沢市

関連キーワード

  • 前田慶次(2008年06月28日 朝刊)

    史料が乏しく諸説あるが、天文10(1541)年、武将・滝川益氏の子として生まれ、加賀・前田家へ養子に入った。後に出奔し、後年は上杉家に仕えた。自由奔放、破天荒な振る舞いで知られ、豊臣秀吉から「天下御免の傾奇者」を許されたという逸話も残る。慶長17(1612)年、70歳前後で生涯を閉じ、米沢市の一花院に葬られたとされる。その生涯は、隆慶一郎の小説「一夢庵風流記」(新潮社)、原哲夫の漫画「花の慶悉雲のかなたに—」(集英社)に描かれた。

  • 有機エレクトロニクスバレー構想(2008年11月06日 朝刊)

    有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)はガラスやプラスチックの上に石油由来の有機物の膜を薄く張り、電流を加えて膜そのものを光らせる技術。液晶と違ってバックライトが要らないため、厚さ1センチ以下と薄い。この有機ELの関連産業の集積地を米沢市周辺に作ろうと産学官が連携して動き出している。

  • 経常収支比率(2015年09月18日 朝刊)

    地方税や普通交付税など毎年の収入に対し、人件費や扶助費など決まった支出が占める割合。米沢市以外の県内12市では、2013年度に89・6%(米沢市は95・3%)だった。

最新ニュース

山形)道の駅米沢、来年4月20日開業(2017/11/22)

 東北中央道の米沢中央インターチェンジ近くで建設中の「道の駅米沢」について、米沢市は21日、来年4月20日に開業すると市議会に報告した。山形県の新たな南の玄関口として、県内各地を結ぶ総合観光案内も設置…[続きを読む]

写真

  • 10月上旬に高齢の男性がひかれた事故現場。見通しのよい直線道路で、道幅は約13メートルある=米沢市成島町1丁目
  • 米沢市の医療連携のあり方について協議した検討委員会=米沢市役所
  • 紅葉の渓谷を歩く参加者ら=嵐山町
  • 開通した東北中央道=福島市飯坂町中野
  • 山形、福島両県の知事らがテープカットをして東北中央道福島大笹生~米沢北間の開通を祝った=米沢市
  • 標高1661メートルにある蔵王ロープウェイ地蔵山頂駅近くの蔵王地蔵尊には、うっすらと雪が積もっていた=午前7時半ごろ、山形市、蔵王ロープウェイ提供
  • 「白ばら謙信公」(左)と「白ばら兼続公」らが気勢を上げた=米沢市の県置賜総合支庁
  • 文化賞に選ばれた田辺さんの「吹き荒れる波」=米沢市提供
  • 号砲とともに大勢のランナーが駆けだした=山形市落合町
  • 鹿野一郎准教授
  • 22日にあった内覧会で、関係者らも「五虎退」(右)をじっと見つめていた=米沢市の上杉博物館
  • 講習会後のコンテストで刑事部長賞に選ばれた3枚。いずれも写真(左上)を見た人の証言だけで描かれた=県警本部
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】発見!激安型落ちプリンター

    プロが教える賢い買い方

  • 写真

    【&TRAVEL】名庭×紅葉、絶景スポット

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】じんわりおいしい王道パスタ

    今日は「D’ORO」でランチ

  • 写真

    【&w】白金で旅人とシェアルーム

    東京の台所

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム君子危うきに近寄らず

    なんと小説の登場人物の名前

  • 写真

    WEBRONZA座間事件と若者の生きづらさ

    内面語った彼女らに応えたのは

  • 写真

    アエラスタイルマガジン鰻を粋に味わいに浅草へ

    明治40年創業の老舗の一品

  • 写真

    T JAPAN世界への警鐘を鳴らし続ける

    トレヴァー・パグレンのアート

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ